So-net無料ブログ作成
検索選択

ノー残業か売上か [仕事]

夜観たドキュメンタリー番組で、働き過ぎを防ぐ取り組みとして、
残業を無くす会社の取り組みを見つめていました。


とある紳士服のお店で、売り上げナンバーワンの店員さんが、
残業してはいけないと言われて戸惑っていました。

閉店直前にやってくるお客さんが意外と多いのと、
その店員さんは、お客さん1人1人の様子に合わせて接客し、
スーツに合わせてトータルコーディネートの提案をして、
靴も他の小物も一緒に買い上げてもらうのが得意なのです。

接客の様子を見ていても、押しつけがましくないけれど、
さりげなく提案したことがお客に受け入れられるように、
適度な間を取っています。

時間をかける形です。

でも、店長は本店から言われていて「ノー残業」を押し進めます。

接客の時、店員さんが袋に入れる時間、他のフロアに移動する時間も計り、
秒単位で仕事を短縮しようとしています。

閉店後にやっていた片付けを、閉店間際にやることで時間短縮を図らせますが、
そのことで、接客に身が入らなくなったりして、
結局、売り上げは落ちそうになります。

ナンバーワンの店員さんが、店長に直談判します。
「一番の書き入れ時(新入社員がスーツを調達しに来る時期)に残業が出来ないと困る。
自分は残業しないことでみすみす取れる売り上げがダメになるなら、残業したい」
店長は、本社に行ったときにそれを訴えます。

まったく売り上げを無視してノー残業を謳っているワケではない。
適当に・・・という返事をもらって、店長はナンバーワン店員さんに15分与えます。

ずっと浮かない顔をしていた店員さんが笑顔になり、
生き生きと接客をしていたのが印象的でした。

結果は、その人に関してだと、
昨年の同じ月は52時間だった残業が、4時間とちょっとに減っていました。
それで、売り上げは一割増。

ノー残業に反対だった店員さんも、
「今までは、残業しないと売り上げられないと思っていたけど、
やってみたら思ったほど減ったワケではなかった。
体は楽だし、やってみて認識が変わって良かった」と言っていました。

5.23.JPG

次の会社はスーパーでしたが、事務職員が残業するのが当たり前の風潮でした。
それが治らないので、強硬策として、午後6時になると、
オフィスの灯りをいっせいに消し、パソコンも強制的にシャットダウンします。

それで、社員はいやおうなしに帰る形になります。
どうしても仕事が残っている社員は、必ず総務に「残業申請」を出し、
デスクの上に「残業申請中です」と札を立てなければなりません。

今までは、定時の6時に帰るのが心苦しい会社だったのが、
残業するのが恥ずかしい雰囲気になってきたと言います。

ところが・・・社員の一人から上司にメールが入ります。
自分は、残業代を含めた生活設計をしていたので、
それが入らないと生活が苦しくなる。という訴えでした。

会社はすぐに対応策を打ち出しました。
上限12万円として、残業しなかった社員のボーナスに上乗せするということでした。

今まで残業代として払っていたお金を、還元するという考え方です。
そしてそれを、新入社員の説明会でも全面的に打ち出していました。
説明会に来た大学生たちも、歓迎していました。


ワーカーホリックとか、社畜とか呼ばれる日本人、
海外の人に驚かれるほど働く人たちの、
仕事に対する考え方を変えていかないといけない時代なのですね。

名探偵コナン2017「から紅の恋歌(ラブレター)」 [映画]

娘と観てきました・・・名探偵コナンです♪

 → 公式サイトはこちら

今回はサブタイトルが「から紅のラブレター」雅な雰囲気だと思うでしょう?

それがまぁすごかった。
最初からドッカンドッカン爆発するから、
最初からコナンくんは窮地に立たされるのです。

生還してやっと落ち着いたと思ったら、また更にドッカンドッカン。。。

面白いのですが、「まさかぁ。あれはあり得ない」と思う場面が多々あります。

それも含めて、映画のだいご味ということなのでしょうが、
やっぱり、爆発したり血が流れない方が良いですね。
私も親知らずさんと同じで、ディズニー映画しか見られないのでしょうか?(笑)


でも、眠ってしまう暇などないほど(笑)面白かったですよ。
私の好きな百人一首がテーマですから、好きな歌もたくさん出てきたし、
かるたの試合の臨場感も充分でした。
かるたを知らない人でも、楽しめるような設定ですし、
ところどころ、キャストの口を借りて説明もあります。

ご興味のある方はどうぞ♪

ばらまつり2017 [植物]

昨日は娘と映画を観に出かけ、その午後はばらまつりに行きました。
        ↑ この記事はいずれ♪

2日に渡るばらまつりの当日で、おまけに土曜日とあって、
たくさんの方が見に来ていて、それぞれ写真を撮ったり眺めたりしていました。


今日は、午前中自治会の役員会で、
午後からはさいたま市長選挙、そして食材の買い出し。
薔薇は身に行けませんでしたが、写真を撮ったのでしばらくネタは尽きません♪(笑)


でも、今日はもう遅くなったので寝ます。

5.21.JPG
たくさんの薔薇の写真を見ていたら、眠くなっちゃった。。

キャンドルアートナイト ばらまつりイヴ [地域活動]

昨日は、午後一番に集合して、与野公園で準備しました。
DSCF2675.jpg
こんな風に、ブルーシートを敷いたところで、
例によって、絵手紙を貼った行灯を用意します。

市内にいくつかある、絵手紙の会の方々と、
小学生の描いてくれた紙をたたみ、プラスティック板にセットします。
セットと言うのは、上下をクリップで止める作業です。
それに、台座をマスキングテープで止めて、
中にキャンドルか、LEDライトか、オイルランプをセットします。
DSCF2676.jpg

歌や踊りを披露されるステージも、準備万端ですね。DSCF2677.jpg


時間が来たら、火を入れて回ります。
1495211489965.jpg


キャンドルとオイルランプには、チャッカマンで火をつけ、
LEDライトは、乾電池もランプもセットしたところで、
ランプを緩めておきましたから、それをつけます。

先日作った、ガラス瓶に芯を入れたキャンドルは・・・、
1494517655270.jpg

公園の入り口からバラ園へ誘導するように道に沿って置きました。1495211572017.jpg1495211565716.jpg1495211513469.jpg


バラ園のところどころに、鉄の棒に取り付けた行灯を置いておきます。
1495301546614.jpg

2時間ほど、見に来たお客さんたちが楽しんでくれているのを見ながら、
時々、火が消えていないか点検しいます。

私の写真よりも、きっちり三脚を使って撮ってくれた
公園児さんの写真の方が綺麗なのでごらんくださいね♪
http://blog.livedoor.jp/kouenji_kita/archives/8873373.html



さて、終わりの時間がくると、セットよりも撤収の方がたいへん!
合計300ぐらいの灯りでしたからね。

まず、キャンドルやランプの炎を、「ふーっ」と消して回ります。

それらを全部回収してきて、分解しますが、
絵手紙を書いてくれた方々に返却するために、丁寧に取ります。

オイルランプもキャンドルも取り除き、オイルランプのオイルを抜き、
オイルランプを入れていたグラスも、箱に収めます。

乾電池、クリップ、プラスティック板をそれぞれにまとめて、
・・・あとは何だったかしら?
とにかく、撤収と後始末に、20人近く居て1時間以上かかりました。

準備にせよ後始末にせよ、あまり写真を載せていないのは、
撮る暇がないからなのです。

まぁ、そんな裏方の苦労があってこその、美しさということで♪

ばらまつりイブ大成功♪ [地域活動]

本日はお日柄も良く・・・じゃなかった。
今日は晴れて風も無く穏やかで暖かい(日中は暑かったけど)日だったので、
キャンドルは、大盛況のうちに終わりました。

何人かのお客さまに「これ、今日で終わりなんですか?」
「明日はやらないんですか?」と聞かれました。

ほんの一晩の、それも数時間で終わり片づけるのは、
私も惜しいと思いますが、内容の性質上そうするしかありません。

数時間で終わるからこその美しさではありますけど・・・。

5.19.jpg

詳細は明日♪