So-net無料ブログ作成

今日のキーさん11/12退院 [家族]

今日は、適度に気温が低く、晴天で「さいたま国際マラソン」日和でした。

1510453246637.jpg
この道から確かスタートする筈ですが、マラソン見物の余裕はありません。


私が病室に行ったら、夫はとっくに仕度を済ませて待っていました。
看護師さんから、退院後の説明を受けて、さぁ家に向かって出発です!

晴天で、日差しが当たれば暑いほどですが、
病院界隈は高いビルに取り囲まれて、ビル風がひどいのです。

持って行ったコートを着て、風よけにマスクをして帰り道につき、
息子が車で待っている隣の駅まで、歩き出しました。

「ほ、ほぉっ・・・!」
意外に夫の歩みはスムースで思ったよりも時間がかかりません。
大事を取って、エレベーターで下まで降りましたが、
心配するような痛みも出ず、息子が待つ車に到着しました。

車で走っていると、大きな道の両脇に休憩ポイントの支度がしてあります。
「この辺もコースかぁ」などと能天気な私に、息子が、
「あと5分で交通規制だ」
「ひぇっ!」
まぁどうにか時間内にその長い道を突破して、無事に家にたどり着きました。

良かった、良かった~(^^)/


夫は家でも、座椅子には寄りかかりましたが、眠らずにすごし、
さすがに病院生活で培われた早寝の習慣で、10時前には就寝いたしました。

皆さん、ご心配をおかけしました。
nice!(6)  コメント(4) 

今日のキーさん11/11 [家族]

結局、転院もせず自宅療養すべく、12日㈰退院となりました。

さて、さいたま市は12日「さいたま国際マラソン」でにぎわいます。
にぎわうのは良いのですが、あちこちで交通規制がかかり、
車での移動がままならない状態です。

私は普段電車移動なので、歩く場所が全く違い気が付きませんでした。
今日たまたま息子が車で送ってくれると言うので乗せてもらっていたら、
沿道のあちこちに交通規制の看板があり、
「あれ、お父さん退院するの、マラソンの真っ最中じゃない!?」
気づくのが遅いって。。。((+_+))

さぁたいへん!
病院は特に、スタート&ゴール地点のさいたまスーパーアリーナの近くで、
バッチリ夕方まで交通規制の真っただ中です。

夫は楽観的で、普通の足で15分ぐらい歩く隣の駅まで行こうと言います。
そこから車で帰ろうというアイディアなのですが、
足腰は問題ないものの、まだ肋骨周辺が痛むのとめまいが多少あるのに、
そんな距離を歩いてもだいじょうぶなのか心配です。

でも、息子も交えて検討した結果、その方法が一番良いということになり、
「えーいっ!」と決行するしかありません。

な、なんでこんな日に退院ということに???

さぁ、キーさんの退院劇、どうなることでしょう。
乞うご期待~♪
nice!(3)  コメント(5) 

今日のキーさん11/10 [家族]

うちは、お見舞いにいただいたモノでちょっとした「お菓子バブル」です♪

それも、普段は買えないような高級なお菓子ばかりなので、
一つ一つが美味しいです♪(笑)

私は、夫の病院に通っているためにカーブスに全く行ってないのに、
美味しいお菓子を食べ過ぎて、太りそうです。。。

ありがたいことですけどね♡

「日持ちするのがあったら、帰ってから食べられるから♪」
と、夫は言いますが、入院してから何故か血圧と血糖値が高くて、
その治療のお薬を飲んでいます。

高血圧と糖尿病に、お菓子はあまりよくないので、
少しずつしか食べられません。

そういうわけで、私たちがせっせと食べています(笑)


いよいよ入院生活も、今夜を入れて2晩となりました。
nice!(3)  コメント(0) 

今日のキーさん11/9 [家族]

おかげさまを持ちまして、夫は12日㈰退院することになりました。

転院して数日過ごした方が良いと思っていたのですが、
リハビリの病院は、それはそれで高齢化社会ですので混んでいます。

いろいろ病院側も検討してくださったのですが、
結局、自宅療養ということになりました。

不安も心配もありますが、しょうがありませんね。


今日はもう疲れたので寝ます。
おやすみなさ~い♡
nice!(4)  コメント(2) 

今日のキーさん11/8 [家族]

今日はまーぼうさんがお見舞いに来てくれました。

私と夫の共通の友人なのと、今、介護福祉関係の公的事務所にお勤めしていることとで、
夫にもいろいろ意見してくれました。

夫も病室でつらつらと考えているらしく、
こうしたらどうかな、あーしたらどうだろうと言いますが、
基本的に自宅に帰るのがベースなので、私たちと意見が合いません。

夫は、家に戻れば書斎の書物もすぐに取れるし、
使い慣れたパソコンで書けるしと、考えているようですが、
痛み止めを飲んでいても(肋骨で)胸が痛いのに、
書庫の本を取れるワケがありません。
(それがまた、専門書って分厚くて重いのです。。。)

おまけに、書斎は本やら書類やらが床にまで積み上げてあって、
もし万が一転んだりしたら、折れた肋骨がさらに・・・なんて思うと、
気が気ではありません。

家に帰ったら、すべてうまくいくワケではないのに、
帰りたい一心でそう思ってしまうのでしょう。

それは、住み慣れた家は良いですが、
認知症のお年寄りが動けなくなって施設に入るのとは違いますから、
傷が治れば必ず帰って来られるのです。
焦らないことだと私は思います。

リハビリで筋肉をつけつつ、傷も治っていけばいいのです。
私の、1本ずつですが、何度か肋骨を折った経験から、
最初はすごく痛くて、腕は上がらないし笑うのもつらいですが、
当たり前のことで、だんだん痛みは薄らぎます。

昇降ベッドで、リハビリしつつ傷が癒えるのを待つのがベストだと思うのです。

明日、仕事から中抜けして、病院の相談窓口で転院先等聞いてみます。
nice!(3)  コメント(0)