So-net無料ブログ作成
検索選択

セールス電話 [仕事]

仕事をしている事務所には、しょっちゅうセールス電話がかかってきます。

うちの固定電話にも来ます。
というよりも、固定電話だとほとんどセールス!?
何しろ、個人的な用は携帯電話スマートフォンにかける時代ですから、
電話帳に載せているような電話にかかるのは、
今やほとんどセールスでしょう。。。

で、会社にもたくさん来ます。

多いのは、トラックやダンプの買い取り。
これ、ダントツです。

業種から、トラックやダンプを使うのが分かるらしく、
それを買い替えるときには、うちで査定させてください。
動かなくても、汚れていても良いのです。
とおっしゃいますが、動かないトラックどうするのでしょう?

どうも、いろんな車を集めて、部品の良いところを使うみたいです。
汚れているのなんか、開発途上国では構わないらしく、
日本の会社名が入ったまま、平気で走らせていますからね。


次に多いのは、資格講習のお誘い。
これも、業種から必要な資格が分かっていて、
その資格講習のお誘いです。

講習と言っても今どきは、動画で講習の臨場感を出して、
会社や家に居ながらにして出来るようなのもありました。


あとは、葬祭場のご紹介、
ガソリンスタンドが会社ごと加入すると安くなるカードのお誘い
ETCカードのお誘いetc.(←しゃれ?(笑))


どれも、お断りが難しいです。
私はふだん、頼まれるとイヤとは言えないたちなので、
深入りしないことにしています。

ふんふんと何気なく相手の話を聞いてしまうと、
深みにハマって断れなくなるでしょうから、
話の冒頭で、お断りすることにします。

「トラックを手離されるご予定はありませんか?」
「みんな新しいのでその気はありません」
「そうですか、それでは査定だけでもさせていただけないでしょうか?」
「ごめんなさい。手離しませんから」
「お売りにならなくても良いんで・・・」
「失礼しま~す」
と、相手が話していても切ります。

というのは、昔聞いた話で、
セールス電話のアルバイトをしていたことのある人が、
「断るなら、サッサと断ってくれた方が良い」と言っていたからです。

相手も仕事でやっている限り、収穫を目指しています。

下手に話に乗ってみせると、期待してしまうのだそうです。
ぶち切られた方が、気持ちを切り替えて次にいけるそうですよ。


そんなセールス電話を、1日に3回はぶち切っている私でした。。。
nice!(3)  コメント(0) 

忙しがる [仕事]

私のように何もできない人間の方が、「忙しい忙しい」と言いたがります。

何でもできる人やっちゃう人は、淡々とこなしていって、
結果的にすごいモノが出来る。。。

と、気が付いてはみたものの、やっぱり忙しいし何もできない(笑)

何もできない人間と、何でもできる人間がいるこの世はなんと不公平でしょ。。。
「天は二物を与えず」と言われていますが、なんのことか、
二物も三物も持っている人間はいくらでもいます。

でもね、何かができることと、何かをしようとすることはイコールな気がします。
何かしようとするから、何かが出来てしまう。
そこに努力があり、才能があり、やる気があります。

んーつまりね、何かしようと思ったらしないと!
動かないことには、何も生まれません。

とりあえず動いてみることって必要でしょう?
やってみないうちから「出来なかったらどうしよう」という人って多いですけどね。

特に、うちの子どもたちの世代に多いです。


ま、それはともかく「やってみよう♪」と動き出して失敗しても良いですよね。
失敗は成功の元です。


あーでも、忙しくて何もできな~いっ!(笑)
今、職場が忙しい時期です。

一日中忙しくて、居眠りする暇もないです。
(って、居眠りしちゃダメです!)

ちょっと、気分は哲学しております。

ま、とにかく、明日も頑張ります。
nice!(3)  コメント(0) 

50周年 [仕事]

うちの会社は8月決算なので、もうすぐ決算期に突入します。

何かと手配することが多くなり、私たち事務員も忙しくなります。

ところが、そこにもう一つ問題が。。。

今回、50周年を迎えるにあたり、記念の何かをしようということになりました。

そう、まだ「何か?」の段階です。


幸か不幸か、社員数も株主数も少ない会社なので、
逆に何か案を出せば、役員が「それはないだろう」
社員が「そんなもんいらないです!」

普通の会社なら、社員の意見など聞かず、
否応なしに社名入りの置時計とかステーショナリーを配るはずです。

それが、なまじ少ないのであちこちから意見が出てきてしまうのです。

そのうえ、役員が「みんなで旅行に行こう」などと言ってくれたので、
さらに申し訳ないことに・・・。

というのは、事務員以外はシフトを組んで動いています。
お休みも一律ではありませんので、みんな揃って旅行に行くことはできません。

社員数が少ないので、逆に「一人5万円ぐらいのお祝いをやろう!」
ということになったらなったで、
税務管理をやってくれている事務所からストップがかかったりして(笑)

いろいろ調べていくと、
税務署的には、会社の周年行事で配るには、5万円は多すぎるとのこと。
金券は貰った人の収入になるので、税金がかかります。
ボーナスのように出しても同じ。

カタログギフトは、選択肢があるので記念品にふさわしくない。
つまり「これ会社の50周年記念でもらったの」と、
各々違うモノを言うのはおかしいということらしいです。

まぁ、1000円程度のクオカードに社名を入れてというのが妥当かもしれませんが、
役員がもっとと言ってくれます。
有難いのですが、困りました。

皆さん、どこかで誰かが、会社の〇〇周年記念に何か貰った話をしていませんか?

ご意見やご経験があったら、教えてくださいませ(;^_^A

仕事の後の会議は疲れる [仕事]

今日はお仕事を定時で切り上げ、
交通安全協会の会合に出た後、NPO法人の定例会に出席しました。

何をしたわけでもないのに、疲労感がずっしり。
やっぱり、会議のダブルブッキングは疲れますね。

友人からは、どっちかにすればいいのにと言われましたが、
開始時間1時間差ですので、出ようと思えば出られてしまうのがみそ(*_*;

それもこれも、職場に迎えに来てくれて、
さらに一つ会議が終わったら、次の会場にまた送ってくれた友人がいたおかげですけど。

彼女には、普段からものすごく世話になっているのに、
さらにこうして面倒をみてくれて、もぉホントに感謝感謝です。

これをご覧になるかどうかわかりませんが、ありがとう♪


会議は両方とも、気心の知れた人たちの集まりですので、
緊張するということではありませんが、
こんな能天気な私でも、神経を使うのでしょうね。



先日行ってきた江戸東京博物館の展示は、18日までだったので、
慌ててもしょうがないと開き直って、明日にでも載せます(笑)

ノー残業か売上か [仕事]

夜観たドキュメンタリー番組で、働き過ぎを防ぐ取り組みとして、
残業を無くす会社の取り組みを見つめていました。


とある紳士服のお店で、売り上げナンバーワンの店員さんが、
残業してはいけないと言われて戸惑っていました。

閉店直前にやってくるお客さんが意外と多いのと、
その店員さんは、お客さん1人1人の様子に合わせて接客し、
スーツに合わせてトータルコーディネートの提案をして、
靴も他の小物も一緒に買い上げてもらうのが得意なのです。

接客の様子を見ていても、押しつけがましくないけれど、
さりげなく提案したことがお客に受け入れられるように、
適度な間を取っています。

時間をかける形です。

でも、店長は本店から言われていて「ノー残業」を押し進めます。

接客の時、店員さんが袋に入れる時間、他のフロアに移動する時間も計り、
秒単位で仕事を短縮しようとしています。

閉店後にやっていた片付けを、閉店間際にやることで時間短縮を図らせますが、
そのことで、接客に身が入らなくなったりして、
結局、売り上げは落ちそうになります。

ナンバーワンの店員さんが、店長に直談判します。
「一番の書き入れ時(新入社員がスーツを調達しに来る時期)に残業が出来ないと困る。
自分は残業しないことでみすみす取れる売り上げがダメになるなら、残業したい」
店長は、本社に行ったときにそれを訴えます。

まったく売り上げを無視してノー残業を謳っているワケではない。
適当に・・・という返事をもらって、店長はナンバーワン店員さんに15分与えます。

ずっと浮かない顔をしていた店員さんが笑顔になり、
生き生きと接客をしていたのが印象的でした。

結果は、その人に関してだと、
昨年の同じ月は52時間だった残業が、4時間とちょっとに減っていました。
それで、売り上げは一割増。

ノー残業に反対だった店員さんも、
「今までは、残業しないと売り上げられないと思っていたけど、
やってみたら思ったほど減ったワケではなかった。
体は楽だし、やってみて認識が変わって良かった」と言っていました。

5.23.JPG

次の会社はスーパーでしたが、事務職員が残業するのが当たり前の風潮でした。
それが治らないので、強硬策として、午後6時になると、
オフィスの灯りをいっせいに消し、パソコンも強制的にシャットダウンします。

それで、社員はいやおうなしに帰る形になります。
どうしても仕事が残っている社員は、必ず総務に「残業申請」を出し、
デスクの上に「残業申請中です」と札を立てなければなりません。

今までは、定時の6時に帰るのが心苦しい会社だったのが、
残業するのが恥ずかしい雰囲気になってきたと言います。

ところが・・・社員の一人から上司にメールが入ります。
自分は、残業代を含めた生活設計をしていたので、
それが入らないと生活が苦しくなる。という訴えでした。

会社はすぐに対応策を打ち出しました。
上限12万円として、残業しなかった社員のボーナスに上乗せするということでした。

今まで残業代として払っていたお金を、還元するという考え方です。
そしてそれを、新入社員の説明会でも全面的に打ち出していました。
説明会に来た大学生たちも、歓迎していました。


ワーカーホリックとか、社畜とか呼ばれる日本人、
海外の人に驚かれるほど働く人たちの、
仕事に対する考え方を変えていかないといけない時代なのですね。

年度末は忙しい [仕事]

みなさんそうでしょうが、年度末は忙しいです。

新年度に向けての契約や、新しいお仕事の準備と、
もちろん、年度末の仕事のまとめと言うか締めというか、
とにかく、何かと忙しいです。

私がやっているお仕事など、誰でもできることですが、
それでも、イレギュラーの仕事が挟まってくるので、
なかなか自由が利かず、けっこう疲れます。


そんな中で、会社で私が使っているラップトップパソコンの調子が悪いのです。

Excelを使っていると、フリーズする。
それも、一所懸命入力しているときに限って、急に動かなくなります。

マウスが効かず、当然ポインタは動かないので、
電源ボタン長押しの強制終了です。
恐怖の3点押しも効かないものですから。。。

で、メンテナンスをやっている会社に聞いたら、
Excelの担当者から電話が来ました。

リモートで様子を見てくれるというので、そのまま全部OKかと思ったら、
そこまでではないらしいです。

画面に真っ赤なポインタが出て、その通りにこっちからクリックすることになります。
半端やなぁ・・・。

それはともかく、途中で案の定フリーズしました。
「あ、フリーズしました。動かないです」
「それでは、さっきの画面に戻ってください」
「は?」
「このひとつ前の画面に戻るマークを押して戻って・・・」
「(かぶせ気味でキレ気味(笑))いや、ですからマウスが使えないんですって」
「そ、そうでしたね。
では、この様子ではパソコンの方の不都合だと思いますので、
パソコンの担当者に連絡いたします」

・・・最初からパソコンだと思ってたけど。
だって、特定のファイルだけがフリーズするのではなく、
古いのも新しいのも、中身が複雑でも単純でもフリーズするのですから、
Excelとパソコン内の何かが相性最悪なのでしょう(T_T)

ど素人の私だってわかります。

結局、パソコンのメンテの人が来てくれて、Windows10がやっぱりいけないらしい。
もう少し様子を見て、ダメなようならアンインストールするとのこと。

あーこの忙しい時期に、私のパソコンちゃん何をすねちゃったのでしょう?
困ったものです"(-""-)"

エキスパート その2 [仕事]

靴のエキスパート「シューフィッター」について書きましたが、
調べていたら、子供靴専門の「シューフィッター」もいるらしいです。
子どもの小さな、成長途中の足にフィットさせ、
足の成長を止めずに快適に通学や運動が出来る靴・・・素晴らしいっ!

世の中には、他にもエキスパートがいます。

ソムリエ」と言えばワインのエキスパートですね。
ワインの産地も製造年も、貯蔵状態もみーんな分かってしまう。
カッコいいですね。

「野菜ソムリエ」というのも居ますよ。
いろいろなお野菜の産地から、糖度、栄養素、料理法まで全部知っています。

「酢ムリエ」というのは、もはやダジャレじゃ~ん!
でも、内容は真面目な酢のソムリエです。
酢なんて、酸っぱいだけでみんな同じでは?と、お思いの貴方、
同じミツカン酢だって、その年によって味がびみょーに違いますよ!

「気象予報士」は比較的新しい国家資格で、1994年から始まりました。
合格率約5%という狭き門です。
天気図の読み方はもちろん、地理や地球科学、天文学、気象学全般と多岐にわたり、
おまけに科学的、数学的学力が要りますね。


何にしても、一つのことを何でもよく知っていて極めている人は素敵です。

その代表が「さかなクン」という、フグの帽子をかぶってバラエティに出ている人。
20年ぐらい前のテレ東「テレビチャンピオン」という番組で優勝しました。

いつも明るくて、変なテンション(!)ですが、
本当にお魚に関しては、誰よりも深く広い知識をもっています。
好きが高じて、お魚のイラストも緻密で素人とは思えません。

テレビチャンピオンで5連覇してから、その番組で出題したり、
クイズのイラストを描いたり、解説したりしているうちに、
今は海洋大学の客員教授です。

すごいですね♪


そう、何でもいいのです。
何か打ち込めるモノがあって、誰にも負けないぐらい研究したら、
「〇〇評論家」とか「〇〇研究家」と名乗ってもかまいません。

何か、まだ誰もやっていないことを見つけたら、
早いモノ勝ちで「〇〇研究家」だ!(笑)

エキスパート [仕事]

娘の足は小さめで21cmぐらい。
就職のためにヒールを探していて、苦労しました。

スーツ用にヒールを履きたいのですが、
あまりにもサイズが小さいと子供靴になってしまいます。
当たり前ですが、子供靴だとヒールはありません。

量販店というか、ホームセンターのようなお店に行ったので、
まったく期待していなかったのですが、
靴売り場のお姉さんに聞いてみました。

こんな小さな足に合うヒールって、ありますか?


そのお姉さんが「シューフィッター」さんだったのです。
「シューコンシェルジュ」と呼んでいるデパートもありますが、
つまりは靴のエキスパート。
靴のことなら、なんでもご存じの方です。


「ちょっとお待ちください」
と、足のサイズを計ってくれて、
「あ、本当に小さめですね。このサイズですと、
ぴったりのサイズのヒールは無いのですが、こうして・・・」
と、ギリギリでサイズの少し大きいヒールを持ってきてくれました。

それからがすごかった。
かかとのところや、足の指の形、厚みや骨の具合までよく見て、
それなりの詰め物をあちこちに収めて、履き方も指導してくれました。

もう、オーダーしかないかと悲観気味だった私たちは、
そのシューフィッターさんに救われたのです。

靴の値段は、何しろホームセンターですから超リーズナブルで、
それに、いろいろな詰め物をしてくれたのを足しても、
確か5,000円程度だったと思います。

オーダーすれば、20,000円はくだりません。
デパートだったら、靴そのものだけでも5,000円では買えません。

おまけに、娘が履いていたスニーカーも見てくれて、
「これも大きいですが、スニーカーの場合は、
ここをしっかり絞めて、ここはきつくしないようにすると歩きやすいんですよ」
と、紐の絞め方も教えてくれました。
そこで買ったモノでもない、履き古したスニーカーをです。

もう2人で感動してしまい、次に靴を買う時には、
スニーカーやどた靴一足でもそのお店で買おうねと誓い合いました。


私はひどい外反母趾ですので、以前デパートの靴売り場で、
シューフィッターにお願いして靴を探してもらったことがあります。

私は新しい靴を履くたびに、靴擦れは必須だと思っていました。
足が疲れるとか、靴擦れが出来ることなど、新しい靴の当たり前のことだと。。。

でも、久しぶりに子ども卒業式入学式でヒールを穿かなければと思い、
この際、しっかり合ういい靴を買おうかなと思ったのです。

それなりに、そこのシューフィッターさんも頑張ってくれましたが、
あのホームセンターで、娘に応対してくれたお姉さんほどではありませんでした。

結局、その時買った高~い靴は、一度しか足を通さずしまってありますので、
押して知るべしですね(+_+)


そんな経緯がありますので、尚更あのお店のシューフィッターさんには感動しました。

本当のエキスパートでした♪

変なお仕事 [仕事]

ネットで面白いモノを発見しました。
変な・・・だけどけっこう稼げるお仕事10選。

アメリカのサイトに書いてあったそうで、報酬、収入もあったのですが、
基準が曖昧で単位もわからないので(1回でなのか、1時間なのか、1か月なのか)、
それはボヤかすことにします。


1「ゴルフボールダイバー」
池ポチャしてしまったゴルフボールを潜って回収するお仕事。
毎日2,000~5,000のボールが回収されるのだそうです。
そ、そんなに池ポチャするのっ!?

2「ヘビの毒搾り」
生きた毒ヘビから毒を搾り出すお仕事。
ヘビの毒は、薬の開発やワクチンの作成などの目的で利用されているため、
製薬会社などで必要なのです。
でもこれって、命がけ?

3「行列並び」
忍耐が必要なお仕事。
大きなバーゲンなどのとき、さらに列を伸ばす役割をするのです。
なんで???
私は絶対やりたくない。

4「ペットフードの味見」
ペットフードの味やにおいを確かめるお仕事。
ワンちゃんやにゃんこは、「少し塩辛くない?」と言ってはくれませんからね(笑)
でも、ペットフードって人間が食べても意外と美味しいそうですよ。
犬用よりも猫用の餌のほうが、塩辛く出来ているんですって。

5「虫拾い(虫捕り)」
文字通り、そんなお仕事。
釣りの餌、ペットのトカゲや鷹の餌です。
生餌が必要な動物は多いです。
でも、勘弁してっ!

6「牛のおなら嗅ぎ」
牛の健康状態や、食べているものが適正であるどうかを、
おならを嗅いで判断する、意外に医学的で専門性の高いお仕事です。
この

7「脇のにおい判定師」
あー、制汗スプレーのCMで見たことがありますね。
人の脇のにおいを嗅いで、制汗剤の効き目をチェックするお仕事。

8「サメの水槽洗い」
生きたサメのいる水槽に入り掃除をするお仕事。
餌と間違えられたら、どーしよう!

9「フォーチュンクッキーライター」
フォーチュンクッキーの中から出てくる占いの紙を書くお仕事。
根気が必要かなぁ?

10「抱きしめのプロ」
誰かをなぐさめたり、癒したりするためにそっと抱きしめるお仕事。
アメリカっぽいですねぇ!(笑)


この中で、私が一番やりたくないのが6番。
2番は精神的に、1番は物理的に無理(笑)
3番もイヤ、8番もちょっと・・・。

出来そう&やってみても良いのは9番。
10番は、相手によりますね。
って、相手も同じことを言いそう(+_+)

ま、つまりは、怖かったり、嫌がられたり嫌だったり、
そういう仕事だからこそ、報酬も多いのでしょうねぇ。。。


皆さんは、いかがですか?
どれなら出来そう?
どれはイヤ?

仕事納め [仕事]

今日は、仕事納めでした。

事務所内は、みんなで暇を見つけて大掃除してくれたので、
もうすっかりきれいになっています。

それで後はカレンダーをかけたりしたあと、年内の仕事を片付けて、
でもお昼までではなく、いちおうフルタイムで働いて帰ってきました。

その後、師走の街を駆け回り、お正月用の伊達巻や数の子を買い求め、
お餅も、先日買った分では足りないかと買い足すと、
荷物がものすごく重いのです。。。
あー失敗した、明日また買い物に行けば良いだけの話なのに、
なんでこんなに買ったんだろう・・・荷物、重っ!!!

自分の馬鹿さ加減を呪いながら歩いて帰ったので、疲れる疲れる!(笑)


とにかく、職場の面々には「良いお年を~!」という決め台詞で分かれ、
仕事に関しては、今年の分は終わりました。

もっとも、作業の人たちは年末年始もなく、シフト通りにお仕事ですからたいへんです。


あー今年もあと数日。
年賀状も手付かずです。

焦ってきたっ!