So-net無料ブログ作成

忘れっぽいというのはある意味幸せ [散策]

先日、夫と散歩していて見学したお寺。
さいたま市南区の「医王寺」です。
IMG_1982.jpg

向かって右側に、石碑みたいなのが立っていますでしょう?
これが、板石塔婆(いたいしとうば)
IMG_1974.jpg
埼玉県には割りやすい大きな良い石「緑泥片岩」があったので、
俗に言う「板碑(いたひ)」と言う供養塔やお墓がたくさん残っています。

写真のモノは、今は2m程度ですが上下が割れていて、
完全形なら4mあったということで、県南で一番大きいんですって!

鐘楼は、下が門になっています。
IMG_1980.jpg
立派な鐘です。
IMG_1977.jpg




・・・と、2人とも初めて見たような気分で写真を撮ったりしていましたが、
帰って私のブログを調べたら、2年前に訪れていました(笑)
 → その時の記事

私も、すっかり忘れていましたが、夫も夫です。
あーやっぱりあと10年もしたら、2人で手に手を取って徘徊しちゃうのかなぁ。。。

私はご存じのように忘れっぽく、人の年など聞いても次に会うときは忘れています。
「〇〇さん、おいくつですか?」
「85歳です」
「あらぁ、お若いですねぇ。85歳になっていらっしゃるの?
まぁホントお若いです。驚きましたぁ」
と、毎回本気で驚くのですからお目出たい(笑)

でも、見るたびに新鮮ですから、ある意味幸せかも知れません♪
nice!(5)  コメント(0) 

浦和駅中ノ島地下通路 [散策]

浦和駅の地下通路が、3月16日に開通しました。

が、なんとなく今まで通ったことがなく、
今日、用があって浦和駅方面に行ったついでに、やっと行きました。

浦和レッドダイヤモンズの会社との連携によって開通したので、
正式名は「浦和駅中ノ島地下通路」というお堅い名前がついていますが、
通称「URAWA SOCCER STREET (浦和サッカーストリート)」です。

浦和駅コンコースから入り、駅ビルの地下を通って、
元からある中ノ島のバスターミナルに行けるようになっています。
西口側の階段のわきに入り口(左側)があります。
IMG_1695.jpg
つまり、東口(PARCO側)から見た写真です。
浦和駅のコンコースから、さらにPARCOまで行けると良いのですが、
さすがにそこまでは・・・(笑)

でも、雨の日など、電車から降りてそのまま、
傘を開かずに伊勢丹の地下に抜けられるので、便利です。

それに、サッカーストリートだけあって、
駅からまっすぐのところに、レッズショップ(奥に見える赤いの)があります。
IMG_1697.jpg
レッズファンの方々は嬉しいですね。

デジタルサイネージ(電子看板)で、浦和駅の名所等の情報を発信していました。
IMG_1699.jpg


IMG_1700.jpg
案内も分かりやすくて、古くて不便だった浦和駅が、
やっとあか抜けた感じがしました(笑)
nice!(2)  コメント(0) 

根津神社 [散策]

根津美術館には何度も行きましたが、実は根津神社はじめてでした。
1494777812365.jpg
赤い鳥居をくぐって・・・、

1494777801917.jpg

1494777764594.jpg
こちら、鳥居も含め、建物はほとんど重要文化財ですって。


狛犬さんも、風格がありました。
1494777719786.jpg1494777754240.jpg


境内には摂社の「乙女稲荷」があります。
1494777708490.jpg

ここの長く伸びた千本鳥居は、全部くぐると幸せになれると言われているそうです。
1494777686550.jpg

途中に、徳川家宣(いえのぶ)さんの胞衣塚(えなづか)があります。
1494777699958.jpg

胞衣とは、胎児を包んでいた袋と胎盤のことで、
生まれた子供の健やかな成長を祈って納められたのです。

徳川家宣さんが生まれたのがこの神社の場所なので、ここに築かれたようです。

古き日本では、このような信仰があったようで、
そう言えば以前訪れた「西山荘」・・・徳川光圀の晩年を過ごした山荘にも、
光圀さんの胞衣塚がありました。 →その時の記事

天皇の胞衣塚も、密かに納められているらしいですよ。

神社って、境内に入ると何故か敬虔な気持ちになります。
それが、パワースポットということなのでしょうか。

さくらとアヒル [散策]

武蔵浦和駅前ロータリーの桜です。
かなりの大木です。
4月8日.jpg

帰りに通った別所沼公園の沼のほとり、
アヒルと鴨が仲良く散歩していました。

時々、草の中にくちばしを入れてついばんでいるので、
虫でも食べていたのでしょうか?
4月8日 (2).jpg


明日は、うちの自治会の総会です。
頑張りますっ!

すみだ郷土文化資料館 [散策]

夫が興味があるというので、向かったのですが、
分かりにくかったのが、ここ「すみだ郷土文化資料館」

途中で人に教えてもらってたどり着きました。
1490980503183.jpg

その資料館に向かう角で偶然見ました。
「佐多稲子旧居跡」
DSCF9141.jpg
おばさんの家に身を寄せていたみたいですが、
時代が時代で、小学校すら中退しキャラメル工場で働いていたそうです。

そんな生活をしていたら、夢も希望もなさそうですが、
その後いろいろな職業を経験しながら、いろいろな人と知り合い、
刺激を受けて創作活動をするようになりました。

後にプロレタリア文学の作家として有名になるとは、
キャラメル工場の同僚たちには、想像も出来なかったことでしょうね。

その隣には、防火用水
DSCF9143.jpg
もっとも、東京大空襲のときには何の役にも立たなかったとのことです。。。
DSCF9144.JPG

資料館の中は、3階まで展示がありましたが、
墨田区としての空襲の影響とか、時節柄、桜の浮世絵のなどが展示してありました。

さぁ、言問橋を渡って川沿いの桜を観ようと思ったのですが、
この時(3/30)は、まだあまり咲いていなかったのですよ(笑)
DSCF9152.jpg



DSCF9140.JPG

牛嶋神社その2 [散策]

遡ること飛鳥時代から、この辺一帯が国営牧場だったそうで、
それにちなんで「牛嶋神社」となったそうです。

狛犬さんがたくさんいました。
DSCF9121.jpgDSCF9120.jpg

DSCF9129.jpg
DSCF9131.jpg

この狛犬さんは、大きな岩に乗っている姿で立派です。
DSCF9128.jpg
DSCF9126.jpg

立派な拝殿です。
DSCF9124.jpg

5年に一度の大祭のときには、生きた黒牛が出るそうですよ。
DSCF9132.jpg
もっと牛さんが居ましたが、帰ってから見ると取り損なっていました(T_T)

撫で牛もいたので、てっきり「天神様」系かと思いましたが、
由緒はまったく違っていました。

昔ここは、「牛御前社(うしのごぜんしゃ)」という名前でした。
牛鬼(ぎゅうき)という牛の形の妖怪が表れて、この神社に入って消えてしまい、
ポツンと牛玉が残されていたということで、それがご神体です。

厄災を払うご利益があるそうです。
そして、撫で牛はやっぱり「治したいところ」を撫でるという形式です。

都会の真ん中で、スカイツリーがジャストで入る場所なのに、
静かで神秘的な雰囲気で、素敵な場所でした。

牛嶋神社  [散策]

ソラマチを出て歩いていると、「牛嶋神社」がありました。
DSCF9119.jpg

奥に見える鳥居は「三ツ鳥居」という変わった形です。
中央の鳥居の両脇に、小さなのが付いていますよね。
後で調べたら出てきたので、もっとしっかり撮ればよかったと後悔しております。



ところで、今日はchromeさんの調子が悪く、
何とも固まってしまうので、なかなか進みません。
なんだかなぁ。。。

ここについては、まだ語りたいことがたくさんあるのですが、
また明日にします。

ソラマチの中 [散策]

ソラマチはウィークデーにも関わらず、すごく混んでいました。

最近はどこでもそうですが、外国からいらした方がすっごく多いです。
それも、日本人顔なのにすれ違いざま外国語を話しているので気づいたり、
それと香料・・・キツいです。
だいたい、その2点で違いに気づきます。

日本製品の安全性と品質の高さに、観光を兼ねて買い出しに来る方々が多いみたいで、
そういう人たちは、たいていお金持ちでしょう。

たくさん買って行って、日本製品を普及させてもらいたいですね♪

お花見も、日本の文化として楽しみたいといらっしゃるようで、
テレビで、早々とお花見している人の中に、
外国の方々がたくさんいると報じていました。

ただ、郷に入れば郷に従えという言葉があります。
日本人が海外旅行に行ったら、旅行会社でもらうガイドブック等でお勉強して、
「えーと、チップはこのぐらい」なんて用意したり、
この国では子どもの頭をなでちゃいけないなどと、気を付けますよね。

あちらの人は、あまり気を使ってくださらないような気がします。
電車の中で声高に話したり、ゲーム音を鳴り響かせていたり。
桜の枝をつかんで写真を撮ったり、立ち入り禁止の場所に侵入したり。。。

まぁ、日本人の中にも、マナーが悪い人はたくさんいますけどね。


ソラマチで、ざっくぅに会いました。
DSCF9109.jpg
お嬢さんたちに大人気で、なかなか写真を撮れなかったぐらいです。
「こいつ、中身は男子だな!?」と思ったぐらい、
女子にくっついて飛び跳ねて嬉しそうでした(笑)

面白いと思ったのは、ここ。
DSCF9106.jpg

えー、子ども専用の温泉?
と思いましたら・・・、
DSCF9107.jpg
温泉じゃない???
隙間から覗いたら、ボールプールでした。

お子さん連れで来たら、パパがここで遊ばせているうちにママがショッピングとか、
そういう使い方をするのでしょうか?


今日はお休みでしたが、曇っていて時折小雨が降るあいにくのお天気でした。

でも、お隣の人が共同写真展をしているのが今日までだったので、
ちょっと出かけてきました。
DSCF2503.JPG

ついでに足を伸ばして、桜も観てきました。
全体的に見ると、まだ5分咲きにもなっていません。
17.4.1.JPG



天空 ソラマチのプラネタリウム [散策]

東京スカイツリー駅に降り立つと・・・、
1490980531307.jpg
昨日の写真のような、真下からのアングルで見えるスカイツリーは格別でした。

ところで、このスカイツリーは高さ634mということですが、実は635.2mあります。
「むさし」にかけて、634mとしているのです。
余計なことをして三角測量した人が見つけてしまいました。
DSCF9154.JPG

ま、遠くから見る分には、1.2mぐらいどうということはありませんけどね。
DSCF9111.JPG

さて、ソラマチの中の「すみだ水族館」は、
大人のオフ会の時に行って知っていましたが、
プラネタリウムもあるのは、今回初めて知りました。
1490980523184.jpg
DSCF9104.jpg
上映前ならOKということで、チラッと館内を撮影して席に着きました。
DSCF9105.jpg

列車のようにリクライニングする椅子で、
あおむけになると、ドームの天井全体に画像が浮かび上がります。

今回のテーマは「ニュージーランドの満点の星」
ニュージーの自然の景色と、満点の星が大きく映し出されます。

壮観でした。

でも・・・景色は俯瞰の視線ですので、高所恐怖症の私には酷です。
現実では下から上を仰ぎ見ているのに、写されているのは上から下を見ている感じ。
おまけに、ゆら~っと移動するのが気持ちが悪い。

すっごくきれいな星空も見ましたが、その辺がどうにも納得できないのです(笑)
年を取って、頭がかたくなってしまったのでしょうね(+_+)

お土産はワンパターンのマグネットです。
DSCF9157.JPG
宇宙ですよ!



スカイツリーは、もちろんキッチリ634mです。
エイプリルフールなので、ちょっと冗談で言ってみました。
ごめんなさいm(__)m(笑)

ソラマチへはもう何度も行きましたね [散策]

タイトル、分かる人いるかなぁ???

ま、それはさておき、
今日は夫とスカイツリーの足元まで行ってきました。

ソラマチへは、何度か行っているのですが、
スカイツリーには上ったことがありません。

何が悲しくて、お金を払って怖い思いをして景色も見られない、
高いところに行くのでしょうか!(笑)


ま、それもさておき、
今日は、お天気が良くて暖かくて、お散歩日和でした。
隅田川も、晴れ晴れとしています。
DSCF9148.jpg

スカイツリーもきれい。
DSCF9102.jpg

ただ、桜はまだ三分咲きぐらいでしょうか?
DSCF9146.jpg
道の右の菜の花と、左の白いユキヤナギが綺麗ですが、
桜は、ほんのちょっとでしょう?


ソラマチに行ったのは、プラネタリウムを観るためでした。
その件は、また明日~♪