So-net無料ブログ作成

偶然3連発の日に [生き物]

偶然の3連発があった日に、もう一つ良いことがありました。

目的地の近くに、あるスーパーがあります。
そこの軒下でピーピー鳴き声がしました。

「あれ?」と見上げると、ツバメちゃんのヒナが!
燕 (2).JPG

近くで見ると、可愛いですね。
pnさんの気持ちが分かります♪

そのヒナちゃんたちが、急に大きく口をあけてピーピー鳴き出したと思ったら、
親鳥がエサを持ってきたのでした。
燕.JPG
親鳥も写したのですが、ブレていて使えませんでした(笑)

さて、ツバメちゃんをよくご覧になっているpnさんに質問です。
この子たち、だいぶ大きいのですか?
見たところ、けっこう成長していると思うのですが・・・?

カワセミに会えるの? [生き物]

世の中には、わざわざ山の中の清流に出向いて、
三脚立ててカワセミを撮る人もいるのです。

なのに、近くで飛んでいるのを見たという情報が!

えっ、うちの近所にカワセミが?

徒歩10分足らずの別所沼公園で見られるという話は聞いていたのですが、
それだって、かなり驚きました。

ましてや、もっと近くのどぶ川で・・・?  

以来、カメラを携えて暇なときにうろうろしてみるも、
未だ出会えません。


カモやシラサギはよく見かけるんですけどねぇ。
シラサギ.JPG

コバトン(こども動物自然公園) [生き物]

これは、鳩・・・シラコバトという名前で、埼玉県の鳥に指定されています。
DSCF2631.JPG

埼玉県のHPによりますと、
ハト科に属し、シラバト、ノバトなどとも呼ばれ、山鳩(キジバト)の仲間ですが、やや小型で尾だけが長く、ほっそりしています。首に黒い横線が走っているのが特徴で、国内では、主に本県の東部地域を中心に生息しています。 昭和31年(1956年)に「越ヶ谷のシラコバト」として国の天然記念物に指定されており、昭和40年11月3日に「県民の鳥」に指定されました。

これが、県のゆるキャラ「コバトン」のモデルとなっています。
DSCF2632.JPG
かなりぽっちゃりとデフォルメしてありますが(笑)、首の後ろに線が入っているでしょう?

こども動物自然公園でも、遊具にコバトンを使ったりしてアピールしています。
DSCF2620.JPG


ちょうどあの時(5/4)藤が満開だったのです。
DSCF2627.JPG


「きょうりゅうのもり」と名付けられた場所があって、
恐竜がリアルに表現されていました。

甥っ子姪っ子も、恐る恐る乗っている感じですね(笑)
DSCF2626.JPG
元気に明るく成長してね♪

有袋類(こども動物自然公園) [生き物]

有袋類は、字の通りカンガルー等の、お腹に袋がある動物。
コアラやウォンバットがそうですが、
あまり知られていないオポッサムやフクロネズミも有袋類です。DSCF2606.jpg
DSCF2618.jpg

さて、有袋類の赤ん坊は未熟児のまま生まれてきて、
お母さんの袋の中に自力でたどり着き、そこで完全な子どもになるまで育ちます。

生まれた子は、胎児と同じような小さな小さな姿で生まれ、目や鼻や耳は未完成です。

そんな子なのに、生まれたとたんに、たいへんな旅をすることになります。
だって、産道から袋の入り口まで、たった1㎝で1gほどの不完全な子が、
20㎝以上の道のりを移動するのです。

そのための小さな手足と、袋の中にある乳首に吸い付くための口だけが
とりあえず機能します。

そういうことですから、袋にたどり着くまでに死んでしまう子も珍しくありません。

生まれた子どもが無事に袋の中にたどり着いて乳首に吸い付くと、
中の子どもがある程度育つまで、袋の口は閉じてしまいます。
そしてその間、子どもの口は乳首にくっついて離れなくなるのです。
うまく出来ていますよねぇ。。。

そう、お母さんの袋は、人間の子が未熟児で生まれた時の「保育器」と同じなのです。

カンガルーの子どもが袋から顔を出しているのは、
そういうワケで、ある程度成長してからなのですって。

そう思って見ると、お母さんの袋から顔を出している子どもはすごいんですね。
さらに、自分の子どもがここまで成長したことにも、ありがたみが増しました♪

母の日ということで、尚さら有袋類の姿に感じ入ったのかも知れません。


埼玉県こども動物自然公園には、コアラが居ました。
上野動物園には居なくて、多摩動物公園には居ます。
貴重な動物なのですね。

ですから、コアラさんはさすがに表には居なくて、
ガラスケースの中で大切に飼われています。

ユーカリのことも、詳しく展示してありました。DSCF2600.jpg

DSCF2601.jpg


同じ一画に、アリクイもいました。
DSCF2611.jpg

リクガメものどかに歩いていましたよ。
DSCF2613.jpg



子どもたちは、コアラみたいになって写真に納まりました(笑)
DSCF2598.jpg

小動物に癒される(こども動物自然公園) [生き物]

これが七面鳥!?
ちょっとイメージが違って驚きました。
DSCF2575.jpg

写真で見たことはあるのですが、思ったよりも大きくてグロテスク。
アゴから下がっているのぼろ布みたいですよね。
(ちゃんと「肉垂(にくすい)」という名前があります)
ごめん、七面鳥さん!(笑)

近くの公園でも見慣れている鴨たち。
DSCF2578.jpg

なぜかこの豚さんは檻の中。
園内で自由にしている子もいたので、噛むとか吠えるとか問題を抱えているのか?
それとも、お当番で代わりばんこに外に出るのでしょうか?(笑)
DSCF2579.jpg

子ヤギは好奇心旺盛、人間の子と同じですね。
人がたくさんいる檻の端っこに、こうして少し高いところがあるのですが、
その細いところに上って、ずっと人にかまってもらっていました。
DSCF2582.jpg

こちらはヒツジさん。
DSCF2583.jpg

ミニチュアホースとロバの区別がよく分からない。
DSCF2590.jpg
耳が大きくて、たてがみが少ない方がロバなんです。
DSCF2591.jpg
つまり、下がロバさんです。

ちなみに、ミニチュアホースとポニーの違いは、
単に体の大きさだけみたいですよ。
大きなポニー、小さなポニーじゃダメなのかしらん???(笑)

ワラビー(こども動物自然公園) [生き物]

連休明けで、久々にバッチリお仕事をしたので、疲れたみたいです。

背中の痛みがぶり返していますので、もう寝ます。



ワラビーが可愛かったので、動画で撮りました。
ふっとこっちをみたところは、可愛いというよりおじさんみたいですけどね(笑)


かじたさん(こども動物自然公園) [生き物]

園内を自由に歩き回っているヤギさん。
5.7.JPG
こうして大人しく座っているところを、そぉっと触ってもだいじょうぶ♪
大きな声を出したり、強く叩いたりしたらいけないです。
そりゃそうですよね。


ところで、今日はカテゴリ「生き物」ですが、人間のお話。

私たちが動物園に到着したのが午後1時近かったので、
昨日のモルモットコーナーを終えて、お食事をしようということになりました。

それがもう2時でしたが、入り口で食券を買って厨房の入り口に渡す形。

そこに居たのが「かじたさん」でした。

カウンターのあっち側に陣取った彼女の仕事・・・流れとしては、
〇食券を受け取って「〇〇番でお待ちください」と番号札を渡す。
〇その食券を受け付けた順番にしておいて、次の順番の分を並べる。
〇厨房の奥からおじさんやおばさんが作った料理が来るので、
 それを目の前のお盆に並べ、番号を呼び出して渡す。
(社員食堂みたいな形式で、お客さんが出来た料理を受け取って、
スプーンやお箸等は別なコーナーから自分が持っていく形です。)

これだけなのですが、殺人的に混んでいてすごい人数がカウンターの前で待っています。
「何分かかるのよぉ」と殺気立っている人もいます。
実際「〇〇番はいつになりますか?」と聞きに来る人もいますが、
かじたさんは「3つめになりますので、もう少しお待ちください」と笑顔で答えます。

若い女子も、他の人たちも、みんな疲れた顔をしていて無表情でした。
かじたさんだけは、笑顔で声を張り、来ない番号はマイクで呼び出し大活躍。

でも、それだけではないのです。
カウンターでの、その仕事だけでも大変そうなのに、
順番で出来てくる料理をただ待っているだけではなく、
お子さまセットのカレーを入れてきたり、
ラーメンに海苔を載せたり、洗ってあるお盆を拭いたり、
積極的に動いていました。

一つの番号札で、一つの料理ではありません。
家族分3人前だったり、うちみたいに7人前だったりしました。
それを、効率よくお盆に並べ、呼び出した人に、
「あとカレーが2つあります。ここに置いておきますから、
(そっちを先に)置いて来てくださっていいですよ」と伝えます。


カウンター前で料理を待っていた私と弟は、
「あの子すごいねぇ」「うん『かじた』すげぇ」「『かじたさん』でしょ!」
などと言い合っていました(笑)

結局、食事にありつくまで1時間かかったのですが、
私たちは、かじたさんのお仕事ぶりに見とれていて、時間を忘れていました(笑)


いやぁ、爪の垢でもいただいて、煎じて飲みたかったけど、
お料理を出す仕事ですから、爪の垢なんか無かったでしょうね(*^^)v

蛇とモルモット(埼玉県こども動物自然公園) [生き物]

ゲートをくぐって・・・、
DSCF2551.jpg

チケットの絵柄も、5,6種類あって可愛いのです。
DSCF2635.jpg

動物園、好きです♪

特に、先日も言いましたがここは、
動物園の定番動物である、トラもライオンもカバも居なくて、
代わりに、ロバやモルモット、シカやカピバラがたくさんいます。

触れられる動物や、すごく間近で見られる動物が多かったです。


入り口の植え込みも、よくできているでしょう?
DSCF2555.jpg

さて、今回初めて触ったのは、蛇さん。
DSCF2559.jpg
飼育係のお兄さんが抱いていて、みんなで触らせてもらっていましたので、
私と娘もおそるおそる手を出してみました。

変温動物で、体毛も無いので、ひやりとしました。
でも、大人しいし、つぶらな瞳が可愛かったです。


次いハマったのが、モルモットと触れ合おうというコーナー。

最初はちょっと怖い感じで引き気味だった姪っ子。
DSCF2562.jpg
でも、にぃにぃも抱っこしてるし、
DSCF2561.jpg
と、だんだんその気になってきて、
DSCF2568.jpg
ほら、抱っこできました。

モルモットは、抱き上げたら自分のお腹とモルモットのお腹をくっつけて、
手足も体に触れると安心して、大人しく抱っこされてくれます。


嬉しそうです。
DSCF2569.jpg
良かったね。

埼玉県こども動物自然公園 [生き物]

今日は、私の妹と娘も一緒に、弟一家と「埼玉県こども動物自然公園」に行きました。
埼玉県の東松山市にあるこの施設は、
お山一つ分ぐらいかな、46ヘクタールもある広い動物園です。
ちなみに、上野動物園は15ヘクタール。
でも、多摩動物公園は60ヘクタールですから、もっと大きいですね。

面白いのは、動物園の定番動物(?)のライオンやトラ、ゾウ、カバなどが居ないのです。
(キリンは居ましたよ)

その代わりに、触れ合える動物がいろいろいて楽しかった。


子どもたちを含め、たくさんの写真を撮ったのですが、
すごく疲れていて、まだ整理していないので明日♪

コアラの動画だけ載せます。

旅行で会いました♪ [生き物]

旅先で会うと、いつもと違って新鮮です。

別所沼や、近所の川にたくさんいる鴨だって、特別きれいに見えます。
DSCF1903.jpg

ねこの親子(?)だって仲睦まじく、子猫は特にかわいらしく見えます。
DSCF1924.JPG

あー、鹿は普段は会えませんね(笑)
DSCF1917.JPG
三嶋大社の「神鹿苑」の子鹿・・・神と言われているのに、汚かった。
足元は、前日の雨でぬかるんで、オープンエアなのにすごく臭かったです。。。

でも、つぶらな瞳は可愛かった。
広い場所を金網で仕切って自由にさせていたので、
のびのびと走ったり、餌を食べたりしていました。


またどこかの旅先で、何か生き物に会えると良いな。
っていうよりも、旅行に行きたい!?