So-net無料ブログ作成
検索選択
地域活動 ブログトップ
前の10件 | -

参加してきました [地域活動]

自治会の公園児さんと、もう1人の女性と3人で参加してきました。
さいたま防災リーダー研修会」
2.25 (2).jpg
3人並んで、居眠りの競演。

ごめんなさ~い!
有意義な内容もありましたが、
なにしろ、暖かい会場で、一部退屈なお話もありましたので、
みんなでちょっとずつ眠ってしまいました(笑)


1時間強でお昼頃終わったので、お楽しみはランチです。

以前、この講演の話があったとき、
近くに美味しいレストランがあるとの情報を、
自治会仲間のUさんが提供してくださいました。

確かお店の名前もおっしゃっていたのに、
それから時間が経ってしまったので、すっかり忘れてしまった我々3人(+_+)

結局、場所も名前も思い出せず、行き当たりばったりのファミレスへ(笑)
2.25.jpg
まぁ、ゆっくりお食事して自治会の将来について語り合っ・・・ったかなぁ???(笑)

キャンドル・アートナイト2016 [地域活動]

今年も、キャンドル・アートナイトを行いました。

さいたま芸術劇場が会場です。

昼過ぎに集合して、まずはキャンドルを入れる行灯作り。
DSCF1952.jpg

ろうそくを入れる形と、LEDライトを入れる形との、両方を作ります。
DSCF1949.jpg
電池をランプセットして、この上からシェードをかぶせます。
この木枠の真ん中が丸くくりぬいてあるのが、キャンドルを入れる形です。

外に持ち出して、配置していきます。DSCF1956.jpg

左側に帯みたいのがご覧になれますか?
9月に「aruteよのだもんね!」で絵手紙の会の先生方を中心に、
みーんなで書いてもらった「100mの絵手紙」を、
地面に貼って、一挙公開しました。
DSCF1954.jpgDSCF1955.jpg
キャンドルを周りに置いて、暗くなっても見えるようにしました。
DSCF1963.jpg

中のコンサート会場では、パイプオルガンとチェロのコンサートがありましたが、
そのバックに、キャンドルツリーを飾り付けました。
DSCF1958.jpg
まだ始まりませんが、もうお客さんが席を取ってまっていらっしゃいます。

暗くなると・・・、
DSCF1960.jpg
上の吹き抜けから見ると・・・、
DSCF1969.jpg
綺麗でしょう?

キャンドル・アートナイトが本格的にやりたくて、今のNPO法人に入れてもらったような私なので、
心から楽しくてうれしくてしょうがありません。
これも、お誘いくださった後輩の爺さんのおかげです。
今回もおいでになれて良かったですが、
来年はまた以前のように、采配を振るってくださいね♪

キャンドル・アートナイト [地域活動]

今日12月17日は、キャンドル・アートナイトの日でした。

昼過ぎから集合して、準備して、素晴らしい景色を作り上げる充実感!
12.17.jpg
佳い一日でした。


詳細はまた明日♪

さいたまトリエンナーレ12月11日に終了しました [地域活動]

先日、娘と武蔵浦和駅に行く用事があり2人で歩いていると、ありました「種は船」
終了.JPG

さいたまトリエンナーレが始まったころは、別所沼公園のメタセコイヤは、
まだ青々とした葉でした♪
DSCF8963.jpg
時の流れを感じますねぇ。


途中、遊歩道を歩いたついでに、これもトリエンナーレの一環で、
「旧部長公社」というのがありまして、寄り道することにしました。

普通の昭和のおうちが4件・・・官舎ですからどのお宅も作りは似ていました。
でも、当時はモダンな建物だったのでしょうね。
どんな「部長さん」がこの家に住んでいたのでしょうね。

そしてこの部長宅には、参加の芸術家が作品を展示していて面白かったです。

ふと気づくと、次の日程が迫っていたので、慌てて帰路についたのですが・・・。

「良かったわぁ、部長宅見られた。ずっと見ようと思っていて、
やっと見られたわぁ。11日までの展示だからもう・・・。」

あの日が11日、最終日だったのです。
ホントにうっかりしていました。
急いでいるからやめようかなんて悠長なことをしていたら、
見ないまま終わってしまうところでした。


遊歩道の途中に展示してある、例の涅槃像スタイルの大きなサラリーマンも、
もう撤去準備が出来ていたそうです。
1481646767252.jpg
photo by まどみさん♪

お疲れさまでした♪
1474131872892.jpg

早いなぁ・・・!
9月に始まったときには、12月11日までずいぶん期間があると思っていましたのにね。。。

日本科学未来館レポート その他 [地域活動]

DSCF9027.jpg
私は、科学はもちろん、化学も物理も数学も嫌いな完全文系人間ですが、
そんな私でも、ここは楽しいです。

DSCF9034.jpg
このジオ・コスモスは、実物の約200万分の1の大きさです。
有機ELパネル10362枚に、気象衛星から1時間ごとに送られてくる地球の気象や、
CO2量、樹木被覆図、オゾン濃度など、30種類以上のデータやアートを映し出します。

これだけ眺めていてもけっこう面白く、時間を忘れますよ♪


これは「100億人でサバイバル」」と題し、地球を脅かす災害について考える展示です。
DSCF9030.jpg
私たちを囲む環境の中で、どんなメカニズムで、どんな頻度で災害が起きるか、
シミュレーション展示でそれを知って理解することで、
どう向き合ったらいいかを考えるのです。

感染症の拡大、地球温暖化による異常気象の増加、原発の事故、という災害を想定し、
赤いボールが危険な災害等の起き方で、その発生によって人型が倒れるという、
シビアな展示です・・・ちょっと暗澹たる気持ちになりました。

インタープリタ(科学コミュニケータ=専門的に説明をしてくれる人)が、
「人がたくさん倒れると、二酸化炭素量が減って温暖化が抑えられるという、
皮肉なことも起こるんですよ」なんて言うし(T_T)


ドームシアターで「9次元から来た男」という映像を観ました。
1480180045449.jpg
3D立体映像です。
リクライニングシートでほとんど横になり、暗いプラネタリウムのような空間で、
立体眼鏡をかけた状態で映像を観ていると、30分ぐらいの間に正直3度ぐらい寝ました(笑)

でもね、眠ってしまったからだけではなく、非常に難解なお話で、芯は「調弦理論」。
ミクロレベルで考えると、素粒子ってのは点だと思っていましたがヒモなんだそうで???
あーどうもよくわかりませんので、分かりたい方は
 → こちらをご覧ください
誤解の無いように言っておきますが、立体映像は迫力満点で面白かったのですよ。
面白かったのですが、理解するには頭が老化しすぎていたのでしょう(笑)


そのあと、みんなでお茶をしながら、ジュニアインタープリタの将来について、
真剣に話し合いました。
DSCF9057.jpg
特別メニューの「9次元から来た男ミニパフェ」を食べながら♪
DSCF9055.jpg
これは栗のクリーム、抹茶アイスクリーム、黒蜜がけのシリアルで出来ていて、
分かりやすくて美味しかったですよ!

話し込んでいたら、ガラス張りの外はとっぷり暮れて、
帰りがけにちょうどガンダムが動き出したところに出くわしました。
DSCF9060.jpg

顔が横を向いて、目からビームを出しています。
「アムロ、行きまーす!」と叫んでいました。


そんなこんなで、中学生不在の「日本科学未来館」の一日が終わったのでした。

日本科学未来館レポート UNI・CUB [地域活動]

DSCF9028 - コピー.jpg
これは、UNI・CUB(ユニカブ)という乗り物です。
以前ここで見学した、ヒューマノイドロボットの「ASIMO」君と同じ
HONDAが開発した、セグウェイの椅子版のような乗り物です。
DSCF9344.JPG

ユニとは一つという意味で、実はユニカブには車輪が1つだけ内臓してあります。
そして、ASIMO君と同じくバランスを取る機能が使われています。

それを、乗った人の感覚で前に進んだり曲がったり自在に操る!
というところまでは到達できませんでした(笑)

これに乗って、館内を巡るコースがあったのです。
みんなでやってみました♪
DSCF9033.JPG

最初はガチガチ
1479906841858 - コピー.jpg
自分の運動神経の無さをよく知っていますからね。

やっと館内を動くことが出来るようになりましたが、
緊張して体がこわばっています。
1479906822765 - コピー.jpg

で、うまく操れるようになってきて、面白さが分かったころにおしまいです(笑)

30分間があっという間でした。
DSCF9036 - コピー.jpg

これは楽しいです。
館内のお客さんの注目を集めつつ、移動しているのが面白かったです。

今はダメですが、いずれは公道も走れるようになるかもしれません。
ガソリンも使わないし、ハンドルもアクセルもブレーキも無いので、
省エネ軽量、場所も取らない理想の乗り物です。

ほら、乗ってみたいでしょう?(笑)

お台場 [地域活動]

今年も行きました「日本科学未来館」

お台場と言えば、ガンダム(なのか?(笑))
DSCF9025.JPG


中学2年生のジュニア・インタープリタを育てるために、
私たちのNPO法人がお手伝いする事業です。
 → 去年の記事

ところが!
ところがです!
なんと、今年は応募が1人もありませんでした。

去年は4人の男子生徒が応募してくれて、何度か科学未来館に行って構想を練ってもらい、
最終的には小学生(その親も可)のバスツアーを組み、
小学生の前で、中学2年生のインタープリタが説明しました。

私は初めてその事業に参加し、成功に終わったのでそのつもりでいました。

ところが・・・応募者ゼロだなんて!(T_T)


で、結局今回は、子ども抜きで大人のメンバーだけが行って、
模様替えと展示替えがされてからの科学未来館を、改めて見学しました。
1479904427758.jpg

科学未来館楽しいです。
大人でもわくわくしました。

また行きたいです♪

で、詳細はまた今度(笑)

休みでしたが [地域活動]

会社の休みの日に、地域活動の予定を入れてしまう。
と、言うよりも、地域を入れてしまうので、お休みがなくなるというか。。。(笑)

今日は交通安全協会の賛助会費を集めて回りました。

ご一緒した相手はよく知っている友人なので、
楽しく話しながら行けて楽しかったです。



さて、先日のけやきひろば。
今はもう終了していますが、「さいたま国際マラソン」に伴う催しだったようです。
DSCF9010.jpg
なるほど、さいたまスーパーアリーナは、
この国際マラソンのスタートと、ゴールを担う地点です。
DSCF9016.jpg

集まる人たちに、美味しいものを提供しようということだったのですね。
ステージではバンドの演奏も行われていました。
(ボケてます(T_T))
DSCF9015.jpg

私が通りかかったときには、もう暗かったので、
イルミネーションがとてもきれいでした。

年々、ブルーのLEDに少しずつ他の色が入って美しく変貌していきます。
でも、それは後日撮影してきてupします♪(笑)

これは、けやきひろばの真ん中辺のオブジェ。
前の部分が鍵盤になっていて、踏むと音が出ます。
DSCF9012.jpg
毎年、カップル子供連れの家族でにぎわう場所です。
これも、後日また取材(?)してきますね。

自治会でのDIG [地域活動]

今日は、うちの自治会としての取り組みでDIGをやりました。
「災害図上訓練(または災害想像訓練)」は、机に広げた地図の上でやるので図上訓練です。
DSCF1657.jpg

今年の夏、さいたま市の主催する訓練に参加してきて、
非常に面白いし、役に立つ訓練でしたので、
うちの自治会独自の防災訓練に使おうということになりました。
→ その時の記事 → その続き
DSCF1658.jpg
DSCF1659.jpg

事前に何度か打ち合わせを重ねて、本日の実施となりましたが、
皆さん、熱心に取り組んでくれて良かったです。
大成功だったと思います。
DSCF1662.jpg
DSCF1664.jpg
DSCF1665.jpg
DSCF1669.jpg
DSCF1668.jpg

いつも、「うちの地域は水が出るとこわいね」とか、
「○○さんのおばあちゃんは、動けないから何か(災害が)あったらたいへんだよ」と言っていても、
漠然としか意識していません。
それを、地域の地図を使って、実際にハザードマップから災害の危険性を写してみると、
より危機意識が高まって、真摯に取り組む姿勢が出来てきたのが頼もしいです。

あちこちの大地震の時に、死者のほとんどは15分以内に亡くなったそうです。
つまりは、家具の転倒、家屋の倒壊で命を落としてしまうのです。

それで、家の耐震への取り組みが非常に重要になってきます。
構造上の問題は元より、家具の固定や家電の置き場所の再確認等、
いろいろまだやれることが残っています。

そして、一度は家具の下敷きになったり、倒壊家屋に閉じ込められて助かった人は、
助けられた相手が公共機関(自衛隊や消防署員)ではなく、
自力や、家族、近所の人だという事実!
・・・公共機関は交通事情等により、あてにしてはいけないということになります。

そのために、自宅やご近所の状況を把握しておいて、
まずは身の安全の確保、次に家族やご近所の安全確認や救助となります。

そう!まず、自分が無事でなければいけません。
自分が人の手を借りることになれば、その分他の人を助ける手が減ります。
それで自助(自分や家族が助かること)、次に共助(助けあうこと)となるのです。


そんな意識を高める訓練として、今後も2度3度と実施したいねと話し合いました。

区民まつり・詳細その2 [地域活動]

本当にすごい人出で、終わってからお目にかかった親知らずさんに、
「人ごみ嫌いだから、興味ないもんね~!」と言われて納得(笑)
DSCF1612.jpg

自動車整備振興会の「てんけん君」も居ました。
DSCF1610.jpg

ステージでは、可愛いチアリーディング♪
DSCF1625.jpg
もぉ、たくさんのチビちゃんたちが動いているだけで可愛いのです。
おばさんたちは、「かっわいいわねぇ」「きゃー可愛いっ!」と熱狂していました(笑)

浦和法人会の「一億円を持ってみよう」というコーナが興味深かったです。
模擬紙幣ですが、ちゃんと1億円の重さにしてあるそうです。
DSCF1632.jpg
暇を見て行って、持たせてもらいました。
DSCF1628.jpg
私の力でも持ち上がらないワケではありませんでしたが、
結構ずっしりくる重さで、1億円持ったら走って逃げられないことが分かりました(笑)


そうそう、1日目が終わって帰るとき、ホームから見えた富士山
DSCF1636.jpg

煙突がちょっと邪魔でしたが、シルエットだけでも見えると感動します。
頑張ったご褒美みたいな感じでした。
前の10件 | - 地域活動 ブログトップ