So-net無料ブログ作成

古い詩集から [詩]

遠くを列車が行く

こんな夜に考え事をしていると
濡れたままの頬と膝が冷えてくる
列車の音が心に響いて
忘れていたことを思い出す
胸に耳を寄せて探った
あなたの命の音

そして今日は特別な日
あなたが生まれた



なーんて詩を、うちの娘ぐらいの時に書いていました。
笑わないでください。
(と言いつつ、笑っているのは自分自身)

クチだけ星人の間では話したことがありますが、
私の精神成長曲線は、横一直線みたいです。
普通の人は、年齢にほぼ比例して、上昇カーブのグラフになるはずが、
私は十代前半でかなり大人っぽい考え方をしていて、
その精神構造のまま大人になってしまったらしいです。
だから、二十代半ばにはもう、同じ年の女性たちに追い抜かれ、
今では普通よりも子供っぽい、成長し損なった人になってしまいました。

この詩も、想像の世界だけで書いています。
ぶっちゃけ、ろくな恋愛経験も無いのに「胸に耳を・・・」だなんて赤面モノです(爆)
その頃使っていたペンネームも恥ずかしくて言えません。。。

さて、今の私は詩が書けません。
想像の翼が取れてしまったらしいです。



ネタが無い時に、こうして少しずつ思い出してみるのも良いかなと・・・。
あ、つきあわされる方はご迷惑でしょうから、
このタイトルを見たら、スルーしていただいてけっこうですよ(笑)