So-net無料ブログ作成

鬼の霍乱(かくらん) [健康]

私のような、普段元気すぎるほど元気な人間が、
病気になることを「鬼の霍乱」と申します。
「えー、あのまほさんが風邪ひいたぁ?
風邪の方が逃げ出しそうなのに、鬼の霍乱ってやつだね」

誰かさんにそう言われました。
いえ、恨みに思っているワケではありません。
ネタになりましたから♪(笑)


そうこの言葉、決して、病弱な人がまた病気になっても使いません。

病気しなさそうな元気な人を、強い鬼に例え、
その人が風邪などをひいて苦しむことを言うのです。

霍乱という言葉は、苦しみもがいて手を振り回すという意味の
「揮霍撩乱(きかくりょうらん)」を略した言葉だそうです。

古くは、夏の初めに激しい腹痛に見舞われた時の様子だということです。

夏の初めというと、食あたりか、
暑さに体が慣れる前の熱中症だったかも知れませんね。

今よりも、衛生管理がなされていない時代、
揮霍撩乱状態になったら、相当たいへんだったと思います。


さて、鬼の霍乱もやっと終わりに近づいてきました。
明日はお休みをいただき、交通安全協会の方のお仕事です。

可愛い小学生たちに会いに行きます。
楽しみ~♪

今日は会社に行けました [健康]

まだ咳が出るので、マスクをして、
アイソトニック飲料を2本買って、会社に行きました。

会社でも息苦しかったのですが、どうにかなりました。

あ、熱が下がったので気分がすごくよくなりました。

電車に乗ってもだいじょうぶでした。

昨日は、電車に乗ったら倒れるかと思いましたから。。。


さて、ぼぉっとした頭でニュースを観ていると、
某大臣の発言が耳に入ってきました。
例の東日本大震災のことです。
「東北だったから良かったけど、あれが首都圏だったら・・・」
私も東北出身ですし、風評被害に遭い放射能にさらされている親類が居ます。
そりゃもぉ腹が立ちました。

今はマスコミが発達し記録媒体が発達し、エライ人はたいへんです。
一字一句間違えないように発言しないと、足をすくわれます。

もちろん、彼の発言は軽率でしたよ。
おまけに彼は復興相だったのに!"(-""-)"
ただ、マスコミがそれにどーっと飛びつき、話を大きくしているのは否めません。

あーでも言葉は難しい。
奥が深くて美しいものですが、それだけに難しいですよね。
私たちも、ふとした言葉で相手を傷つけたりしているのでしょう。
でも、それが公人だったら、もっともっと気を付けないといけません。

モノは言いようなのです。
あの大震災の後や熊本地震の後「何十年以内に関東が大震災に見舞われる」
というような特番がたくさんありました。

そこでは、「東日本大震災の犠牲者は2万人弱とたいへんな数になりました。
これが首都圏ですと人口との比率で単純計算して・・・」
などと、どこでも言っていました。

ただ、どこも「東北だったからマシでしたが」とか、
「東北だったから良かった」とは言いませんでした。

そのたった一言が余計だったのです。
たかが一言、されど一言・・・某大臣は辞職することになりましたね。

ふっかぁつっ! [健康]

いや、まだ完治ではないのですが、
どうにか気分が良くなってきました。

治る兆候が見えたというか・・・、
今朝まで最悪だったので、今はだいぶマシです。

今日、会社を休んでしまったので、明日は行かないと♪


久しぶりに38度台の熱など出したので、
気持ちもなんか弱くなりました。

娘にご飯の支度ほか、いろいろ手伝ってもらって助かりました。
やればできるのです!


なんだか支離滅裂ですね。
もう寝ようと思います。

明日は元気で会社に行くぞ~!

寝れば治る、寝れば治る、寝れば・・・ [健康]

今日は午後から自治会の用がありましたが、それ以外はひたすら眠り、
ふだんの睡眠不足を補ってあまりあるほど
たくさん眠りましたが、まだよくなりません。

熱も38度を久しぶりに越えました。
ひまつぶしにスマホでも、と思ってもやる気になりません。

明日、会社に行けないと困るから、
また寝るとしましょう。

風邪と認定されました [健康]

通い始めた整形外科は、内科もやっていました。

おまけに、ウィークデーは19時まで、土日祝日も17時までやっています。
勤め人にすごく都合のいい病院です。

当初より今日はリハビリに行く予定でしたが、
内科も受診して、喉の痛みや鼻の状態を訴えましたら、
立派な「風邪」と認定され、お薬もいただいてきました。

なにしろ、ハスキーボイスを通り越してほとんど声が出ない状態でしたので、
「私は泣いています」を歌うどころではなくなってしまっていましたから(笑)

夕食を終えて、食後の薬を飲み、一眠りして目が覚めてみると、
「あら、いつも寝る時間だわ」と、もそもそ起きてきました。

もちろん、またすぐ寝ますよ。
でも、今日はブログを更新していなかったので、書いておきます。


「久しぶりに風邪と認定されました。しんどいのでまた寝ます」

ウィルスか?花粉か? [健康]

昨日からのどが赤くなり、今日はハスキーボイスになっていました。

会社で電話に出ても、応対がけっこうたいへんでした。
声がかすれるので、相手が聞き取りにくかったみたいです。。。

りりぃの「私は泣いています」歌っちゃいますよ~♪
 ↑ 知っていますか?(笑)

鼻水も出て・・・風邪だと思いますが、
花粉症?と、一部の人は喜ぶのです。
仲間が増えると(笑)

でも、花粉症の鼻水は、限りなく水に近いと言いますので、
私のは、ただ単に風邪のウィルスのせいだと思います。

熱はないのですが・・・インフルエンザB型は熱が出ないそうで、
もしかしたら、そちら???

どっちにしても、早く寝てしまおうと思っています。

日付が変わったら、寝ます♪

おへそ [健康]

へそで茶を沸かすと申しますが、おへそは馬鹿にしたものではありません。

生まれてこの方、私は経験ないのですが、
ビキニなんか着たら、おへその形や位置、そして深さは大切な要素です(笑)

冗談はさておき、おへそは胎児の時代に、
お母さんの子宮とつながっていた名残ですよね。

私たちはどんな人間でも、母体から栄養をもらって大きくなったのです。
外界に出て、肺で呼吸する準備ができるまで、
内臓が発達し、人間として生活できる体になるまで、
まずそこで、育ててもらっていたのです。

数え年というのは、生まれた時一つカウントしますが、
そういう意味なのですって。

まぁその点は、母に感謝しないといけないですね。。。


さて、生まれて来たら、一人前の人間として、
体の機能はそれなりに動かさなければいけません。
もうお母さんからの栄養はもらえません。

そこで、胎盤に繋がっていた臍帯を良い感じの場所で切って結びます。
この場所は助産婦さんやお医者さんが「てきとうに」決めます(笑)

結んでしまった臍帯は、そこから乾いてきてやがて何日かでポロリと取れます。
それが「へその緒」・・・傷から取れたかさぶたみたいなものなのです。

産婦人科では、それを名前を書いた木箱に入れてくださいました。

およそすべての人が、自分のへその緒をどこかに保管しています。
うちにも、私のも、子どもたちのもあります。

大切にしないといけないのでしょうが、
ただのミイラ化した皮膚片みたいなモノです。

後生大事にしまっていた母に渡され、
どんなすごいモノかと箱を開けてみて、汚いのと小さいのとで幻滅した中学生の私(笑)

大切なモノではあります。
本当に、人間(哺乳類)として生まれてきた証ですから。

だからどうということではありません。

今、リビングでいつものように、
「胴切り美女体勢」で眠っている息子のお腹を見て、
少しばかり、おへそについて考えてみたのでした(笑)


ところで、おへその中は相当汚いようです。
いろいろな菌の温床だそうで・・・ですよね、湿った洞窟の中みたいなものですから。

綿棒かコットンにベビーオイルでも染み込ませておへそに当て、
少し経ったら、そっとふき取ればきれいになります。

あまり触ると、他の部分よりも薄い皮膚なので、
炎症を起こしてもっと汚くなり、痛んだりしたら怖いのでご注意を!

セカンドオピニオン [健康]

膝は、実はまだ歩くと痛いのです。

行けばヒアルロン酸を注射しようと言われるので、
整形外科には行きませんでした。

別に、お断りすることはできるでしょうが、
気の弱い私のことですから(誰?笑ったのは!(笑))行きたくないのです。

20年近く、何かあるたびに行っていた整形外科ですが、
ちょっと今回は浮気して、セカンドオピニオンにしました。

別な整形外科に行ってみたのです。


すると、半月板が一部損傷していて筋も痛めているので、
こんなに長いこと痛かったようです。
いや、いつまでも歩くと痛みが走るので、半月板ではないかと思っていたのです。
弟が若い頃、半月板損傷で手術したのを思い出したからです。


電気をかけるところは同じでしたが、リハビリが違いました。
担当は女性でしたが、膝を左右比べながら、
丹念に施術してくれました。

先生も「最初は週に2回から3回来ると効果が倍増しますとおっしゃるので、
暇を見ては行こうと思いました。

カーブスと整形外科と、一日おきにしようかな。
 ↑ 謎のローテーション(笑)

健康診断の結果やいかに! [健康]

3月22日に健康診断をしまして、結果が今日来ました。

まぁまぁですね。
1492184186383.jpg

貧血気味なのと、視力が落ちているのでB判定でしたが、
これならまぁまぁでしょ?


相変わらず「鉄欠乏性貧血」ではないのです。
でも、白血球が多いワケでもないので、
美人がなると相場が決まっている「再生不良性貧血」などではないようです。
あ、やっぱり?(笑)

いつものことですが、
「今まで通りの規則正しい生活を続けましょう!」ですって。

うーん、ちゃんと寝てないけど、
おそーく寝ておそーく起きるパターンの、ある意味規則正しい生活しています。

このまままた来年の健康診断まで、この生活を続けることになります (^^♪(笑)

すごい! [健康]

カーブスに行ったら、コーチが感激したと話してくれました。

年齢の違うメンバーさんの数人が、いつも仲良しで、
「仲が良いようですが、どこかでお知り合いでした?」と聞くと、
「私たち、みんな〇〇地区なのよ。うちの地区の女性はほとんど来ているわ」
とのことでした。

その自治会では、健康のためにカーブスに通おうと、みんなで決めているそうです。
もちろん強制ではないでしょうが、やっている人がはつらつとしていたら、
誰でも「私も行ってみようかしら」と思うでしょうね。

私も、親知らずさんによくカーブスの話を聞いていて、
自分は運動が嫌いで汗もかきたくないからと躊躇していましたが、
結局、体を作ることの大切さを思い、入会しました。

実際にやってみたら、マシンも難しくないのに効果があり、
運動も汗も嫌いな私が、もう6年・・・よく続いています。

仕事を始めた時には、通うのが難しいかなと思いましたが、
最初に入ったお店が心地よく、あちこちに支店があるのに、
そこにとどまり、電車に乗って通っています。

今回のように膝を痛めても、そのあと頑張って筋トレしたら、
だんだん違和感が薄れてきている気もします。


まぁ、少しずつでも続けて行けば、少しずつでも筋肉がつくでしょう。

始めた頃は「やらないよりはマシ」と思っていましたが、
今では「やっただけのことはある」という考えに変わりました。