So-net無料ブログ作成
検索選択

信州小布施「北斎館」 [旅行]

長野旅行の最後に寄った小布施ですが、
逢瀬神社を詣でた後に、葛飾北斎の美術館を見つけて寄ってみました。
7.20.JPG

私は存じ上げませんでしたが、葛飾北斎は晩年をここ小布施で過ごし、
たくさんの浮世絵や肉筆画、祭屋台の天井画を残しました。

それらを集め、天井画が描かれた2基の祭屋台を展示して、
昭和51年(1976年)にオープンしたそうです。

美人画も花鳥風月も、本当にたくさんの肉筆画や浮世絵がありました。
7.20 (2).JPG
これだけ撮影OKでした♪


一泊二日でしたが、充実して楽しい旅行でした。

地図とコンパス講座の先生やメンバーのおかげです。
コンダクターのお姉さんも、佳くしてくれました。

時間さえ守れば、バスであちこちの目的地に連れて行ってもらえ、
トイレさえも心配ないのですから、充実した旅になることは間違いない!
横着な私にはツアーが合っているのかなと、つくづく思いました(笑)

逢瀬神社(長野県小布施町) [旅行]

先日、長野に旅した時「大人の休日倶楽部 趣味の会」ツアーの最後は、
小布施町でした。

小布施と言えば「栗」のイメージです。
600年の歴史があり、江戸時代には将軍に献上していたほどの立派な栗です。

栗のお菓子のお店に寄って、お土産購入タイム♪


・・・の前に、「地図とコンパス講座」の先生が、
ここに行きましょうとおっしゃったのが「逢瀬神社」です。

松川と千曲川の合流地点にここがあったことから、
逢瀬という名前がついたという言い伝えがあります。
IMG_0247.jpg

また「おうせ(あふせ)」という呼び名が、いつしか「おぶせ」になって、
小布施という地名になったとも言われています。
IMG_0257.jpg


それほどの歴史がある神社なのです。
IMG_0255.jpg
IMG_0253.jpg
この狛犬さんたちは、比較的新しいモノですね。


IMG_0250.jpg
ケヤキが立ち並ぶ、静かな境内・・・あまり大きくないですが、
雰囲気のある神社でした。

戸隠蕎麦 [旅行]

戸隠と言えば、お蕎麦

ツアーのお昼ご飯は、戸隠のお蕎麦屋さんです。

蕎麦がき、蕎麦の天ぷら、蕎麦のお饅頭と、お蕎麦尽くしでしたよ。
IMG_0240.jpg

お蕎麦が、コシがあって良かった~♪
IMG_0241.jpg

さて、ここは山の中腹にあるので、晴れていればこんな感じで見えるハズでした。
IMG_0242.jpg


くぅっ、現実は厳しいです(笑)
IMG_0245.jpg


まぁ、今思えば、お天気が悪かったのも、良い思い出です。
「あの時は雨で、せっかく戸隠まで行ったのに、山が全然見えなかったっけ」
なんてね。

地図とコンパスそして花 [旅行]

戸隠古道を歩いていたら、いろいろと珍しい花と出会いました。
それもそのはず、戸隠界隈は標高1200mを超えています。
高山植物ですね(普通の花もありましたが)


ガイドさんが戸隠について教えてくれながら、
「これは〇〇という花ですよ」と花の名前にも詳しくて♪

そのうえ、メンバーの中にもご存じの方がいらっしゃったのです。

私は、聞くたびに必死でメモに取って写真を撮って・・・でも、
雨の中歩きながらで、それも地図の裏側にメモしていたので、
後で読めなくて、それをまた調べて、苦労しました(笑)


印象的には、大きな花は咲いていませんでした。
時期もあるのでしょうが、高山の厳しい環境や気温の低さがあるのかしら???

これは「行者ニンニク
ギョウジャニンニク.jpg

クリンソウ
クリンソウ.jpg

コケイラン
コケイラン (2).jpg

ナルコユリ
ナルコユリ (2).jpg

ヤマオダマキ
ヤマオダマキ.jpg

ギンリョウ(銀龍と書いて、ぎんりょうと読むそうです)
銀龍(ぎんりょう) (2).jpg

ハクサンタイゲキ
ハクサンタイゲキ.jpg

シシガシラ
シシガシラ.jpg
シダの一種ですが、先っぽの丸い部分が獅子頭に似ているからだそうです。


小さいけど、よく見るときれいで、しっかり自己主張しています。
山のお花は強い!

さぁ、地図とコンパス [旅行]

小雨の中、いよいよ出発です。

奥社への道に入り、地図ポイントをたどります。

コンパス(方位磁石)を構えて地図を見ると、
好きではない地図が、今までと違う目で見ることが出来ました。

「縮尺は15000分の1ですから1㎝は何メートルでしょう?」
から始まって、コンパスの北を地図と合わせて歩きます。

第一のポイントは「女人堂跡」でした。
女人堂跡.jpg
昔、戸隠は霊場として女人禁制でした。
女性は不浄と思われていた時代です。

ふぅん、男性はさぞかし清潔だったのでしょうねぇ"(-""-)"

それで女性は、この女人堂から上を仰ぎ礼拝して帰ったそうです。


ところが、一人の比丘尼(尼さん)が戸隠にやってきて、
女人禁制にも関わらず、「女人堂」を超えてさらに奥に入ろうとしました。

でも、少し進んだところで、急に倒れ石に変わってしまったのです。

それがこの2つ目のポイント「比丘尼石」
比丘尼石.jpg
左側の大きな岩です。
女性が変身したにしては、ずいぶん大きな石ですね。


3つ目のポイントは「公明院」
こんな塔や古い像を見て、
公明院 (2).jpg
公明院 (3).jpg
このお堂を見ると、ちょいと違和感を禁じえません。
公明院 (1).jpg
ピカピカの屋根・・・チタンだそうです。
萱や檜皮ではなく、チタン葺きの屋根?
うーん、いくらかかったのでしょう(あー庶民(笑))


4つめのポイントは「孝子稚児の塔」
孝子稚児の塔 (2).jpg
この伝説がひどい('_')

ある夫婦が養子をもらって、平和に暮らしていました。
子どももそこそこ大きくなったところに、奥さんのところに手紙が来ました。

夫は、男からの手紙じゃないかと勘ぐってしまいますが、自分は字が読めません。
それで、奥さんの前で養子に「これを読んでくれ」と頼みます。

奥さんは真っ青になったそうですから、手紙の内容は察しが付きます。
でも子どもは賢かった・・・内容を巧みに変えて夫の疑いを晴らしたのです。

子どもはそんな暮らしで気を使いすぎたのでしょう。
早くに亡くなってしまいます。

村人たちはそれをたたえて、のちにこの塔を建て供養したということです。
孝子というのは、女の人の名前ではなく「孝行な子」という意味です。


さて、そんなこんなで随神門に到着しました。
随神門 (1).jpg
随神門 (2).jpg
ここからいよいよ、奥社への道です。


ところがっ!
奥社までは、山道をさらに登らなければなりません。
片道1時間もかかります。

私たちは、他の「大人の休日倶楽部」の人たちと同じツアーですので、
あまり時間は取れません。

それと、雨で地盤が緩み、道はかなり険しいです。

「今回は断念しますが、いつかみんなで奥社まで行きましょうね!」
と誓いあって、随神門からちょっと入り、杉並木を拝んでUターンしました。
随神門 (3).jpg


IMG_0232.JPG

戸隠を歩く「地図とコンパス講座」 [旅行]

雨の中を、バスで1時間ほど移動すると、ほどよく曇り空でした。
まぁ晴れませんでしたが、ほどよく曇り、
たまに小雨がパラパラと降り注ぐ、涼しい日でした。

講座の先生が地図を配ってくださって、
1499704022125.jpg
こんな地図です♪

持参したコンパスを使って、森の中を探検したのですが、


・・・少し昨日の疲れが残り、眠いのでまた明日♪

朝食バイキング(立山プリンスホテル) [旅行]

旅行の楽しみはお食事です。

立山プリンスホテルは、夕食も良かったけど朝食も美味しかった♪
IMG_0136.jpg

バイキングだとつい欲張って取る悪い癖ですね(笑)
IMG_0138.jpg

でも、さすが信州、「お漬物バイキング」のコーナーがありましたよ。
IMG_0137.jpg

私は漬物はあまり食べない主義ですが、
夫など喜んで、一通り貰ってきちゃいました。
いくら美味しくても、塩分の摂り過ぎになりますよねぇ(*_*;

さて、私たちは2日目のイベントに出発するワケですが、
前日からの雨が止まず、川は増水した濁流で、
IMG_0139.jpg

せっかくの北アルプスの山々は、まーったく見えません(T_T)
IMG_0141.jpg

それでも私たちは、明るく前向きな先生のご指導のもと、
地図とコンパスを手に、バスに乗って戸隠に行ったのでした~♪

「大人の休日倶楽部趣味の会」親睦会「立山プリンスホテル」 [旅行]

ホテルでは、夕食の時に親睦会が催されました。
IMG_0126.jpg

今回、長野に集結した「大人の休日倶楽部 趣味の会」は300人弱居ました。
IMG_0127.jpg

その趣味は多種多様にわたり、各講座の先生たちがご挨拶してくれたのですが、
聞いているとなかなか面白かったです。

「手相」「仙台・手相」「仙台・スケッチ
「スケッチ」「フラダンス」「オカリナ演奏」「詩の朗読」
うーん、講師の先生がご挨拶したのだけでも20近くあったのですが、
何しろ忘れっぽい私のことです。

後は忘れてしまいました。。。(笑)

みんな自分の講座の先生が挨拶に進み出ると、やんやの大喝采♪

料理もさることながら、それも楽しかったです。
IMG_0128.jpg

それがね、お料理の写真・・・誰も撮っていなかったので私もすっかり忘れていました。
IMG_0129.jpg
本当に、ブロガー失格です(T_T)

IMG_0130.jpg
IMG_0132.jpg
これ炊き込みご飯、美味しかったです♪(でも食べかけ(笑))

IMG_0133.jpg



IMG_0131.jpg
大町町長さんからもご挨拶をいただきました。

地図とコンパス講座 見たモノは? [旅行]

一日目の「大人の冒険」で見たモノは、
大町の方々が旅人を楽しませようと、辻々に設置した道祖神でした。
1499186892698.jpg

昔設置され、今も道端にある道祖神とは、少し違います。
「平成道祖神」と呼ばれている新しいモノなのです。

①はこれでした。
IMG_0097.jpg


IMG_0099.jpg


IMG_0100.jpg

④は道祖神ではなく、湧き水でした。
IMG_0103.jpg
飲んでみましたら、カルキ臭はまったくしない(当たり前か!)美味しいお水でした。
かすかに甘みを感じるほどです。

この湧き水には、町に伝わるエピソードがありました。

町の言い伝えとは・・・「女清水と男清水」の物語
昔のこと、町の中央を南北に割って走る通りの東西で、人々の飲む水が違っていて、東側は東山の居谷里という池の湧水を、西側は北アルプス白沢の湧水を使っていました。ところが東の集落では女の子ばかりが、また、西の集落では男の子ばかりが生まれてくるのです。いつしか人々は、居谷里の水を女清水(おんなみず)、白沢の水を男清水(おとこみず)と呼ぶようになったといいます。  困った人々は町の真ん中に川を作り、両方の水をひとつに合わせ流すことにしたのだそうです。それからは、更においしくなった水の流れる川の両側で、人々は幸せに暮らすようになったとのことです。めでたし、めでたし。

⑤は「泉嶽寺(せんがくじ)」大町温泉郷の守護寺だそうです。
IMG_0119.jpg

⑥は道祖神
IMG_0120.jpg

歩いている間も雨は降り続き、
増水した高瀬川は、あまりにも激しい流れに煙っています。
IMG_0106.JPG
IMG_0111.JPG

そして最後⑦は、宿泊する「立山プリンスホテル」でした。
見てください、この熱烈歓迎♪
IMG_0122.jpg

さて、「大人の休日倶楽部 趣味の会」のいろいろな講座の面々が、
夕食は一堂に会して300人・・・壮観でした。

明日はお料理[黒ハート]

雨の中でも楽しもう「地図とコンパス講座」 [旅行]

ホテルの傍でバスを降りた後、講座の先生が、
「雨が降ってますけど、少しやってみましょう」
と提案してくれました。

配られた地図には、印がついています。
1499186892698.jpg

ウォーミングアップには最適な、一本道のオリエンテーションですが、
けっこう雨が降っていましたので、ちょうど良かったです。

それにそのまま道なりに行くのではなく、ご覧の通りの番号順に回りました。

傘とコンパスと地図を持っていたので、写真は撮れませんでしたけど・・・。
生徒9名に、先生とツアーコンダクターのお姉さん、
総勢11名でぞろぞろと、雨の中を歩きました。

方向音痴の私にピッタリの講座でした。
地図に方位磁石を乗せて北を確認して、その方向に地図を回すのは、
なんと、私のやり方と同じ(笑)

1時間半時間があったのに、スムースにポイントが見つかって、
早めに終わってしまいそうになり、それではなんだかつまらないと、
「少し道に迷いましょうか♪」なんて、迷走したりしながら、
みんなで和やかに楽しく予定のポイントをクリアして、
一度、前を素通りしたホテルに入りました。

雨で、靴に水が入って気持ち悪くても、楽しくクリアできたのは、
講座の先生のおかげです。

明るい性格で笑わせながらも、要点を抑え教えてくださいました。

地図をコンパスで方角を捉え、縮尺でだいたいの距離を読みながら歩くのです。

面白かったなぁ~♪


この日はホテルに着いても雨は降り続き、結局翌朝も雨だったのでした。

続く