So-net無料ブログ作成
検索選択
ふるさと ブログトップ
前の10件 | -

浦和レッズ創業25周年 [ふるさと]

いつものように、伊勢丹浦和店に入ると、真っ赤な光景が♪(笑)
正面玄関のところの催しスペースで「浦和レッズ25周年展」が開催されていました。
1497435147720.jpg

伊勢丹のHPから・・・。
チームの変遷や25年の歴史がわかるパネル、Jリーグ開幕時のユニフォーム、浦和レッズが獲得したトロフィー・カップなどを展示いたします。また浦和レッズグッズの販売のほか、会期後浦和レッズに進呈する応援メッセージ用フラッグもご用意します。この機会にぜひ伊勢丹浦和店にご来店ください。

浦和レッズファンの方々、
6月14日(水)~6月20日(火)まで各階で展示があるそうですよ♪

いってきま~す! [ふるさと]

明日はお休みなので、妹と子どもたちと実家に行ってきます。

ちなみに夫は研修旅行中です。

息子の車で日帰りの忙しさ。

施設に入っている母と会って、お墓参りしてきます。


ではまた明日♪

わっしょい、わっしょい! [ふるさと]

浦和のイトーヨーカ堂に行きましたら、お神輿がありました。

24日がお祭りだからです。
お神輿.jpg

私は根が陽気なのか、お祭りが大好きです。

まぁ、誰に言っても賛同を得られたことがない「人混み大好き」というのも一因です(笑)

今週末は、浦和踊りに繰り出そうかな♪

機関車頑張れ! [ふるさと]

先日、中央区役所の前にあるキューロク機関車のことを記事にしました。
 → その記事がこれ

偶然なのですが、私が記事を書いた7月9日に新宿で集会がもたれ、
保存の専門家や、保存賛成の人他が集まって相談されたそうです。
「39685号機解体凍結に向けての懇親会」

これで、いい方向に向きそうな予感♪

機関車救済キャンペーン


ミニ浦和うなこちゃんのその後 [ふるさと]

別所沼公園に居たミニ浦和うなこちゃんは、去年の11月中旬、忽然と姿を消しました。
 → 前回の記事

その後、別所沼の底をダイバーが探しましたが、見つかりません。

いったいどこへ行ったのでしょう?


そして先日、ミニ浦和うなこちゃんの居た場所を通ると、
数人の大人たちが周りを取り囲み、残っている台座の写真を撮ったり、
いろいろな角度から見ながら、何やら語り合っていました。

それから数日、またその場所を通りますと立て看板がありました。
うなこちゃん (2).jpg

寄ってみると・・・、
うなこちゃん (1).jpg

とうとう、元のうなこちゃんを探すのを諦めて、
7月30日に新しいミニ浦和うなこちゃんを設置することになったようです。

元のうなこちゃんがもしも戻ってきたら、傷ついちゃいますよねぇ(笑)
「あら、私の場所が無くなってる!」
でも、戻ってこないのでしょうか?
どこかで幸せに暮らしているのなら、良いのですが・・・。

さようなら?機関車 [ふるさと]

さいたま市中央区役所前にある、9600型蒸気機関車くん。

機関車 (3).JPG
キューロクと呼ばれた「39685号機」は与野市時代から住民に親しまれてきました。
私も、市役所に行くたびに子どもに見せた思い出があります。

大正9年に製造され昭和46年の引退まで、
約52年にわたって貨物列車用蒸気機関車として利用されてきました。
距離にして250万Km、地球約62周分を走ったそうです。

そして、昭和47年に、ここに落ち着いていたのです。


ところがこの機関車が、老朽化により、
錆や腐食、塗装が剥げたり、雨だれの痕がひどくなってきました。

よく見ると、確かに・・・。
機関車 (1).JPG

さいたま市としては、危険を考えるともうこれ以上ここに置いておけないとして、
解体を決定しました。


例えば、鉄道博物館にそっくり移動して展示してもらいたいと思っても、
移動には莫大なお金がかかるし、
ボイラー部分に亀裂も見られることから、実は移動も難しい状態なのだそうです。

資料的価値がある部品は、鉄道博物館等の必要とするところに、
無償であげるそうですが、この全体的な雄姿が良いワケですし。。。

なんだかとても寂しいです。
なんとかならないのかなぁ。
補修するのに、どのくらいのお金がかかるのでしょう?

見積もって、区民に寄付を募ったら集まらないでしょうか???

転校生うなこちゃん [ふるさと]

浦和駅西口前に居たうなこちゃんは、
地下道のために、一時移設することになりました。 →その記事

で、一時移設は、あっけなく終わり、
今日通りかかったら、予定通りの場所に収まっていました。
「地下道工事中はここに居ます。よろしくお願いします」と、
持っているうちわに書いてありました。
移設うなこちゃん.jpg
奥に見えるのが浦和駅です。
クレーンが見えますね、まだまだ工事中です。
ここに居るのは、来年の春ごろまでと発表されていますが、
工事の進捗状況によっては、少し前後するかも知れませんね♪

移設されたばかりのうなこちゃんは、転校生みたいに周りに馴染もうとしています。
地下道工事が終わったあと、どこに設置するかはまだ決まっていないそうです。

不安でしょうね。

前を通ったら、慰めや励ましの言葉をあげましょ♪

うなこちゃん移設 [ふるさと]

浦和駅西口にいる「浦和うなこちゃん」
12.4.JPG

駅前工事に伴って移設されるそうです。
地下通路が、東口のパルコの方まで繋がるという噂ですけど、
本当だったら便利になります。

で、雨が降らなければ24日の予定だったのですが、順延されたそうです。

駅前のロータリーをぐるっと回ったこちらに移動です。
うなこちゃん.jpg

その準備姿がこれ。。。
なんだか情けない姿ですが、移動先で元気な姿を見せてくれることでしょう♪うなこ.jpg

ミニ浦和うなこちゃん [ふるさと]

以前、浦和うなこちゃんの小さいのが、別所沼公園から連れ去られた記事を書きました。
→ その時の記事

浦和駅前にいるうなこちゃんは、2.6トンもありますが、
別所沼公園内「弁天さま」の入り口には、身長30cm体重18kgのミニうなこちゃんが居ました。

在りし日のミニうなこちゃん。。。(笑)
DSCF4743.JPG

ミニうなこちゃんが失踪したのは、去年の11月中旬。
ずっと見つかっていませんでした。

さいたま市では、28日土曜日に「うなぎまつり」という催しをします。

たぶん、主催者側がそれまでには戻してあげたいと思ったのか、
今朝のニュースで、昨日ダイバーに来てもらって別所沼を漁ったと言っていました。

実は、地元の私たちは
「勢いで台座から外してみたものの、意外な重さに別所沼に放り込んで帰ったに違いない」
と、噂していたので、ダイバーが潜ってくれたなら、見つかるだろうと思いました。

でも、出てこなかったそうです。
どこに連れ去られてしまったのでしょうね(ためいき)

ミニ浦和うなこちゃん、早く帰ってきてくれることを祈っています!

東北復興応援 [ふるさと]

宮城県石巻市・・・カーブスが応援している、東日本大震災被災地の石巻。
  → 去年の記事はこちら

毎年、復興を目指して各店が集合し、カーブスの石巻店のメンバーさんが箱詰めを手伝って、
こんな荷物を作っています。
DSCF0445.jpg

いろいろ詰め合わせてあって、こちらは4000円弱(忘れた(笑))
もう一種類、金華サバとか干物や冷凍のお料理
真空パックされた詰め合わせもあって、そちらは7000円弱だったかしら?


私は、お醤油やお味噌美味しいのでこっちにします。
DSCF0459.jpg
震災直後から続いていて・・・もう5回目ですね。

この昆布巻きも美味しいし、
DSCF0449.jpg
イワシの佃煮って、今年初めて入っていましたが、
夫が気に入って食べていました。
DSCF0447.jpg

普段私は缶詰を買わないのですが、
これらの缶詰は大根を煮たりするときに入れると、出汁が聞いて美味しいので使います。
DSCF0455.jpg
DSCF0457.jpg

一番上のに写っているお味噌汁が、思ったよりもずっと美味しくて感動モノでした♪


美味しくいただいて復興応援ができるなら、これ以上良いことはありませんね!
前の10件 | - ふるさと ブログトップ