So-net無料ブログ作成
検索選択

義母の思い出 [家族]

義母が、ガンとの闘いの末に亡くなったとき、夫の従姉妹が
「私の友達で伯母ちゃんと会ったことがある人が居てね、
『あの伯母ちゃん亡くなったんだ』と言ったら、その人が
『貴方のおばさん、私が今まで会った中で一番優しい人だった』
って言われたよ」と涙ぐんでいました。
私も思わず涙が出ました。

そのぐらい穏やかで優しい人でした。


冒頭で「がんとの闘いの末に」と言いましたが、
淡々と病気を受けとめ、淡々と治療や検診に通い、淡々と過ごしていました。

だから、周りの人間も変に深刻ぶらず、ただ協力体制をとっていました。

不安もあったと思います。
でもそれを隠して、いつもニコニコと微笑んでいました。

「優しくしよう」「淡々と過ごそう」と思っても、
なかなかそうできるものではありません。

本人の心持ちが、もともとそうだったからできたのでしょう。

でもね、ただ優しいだけではなかったのですよ。

実家のことでも、義父の兄弟のことでも、苦労したことがあって、
そのエピソードを話してくれるとき、
人並みに批判したり、あの時は悲しかったと言うこともありました。

そんな時に見せる、ちょっと悲し気な顔や茶目っ気のある顔は、
私だけが知っていると自負しています。

それだけ、仕事で出かけている夫よりもずっと長いこと、
義母と私は、いろいろなことを話して過ごしましたから。

彼女が生きていたら・・・と今でも思うことがあります。
私だって、義母に愚痴を聞いてもらったり、昔話をしたりして、
とても楽しい日々だったからです。

そう・・・ご存じの方も多いですが、義母は私の父の姉(つまり伯母)ですので、
父方の親類の話は共通の話題でした。

私の知らなかった父の幼少の頃の話とか、
私の大好きだったおじいちゃんの話とか、
叔父叔母の小さなエピソードは新鮮でした。

まだまだ聞きたいことがあったのに、話したかったのに、
ちょっと体調を崩して入院したと思っていた義母は、
急に容態が悪化して亡くなりました。

お医者さんはおっしゃらなかったけれど、
ガンが義母の体中を着々と蝕んでいたのです。

今のお医者さんは、簡単にガンを告知しますが、
こうして、本人や家族のショックを和らげるために、
少し下回った話し方をすることもあるのですね。

若い人ならきちんと告げて、手術や治療を徹底するのでしょうが、
義母が80歳を超えていたからかも知れません。

ただ、そうと知っていたら、もっともっと話したかったと思うのです。


なんだか脈絡のない話ですが、実母よりも好きだった義母の話でした。



今度は実母の思い出
止めましょう。
親のことを悪く言うのは、聞いて(見て)いても楽しいことではないでしょうから。
nice!(4)  コメント(2) 

お墓参り [家族]

今日は、家族全員そろってお墓詣りしました。

雨だったせいかお墓参りの人も少なかったと、
お寺の奥様がおっしゃっていましたが、涼しくてちょうどよかったです。

というのは、行くたびにうちの墓地にある樹を剪定することになっていて、
暑い時はそれがつらいのです。

暑くてたまらなくても、ある程度格好がつくまで切らないといけません。

終わってから、お墓の掃除をしてお花を供えてお線香をつけてとなると、
時間がかかるし、けっこうつらいモノがあります。

ですから今日は、バッチリでした。

それに、いつものお花のはさみだけでなく、
今回は夫が大きな剪定ばさみとノコギリも持参したので、迅速に済みました♪

それに、娘や息子もお墓の掃除をしてくれました。
大好きだったおばあちゃんやおじいちゃんが眠っているのですものね。
お線香.jpg


ところで、うちのお墓の隣に、夫の叔父のお墓もあります。

お彼岸やお盆に行くと、従弟が先に来ていてお花を供えてくれていたりするので、
うちも2対用意して、行くと叔父のところにも供えます。

ところが、最近従弟が来ている様子が無いのです。
従弟夫婦川崎に住んでいまして、車で一家でお墓参りに来ていたのですが、
今は、同じ川崎の奥さんの家に住んでいるようで、
何かと気兼ねで、奥さんのお尻に敷かれていてなかなか来られない?(笑)

そういうワケで、いつも2つ分お掃除して2つ分お参りします。


お盆の一大事業は、こうして終了しました。

お休みは15日までですので、あと1日!
nice!(3)  コメント(0) 

だれにだっておたんじょうび [家族]

8月11日は娘の24回目のお誕生日でした。

当日は、外食に行ったのですが、
(先に言っちゃいます)写真を撮り忘れました"(-""-)"(笑)

デザートを食べなかったので、ケーキは次の日の今日に回し、
今日は伊勢丹に買いに行きましたが、遅く行ったせいかあまり残っていなかったの。

割合、オーソドックスなケーキを好む我が家にしては、
こんなかわいいのを買ってきたのは、そのおかげです♪
ゼリー (2).JPG
白にドットは、ヨーグルトムースにリンゴのゼリー
赤い方は、二色のグレープフルーツゼリー

横から見ると、こんな感じ。
ゼリー (1).JPG
FLOのスタージュレというシリーズで、
もう一種類、コーヒーゼリーもありましたよ。

さっぱりしたゼリーは、夏向きですね。

みんなで美味しくいただきました♪

改めまして・・・「娘よ、お誕生日おめでとう♡」


nice!(7)  コメント(5) 

義父の思い出 [家族]

父のことを書いたので、今度は義父のことです。


義父は立派な実績に基づく地位を持っていたので、
最初は近寄りがたい印象でした。

でも、家に居ればただの人間で、特に義母とのやり取りは面白かったです。

いつも真面目な顔をしていましたが、これが結構お茶目なところもあり、
基本は、ユーモラスな人間だったようです。


ただ、耳が遠くて往生しました。
何か用があって話しかけても、ちっとも聞こえていません。

大きく口を開けて大きな声で言っても「何を言っているかさっぱり分からん」
と言われて、情けない思いをしました。

それなのに、私よりも声のトーンが低く小さな声の義母が何か言うと、
ちゃんと受け答えをしているのです

長年連れ添った妻の言葉は、ちゃんと聞こえたのですね。

それと、これは声の周波数にもよるようで、
よく「モスキート音」が若い人にしか聞こえないと言われますが、
それと同じ理屈で、義父には聞こえやすい声と聞こえにくい声があったようです。

何しろ、みんなでワイワイ話しているのに、
娘の方を見て「お前はうるさいな!」と言うので、娘がよくふくれていました。
「みんなで話しているのに、なんで私ばっかりうるさいって言われるのよ!」ってね。

それはたぶん、娘の声が義父に聞こえやすかったのでしょう。


義父は煙草が好きでしたが、晩年は「COPD(慢性閉塞性肺疾患)になっていたのと、
義母が喘息持ちだったので、煙草はその両面から禁止されていました。

ところが、2階の書斎から降りてくると煙草の臭いがして、
義母がよく「お父さん、煙草はダメですよ!」と怒っていました。

義父としては苦肉の策だったのか、足腰が弱ってからも散歩にはマメに出かけ、
帰ってくると、これもまた煙草の臭いをまとっていました。

でも、持ち物に煙草はありません。

後で知ったことですが、いつも行く煙草屋さんで一箱買い、
その場で1本吸って、残りは「捨ててくれ」と置いてきていたのです。

もったいないのと、体のためを思っていたのに通じていなかったことで、
それを知ったときは、義母もだいぶ悲しい思いをしたようです。


7人兄弟の一番上で、出世頭。
・・・ずいぶんとプレッシャーもあったことでしょう。

ものすごい努力家だったと義母は振り返っていました。
そして、義母を愛していました。


私の中で、夫婦の形の理想は、実の両親ではなく義父母です。

私は、実家の両親よりもこの2人が好きで、
結婚してからの方がずっと安らいだ気持ちでいられました。

もちろん、夫の存在も大きかったのですが、
言いたいことを言い合っても穏やかに和やかに暮らす二人の存在が、
一緒に居ると安らげました。

夫とも、あんな風に共に年を重ねていきたいと思います。
nice!(4)  コメント(2) 

父の思い出 [家族]

「寺内貫太郎一家」というドラマが昔ありました。
太った作曲家の小林亜星さんが父親役で、それがとんでもない独裁者。
怒ると、卓袱台返し怒鳴る殴る蹴る・・・今だったら、DVと呼ばれ、
教育委員会や母の会から、放映停止を申し立てられるようなドラマでした。

うちの父は、あれを地で行く人でした。
すぐにカッとして、寺内貫太郎状態に陥ります。
(っていうか、父の方が先でしたけどね)

母だろうが娘だろうが、怒鳴る殴る蹴る((+_+))

手近にあるものを投げるのも日常茶飯事で、おでこにぶつかったり、
背後のガラスが割れたり、いつもひどい目にあっていました。

弟が生まれたころから、徐々に治まってはいたものの、
その嫌な思い出から、父親は煙たい存在でした。

表向きは、歯医者だった父は地元の名士でしたし、
見た目も悪くなかったので、なんとなく自慢の父でした。

そのせいか、言葉の暴力をふるう母よりも、
直情径行型の父の方がマシな感じ(低レベルな比較!)で、
私も妹も、少しファザコン気味だった気がします。


そんな父は、お酒も毎晩浴びるように飲むしチェーンスモーカーだったので、
当然の帰結で脳梗塞になり、救急車で搬送され入院しました。

父は地元の大きな病院に66日間入院しましたが、
母と、仕事をしていた私と妹とが交代で夜も付き添いました。

病院に泊まらない日は、前の大きな道からバスに乗って帰るのが常でしたが、
数日目に、ふと病室が表側だったことに気づき振り返ってみました。

すると、6階の端の病室から、
窓辺にあるベッドの上で父が手を振っているのが見えました。

わがままで自分勝手で乱暴で、そんなことをする人ではなかったので、
不意を突かれて、胸が詰まりました。
病気をして、気が弱くなったのでしょう。
応えないのも冷たいかと思い、私も手を振りました。

それからは、家に帰るときにはバス停から6階を見上げて、
父と手を振り合うのがルーティンになりました。

30歳を過ぎてから、父とあんな交流をするとは思いませんでした。

片側にマヒが残った父は、それから20年近く寝ついて亡くなりましたが、
最後までボケもせず、怒鳴る殴る蹴るもせずに穏やかに逝きました。

小さい頃は可愛がってもらったのに、いつのころからか暴君の印象が上書きされて、
病気をしなかったら、父の思い出は嫌なままだったことでしょう。

人生、何が幸いするか分かりません。。。
nice!(5)  コメント(2) 

お祭りか、お買い物か? [家族]

今日は午前中、自治会の役員会で、その後時間のある人たちでランチに行きました。

夕方から時間が空いていたので、娘と出かけようということになりました。

さて、どこに行こうか???

今日は、小雨が降ったりやんだりの曇り空で、
いくらかしのぎやすい日でしたので、散歩がてら歩こうかと思いました。

おーそうだ、今日は私の好きな浦和お祭りで、お神輿渡御です。

あちこちの町から、お神輿が30近く、中山道をわっしょいと流します。

ところがっ、私はお祭り大好きですが、娘は違います。

人がいっぱいいるんでしょう?
暑苦しいじゃん。
あっち(約30分)まで歩く気力が無いぃっ。


んーそうか、じゃ武蔵浦和にお買い物に行こうか?
んー、あっちまで歩く気分じゃないわぁ。

いや、散歩がてら歩くのが目的だから!

買い物に行こう。
欲しいモノがあるって言ってたじゃん。

会社の帰りに、よく武蔵浦和で娘と待ち合わせることがありますが、
じっくり買い物をする時間はありませんので、
今日は絶好のチャンスでした。

ま、そんなワケで、私は歩かせたい。
娘は買ってもらえる。

需要と供給のバランスがとれたのです(笑)


・・・で、夫もお出かけでしたので、夕食を済ませて帰りました。

それなりに充実した一日でしたとさ。

今日は夫の栄養指導 [家族]

夫の糖尿病のかかりつけ医では、
栄養士の先生が栄養指導をしてくださいます。

まぁつまり端的に言えば、糖尿病の人は
何を食べたら良いか何を食べちゃいけないか?
そのために、ふだんどんな食生活をしているか話して、
それのどこが良くないか分析してもらえます。

朝食と夕食は私が作るので、
私も一緒にご指導を受けます。

たんぱく質は必要だけど、食べ過ぎない。
糖質だって必要だけど、食べ過ぎない。
ビタミンだって必要だけど、食べ過ぎない。
油だって・・・しつこい?(笑)

だいたいのことはお勉強したので知っていますが、
専門家に指導を受けると、そのことがしっかり見に染みる気がします。

それに、私が普段いろいろ言ってもきかない夫が、
先生に言われると「あーまほが言ってた通りだな」と納得できるようです(笑)

効果絶大♪(^^)/

血糖値ほか、だいぶ改善していますので、
このまま頑張ってくれると良いです。

お誕生祝いのディナー [家族]

義父母が生きている時代、
誕生日祝いは、みんな集まってお寿司とケーキにワインでした。

お寿司はいつも出前してくれるご近所のお寿司屋さんが、
車で10分のところに店を構えてからも、もう30年以上頼めば出前してくれます。

でも、スポンサーだった義母が亡くなってからは、その回数が減りました。
まぁそのぉ・・・経済的な問題で、毎回は頼めなくなってしまいましたから(笑)
DSCF2829.JPG
でも、久しぶりに食べても、ここのお寿司は美味しいです。
私はウニに当たってからはいくらに変えてもらっていますが、
ウニも美味しかったのです。。。

そして、ケーキも切る手間や量が多すぎるのとで、
ホールで買わなくなってしまい、カットケーキです。
DSCF2833.JPG
このお皿も、母屋にあったのになぜか義父がこの模様を嫌い、
使うなと言うので、私たちがもらって使うことになりました。

お誕生日の時には、もちろん義父も来ていたので絶対に出さなかったのですが、
今は、取って置きを奥から出すのが面倒で(笑)、これを使ってしまいます。

ワインも、夫や息子はそんなに好きではなかったらしく、
娘は禁酒ですので、私一人で開けるのも面倒で(またか!(笑))出なくなりました。

私は梅酒ロックで飲んだり、今回は息子がつきあってくれましたが、
普段ならビールや缶酎ハイを買ってきて飲んだりします。
夫は焼酎を飲んだりして、各自が好きなものを選びます。

考えてみれば、義父母が亡くなってから、何度も家族のお誕生日を迎えましたが、
今回改めて見直してみると、ずいぶん変わったモノです。

食べるものはお寿司とケーキという組み合わせで、
それは変わらなくても、雰囲気が変わりました。

変わっても良いのです。
人は変わっていくものですから。

6月30日は息子の誕生日。
27日と30日なのでどうしても合同の誕生会になり、ケーキを1回損すると、
小さい頃、よく文句を言っていました(笑)

せっかくカットケーキにしたのですから、今日もケーキを買ってこようと思います♪

帰郷 [家族]

これが私のふるさとだ
さやかに風も吹いている
  心置きなく泣かれよと
  年増婦(としま)の低い声もする

ああ おまえはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に云う

中原中也の詩です。

故郷とはどういうモノなのでしょうか?
ろくでもなかった父の法事が執り行われ、
わがままな母がやってきて、なんだかんだと言うのです。

まぁ、今の私は何を言われても平気です。
相手は足腰が弱っています・・・喧嘩をしてはいけませんから(笑)


それはともかく・・・法事は滞りなく終了し、記念撮影です。
DSCF9263.JPG
姉妹に弟やその家族と、従姉妹、弟の嫁さんの家族と、
家族ばかりのささやかな法事でしたが、そのあとがお楽しみ♪

もう創業50年は超えているでしょう。
地元では有名なお店です。
カニ中心のレストラン「メヒコ」(メキシコという意味だそうです)
DSCF9290.jpg

ここはフラミンゴを飼育していて、それを見ながら食べるという趣向です。
DSCF9277.jpg

このお店は他にも「モンキー館」と「水族館」がありましたが、
今は「フラミンゴ館」だけ生き残っているようです。

まぁ、子どもの頃モンキー館に行ったことはありますが、
同類を見ながら食べるのは、ちょっとキツいです(笑)

窓の外を気にしつつ、オードブルから出てきたのをいただきます。
DSCF9269.jpg
久しぶりに、新鮮な魚介類が美味しかった。
DSCF9271.jpg

このお店の呼び物、「カニピラフ」です。
昔はカニの足がドカーンと乗っていたものですが、
今回は剝いてあるモノを注文してくれました。
カニを食べると無言になり、せっかく家族が集まっても話せなくなりますからね(笑)
DSCF9272.jpg
これはコースの一部分なので、この程度ですが、単品だとすごい!

この倍の大きさのお皿に、ピラフがドッカーンと乗っていて、
その上にカニ足がドサドサ乗っていて、シュールな一皿でしたが、
そのカニピラフが美味しくて、殻をどんどん剥いて食べていましたっけ。

ステーキも出てきました。
DSCF9275.jpg
デザートのアイスクリーム・・・うん、simple is best♪(笑)
DSCF9286.JPG

前日お誕生日だった甥っ子は、店員さんたちに歌を歌ってもらって、
ろうそくの火を吹き消して、照れていました♪
DSCF9289.jpg
甥っ子よ、9歳のお誕生日おめでとう♡

みんなで行って、懐かしいお店でお食事をしてついでに(!)法事も執り行いましたし、
ハードな日帰りでしたが、楽しかったです♪

十三回忌 [家族]

今日は亡くなった父の十三回忌でした。
朝7時に出て法事を済ませ、
精進料理をいただきました。

久しぶりに実家の家族と会って、
食事をして充実していました。

でも、気が張るのセレモニーに疲れたらしく、
今日はもう寝ます。
詳細は明日。

またネットに繋がっていないので、
スマホからでした。