So-net無料ブログ作成

余裕 [家族]

今日のキーさんは、ネタが無くなりましたので昨日で終了です♪(笑)
関係各方面の方々、ご清聴(?)ありがとうございました。

たまにネタにすることもありますので、時々おいでくださいませ。

で、今回のことがあって、人間つくづく余裕というモノが大切だなと思いました。

自分や家族のことが落ち着かないと、
地域活動等、人のために活動する余裕がなくなります。

もちろん、仕事は続けていましたので時間的にもかなりタイトでしたが、
それにも増して、気持ちの余裕がありませんでした。

毎日毎日、横目で見て通っていたけやき広場のイルミネーションが、
私の目に美しいという認識で映っていませんでした。

目には入っていますが「あら、光ってるのね」と病院に急いでいたのです(笑)

だから、親知らずさんと時間を合わせてお目にかかり、
彼女が「綺麗だねぇ!」とカメラを構えるのを見て初めて、
「あー綺麗だったのね」と思ったのです。

入院期間はちょうど3週間。
その間ほとんど毎日見ていたのにね。


カーブスもそろそろ再開したいと思っています。
筋肉が落ちたのが分かります。

足も傷めたので、膝周りに筋肉をつけないと。
それと、全体的に・・・。


体力付けて、余裕も身につけて、また頑張ろう!
nice!(3)  コメント(2) 

今日のキーさん11/15 [家族]

今日は、会社を休んで、夫の退院後初の外来に付き合いました。

レントゲンや血液検査の結果は良好。
あとは、紹介状を書いてくれて近くの病院に行きなさいということでした。

酷い時のレントゲン写真で、肺が真っ白に曇っていたのが、
今はちゃんと肺の形に見えます。

肋骨はくっつくのを待つだけで、
痛みが消えるまではしばらくかかりますが、他はバッチリだそうです。


午後からは、糖尿病の主治医先生のところに行きました。
先生は「いやぁ、元気そうでよかった。
実は車いすで(診察室に)入ってくるのを想像してました」
事故の時のケガの診断書を見せて、しばらくどうしたこうしたとお話して、
お薬を貰って帰って帰りました。

さすがに今日はタクシーでしたが、
2件もお医者さんに行って、夫も疲れたことでしょう。
今夜は、10時ごろにはもう休んでいました。


そして私も疲れました。
夫の入院していた病院に外来で行ったあと、夫を家に残して、
別な病院に行き、ちょっとした診断書を貰ってきて、
その後、夫の糖尿病の先生の所に行き、
さらに、一度帰宅してから、私の整形外科に行きました。

4件もお医者さんをハシゴするなんて、新記録です♪(笑)
nice!(4)  コメント(0) 

今日のキーさん11/14 [家族]

そろそろ、ネタが尽きてきた「今日のキーさん」
要するに、ふつーに戻ってきたということです。


数日前、所轄署から自転車を返しますので取りに来てくださいと連絡がありました。
今日は息子が休みだったので、行かせることにしました。

ついては、夫からも一応聴取したいので、出来たら来てくれということでして、
夫も一緒に出かけました。


さて、夫からメールが「初めて調書を見ました。署名と拇印やりました」
だいたいの人は、警察の調書なんか見たことないですよね。
拇印を押すのも、そうそうあることではありません。

良い経験をしたわけです♪


で、自転車です。
電動アシスト付き自転車は、大きくて重い。
息子の車はアクセラスポーツ、そんなに車内は大きくない。

助手席まで倒せば、もしかしたら乗るかも知れないけど、
自転車が乗ったら、夫が乗れないです。
息子が自転車に乗って帰ったら、車を運転する人がいなくなる。
あ、夫が自転車で帰れば・・・ん?違う違う(笑)

見かねた警察の人が届けてくれたそうです♪
息子の車に、警察のライトバンが付いてくる形になったのですって。


そんなこんなで、事故以来警察に預かられていた自転車は帰ってきました。
でもやっぱり、夫と共に叩きつけられたので、
フレームは一見だいじょうぶですが、車軸が曲がっているみたいです。

フレームに関しては、警察の方が言ってました。
前に自転車同士の衝突事故があったとき、フレームはなんともなかったのに、
後日、急に折れたということがあったので、自転車屋さんに診てもらってください。

肋骨が治るまでは、自転車に乗るのは難しいでしょうが、
夫の足となって働いていた愛車です。

これは弁償してもらわなくっちゃ。。。
nice!(3)  コメント(2) 

今日のキーさん11/13 [家族]

今日、私も子どもたちも全員仕事でしたので、
昨日退院して、今日夫を一人にするのはとても心配でした。

どこかでこけたらどうしようとか、階段から落ちたらたいへんとか。

私が休めばよかったのですが、今日は会社で大切な会議があり、
担当が私なので、休むのはマズかったのです。

しかたなく「電話、ちゃんとガウンのポケットに入れておいてね!」
と言いおいて、出かけました。

ポケットに入れておけば、いつも不携帯電話の夫でも、
さすがに返事があると思ったのです。

夫はいまだにガラケーなので、たびたびショートメールでやり取りしていたのですが、
午後のある時間、まったく応答がなくなりました。

きゃーたいへん。
転んでまた肋骨を傷つけて動けなくなっているのではないかとか、
あーんなことやこーんなことを想像して、
どうしよう、早退して行こうかなと思い始めたころ、
「別所沼公園を一周してきました。少し背中が痛いですがだいじょうぶ」
などと、能天気なメールが来まして・・・((+_+))

要するに、1本だろうと10本だろうと、肋骨骨折の痛みはだんだん薄れるし、
足腰は無傷なので、意外に元気だということが分かりました。
退院させられるワケです(笑)

仰向けに寝るのは痛いので、ベッドには座布団で傾斜を作って寝ていますが、
それ以外は、ケガをする前の夫と同じです。

今日は書斎で調べ物をしていて、12時近くまで起きていました。

キーさん元気ですよ♡
nice!(4)  コメント(2) 

今日のキーさん11/12退院 [家族]

今日は、適度に気温が低く、晴天で「さいたま国際マラソン」日和でした。

1510453246637.jpg
この道から確かスタートする筈ですが、マラソン見物の余裕はありません。


私が病室に行ったら、夫はとっくに仕度を済ませて待っていました。
看護師さんから、退院後の説明を受けて、さぁ家に向かって出発です!

晴天で、日差しが当たれば暑いほどですが、
病院界隈は高いビルに取り囲まれて、ビル風がひどいのです。

持って行ったコートを着て、風よけにマスクをして帰り道につき、
息子が車で待っている隣の駅まで、歩き出しました。

「ほ、ほぉっ・・・!」
意外に夫の歩みはスムースで思ったよりも時間がかかりません。
大事を取って、エレベーターで下まで降りましたが、
心配するような痛みも出ず、息子が待つ車に到着しました。

車で走っていると、大きな道の両脇に休憩ポイントの支度がしてあります。
「この辺もコースかぁ」などと能天気な私に、息子が、
「あと5分で交通規制だ」
「ひぇっ!」
まぁどうにか時間内にその長い道を突破して、無事に家にたどり着きました。

良かった、良かった~(^^)/


夫は家でも、座椅子には寄りかかりましたが、眠らずにすごし、
さすがに病院生活で培われた早寝の習慣で、10時前には就寝いたしました。

皆さん、ご心配をおかけしました。
nice!(6)  コメント(4) 

今日のキーさん11/11 [家族]

結局、転院もせず自宅療養すべく、12日㈰退院となりました。

さて、さいたま市は12日「さいたま国際マラソン」でにぎわいます。
にぎわうのは良いのですが、あちこちで交通規制がかかり、
車での移動がままならない状態です。

私は普段電車移動なので、歩く場所が全く違い気が付きませんでした。
今日たまたま息子が車で送ってくれると言うので乗せてもらっていたら、
沿道のあちこちに交通規制の看板があり、
「あれ、お父さん退院するの、マラソンの真っ最中じゃない!?」
気づくのが遅いって。。。((+_+))

さぁたいへん!
病院は特に、スタート&ゴール地点のさいたまスーパーアリーナの近くで、
バッチリ夕方まで交通規制の真っただ中です。

夫は楽観的で、普通の足で15分ぐらい歩く隣の駅まで行こうと言います。
そこから車で帰ろうというアイディアなのですが、
足腰は問題ないものの、まだ肋骨周辺が痛むのとめまいが多少あるのに、
そんな距離を歩いてもだいじょうぶなのか心配です。

でも、息子も交えて検討した結果、その方法が一番良いということになり、
「えーいっ!」と決行するしかありません。

な、なんでこんな日に退院ということに???

さぁ、キーさんの退院劇、どうなることでしょう。
乞うご期待~♪
nice!(3)  コメント(5) 

今日のキーさん11/10 [家族]

うちは、お見舞いにいただいたモノでちょっとした「お菓子バブル」です♪

それも、普段は買えないような高級なお菓子ばかりなので、
一つ一つが美味しいです♪(笑)

私は、夫の病院に通っているためにカーブスに全く行ってないのに、
美味しいお菓子を食べ過ぎて、太りそうです。。。

ありがたいことですけどね♡

「日持ちするのがあったら、帰ってから食べられるから♪」
と、夫は言いますが、入院してから何故か血圧と血糖値が高くて、
その治療のお薬を飲んでいます。

高血圧と糖尿病に、お菓子はあまりよくないので、
少しずつしか食べられません。

そういうわけで、私たちがせっせと食べています(笑)


いよいよ入院生活も、今夜を入れて2晩となりました。
nice!(3)  コメント(0) 

今日のキーさん11/9 [家族]

おかげさまを持ちまして、夫は12日㈰退院することになりました。

転院して数日過ごした方が良いと思っていたのですが、
リハビリの病院は、それはそれで高齢化社会ですので混んでいます。

いろいろ病院側も検討してくださったのですが、
結局、自宅療養ということになりました。

不安も心配もありますが、しょうがありませんね。


今日はもう疲れたので寝ます。
おやすみなさ~い♡
nice!(4)  コメント(2) 

今日のキーさん11/8 [家族]

今日はまーぼうさんがお見舞いに来てくれました。

私と夫の共通の友人なのと、今、介護福祉関係の公的事務所にお勤めしていることとで、
夫にもいろいろ意見してくれました。

夫も病室でつらつらと考えているらしく、
こうしたらどうかな、あーしたらどうだろうと言いますが、
基本的に自宅に帰るのがベースなので、私たちと意見が合いません。

夫は、家に戻れば書斎の書物もすぐに取れるし、
使い慣れたパソコンで書けるしと、考えているようですが、
痛み止めを飲んでいても(肋骨で)胸が痛いのに、
書庫の本を取れるワケがありません。
(それがまた、専門書って分厚くて重いのです。。。)

おまけに、書斎は本やら書類やらが床にまで積み上げてあって、
もし万が一転んだりしたら、折れた肋骨がさらに・・・なんて思うと、
気が気ではありません。

家に帰ったら、すべてうまくいくワケではないのに、
帰りたい一心でそう思ってしまうのでしょう。

それは、住み慣れた家は良いですが、
認知症のお年寄りが動けなくなって施設に入るのとは違いますから、
傷が治れば必ず帰って来られるのです。
焦らないことだと私は思います。

リハビリで筋肉をつけつつ、傷も治っていけばいいのです。
私の、1本ずつですが、何度か肋骨を折った経験から、
最初はすごく痛くて、腕は上がらないし笑うのもつらいですが、
当たり前のことで、だんだん痛みは薄らぎます。

昇降ベッドで、リハビリしつつ傷が癒えるのを待つのがベストだと思うのです。

明日、仕事から中抜けして、病院の相談窓口で転院先等聞いてみます。
nice!(3)  コメント(0) 

今日のキーさん11/7 [家族]

夫は、退院目指してリハビリを頑張っています。

昇降機能のついていないベッドでは、入院生活のようにはいかないので、
平らなままのベッドからの乗り降りを練習するのです。

こんな当たり前のことを、痛みに耐えながらやらないといけないなんて、
なんてつらいことでしょう。
見ていても、気の毒です。

夫はそんなにたくさん善行を積んでいるワケではありませんが、
人並みの(小さなことはともかく(笑))悪いことが出来ない人間です。

「それなのに、なんで?なんのバチが当たったの?」
と思います。

まぁ、起きてしまったものはしょうがない。
リハビリに励んで、家に帰ることが当面の目標ですね。

何度も言いますが、あれだけの事故でこの程度のケガなら運が良かったと、
私も思いますし、いろいろな人にそう言われました。

でもでも、命に別状なかったので言えることなのでしょうが、
かなりの痛い目に遭ってますので、やっぱり理不尽です。

それなのに、事故の相手の人に憎しみの言葉をぶつけることもなく、
「死ぬところだったんだから、気を付けてください」なんて言っちゃう(笑)


今日になってめまいがすると言い出したのですが、
リハビリ頑張りすぎているのでしょうか???

病院にいる間に、悪いところは全部治せると良いなぁ。
nice!(3)  コメント(3)