So-net無料ブログ作成

一難去ってまた一難 その2 [健康]

「一難去ってまた一難」というタイトルで書こうと思って、
ふと、そのフレーズで前に書いたことを思い出しました。
 → その記事

この時は、節分前なので、前年の厄落としをしたと考え、
その後は、娘も元気で過ごしました。

今年はどうでしょう!
私が最初に足を痛めたのが2月6日・・・キャーっ、節分の後だわっ!!!((+_+))

その後、足のことが、
熱心にリハビリをやってくれる整形外科に行って、やっとめどが立ったと思ったら、
ひどい風邪をひいて咳がなかなか止まらず・・・、
今日別な内科に行って、やっと別なお薬で快方に向かったと思ったら、
ひどい咳で、腹筋ばかりか背中にも筋肉痛が出て、
それがけっこうひどい。
その部分に力が加わると痛いので、本来の咳はもちろん、
他の動作でも、思わず悲鳴を上げるほど痛いのです。

まさに「一難去ってまた一難」状態です。。。
足の痛みがピークのとき、「いったいなんのバチが当たったのよ!」と、
一歩ごとの激痛で、足を引きずりながら口の中で言っていましたが、
これも、かなりのストレスです。


厄年・・・?
昔、女子は19歳、33歳、37歳が厄年と言われていましたが、
もう一度、61歳が男女ともに厄年みたいですね。

あーでも、あれって数え年で考えるんでしたっけ?
私は昭和31年生まれで、今年のお誕生日が来ればもう61歳。

ん?後厄?過ぎちゃった???

まぁ、縁起を担ぐ人間ではないのに、そんなことまで考えてしまうほど、
ここ数か月の私は、ご難続きです。

こんなことをつぶやいていると、どこからか「壺を買いましょう」って、
勧誘に現れそうですね(笑)