So-net無料ブログ作成

読後感 [読書]

「趣味読書」の典型のようだった若い頃、
一時期、小説を読まずに、エッセイとか古典落語ばかり読んでいました。

もともと堅い難しい本ではなく、ミステリーが好きでした。
ただ、ミステリーの中でも、
読んだあと、勧善懲悪ですっきりすれば爽快感に包まれますが、
どうにも暗~い、どんよりとした気持ちになるものが多かった時期でした。

それなら「何でもあり」と勝手なことのできる、
ハリポタのようなファンタジーの方がマシです。

魔法や未来の機械が出て来たら、作者の思いつくまま何でもありですよね(笑)

童話の中にも、読後感の悪いモノはあり、
教科書に出てきた新美南吉さんの「ごんぎつね」など、
感動よりも前に、悲しくて悲しくて、この年になっても想像するだけで涙が出ます。

彼は児童文学の代表的存在ですが、その作品は悲しいのが多いです。
「百姓の足、坊さんの足」「牛をつないだ椿の木」も、なんだかなぁ。。。

「花のき村と盗人たち」「手袋を買いに」は救われる作品です。
気持ちがほんわかします。

途中がどんなに悪くても、ハッピーエンドなら良いのです。
「みなしごハッチ」とか「母を訪ねて三千里」「小公子」「小公女」みたいに。

そう言えば、前にどこかで書いた気がしますが、
「フランダースの犬」という作品、イギリスの作家が書いたものですが、
ベルギーのフランダース地方が舞台です。
日本のメディアがベルギーに行って、
「日本人は、ここを舞台にしたこの童話がとても感動的で好きです」
というと、現地の人が、
「日本の人は、あーんな暗い話が好きなのか。私たちは嫌いだ」
と言われたということです。

ルーベンスを愛し絵を描くことが趣味で、祖父を助けて健気に働いていた少年が、
何故、あんな目に遭わなければいけないのか、
これも、思い出すだけで。。。

特に、児童文学で、何故あんな悲しい結末を綴るのか分かりません。
それは・・・悪いことをすると罰があたるとか、
人にはどうしようもないことがあるんだよとか、
そんな教訓は含んでいるのでしょうが、悲しすぎます。


それで、私が小説を書くときは、悪い人を登場させず、
明るい楽しい結末にして・・・と心がけすぎて、
面白くもなんともないモノしか書けなかった。
ですよね~! "(-""-)"

文学少女だった私が、小説家になろうとして断念した理由はそれです(笑)