So-net無料ブログ作成
検索選択

おへそ [健康]

へそで茶を沸かすと申しますが、おへそは馬鹿にしたものではありません。

生まれてこの方、私は経験ないのですが、
ビキニなんか着たら、おへその形や位置、そして深さは大切な要素です(笑)

冗談はさておき、おへそは胎児の時代に、
お母さんの子宮とつながっていた名残ですよね。

私たちはどんな人間でも、母体から栄養をもらって大きくなったのです。
外界に出て、肺で呼吸する準備ができるまで、
内臓が発達し、人間として生活できる体になるまで、
まずそこで、育ててもらっていたのです。

数え年というのは、生まれた時一つカウントしますが、
そういう意味なのですって。

まぁその点は、母に感謝しないといけないですね。。。


さて、生まれて来たら、一人前の人間として、
体の機能はそれなりに動かさなければいけません。
もうお母さんからの栄養はもらえません。

そこで、胎盤に繋がっていた臍帯を良い感じの場所で切って結びます。
この場所は助産婦さんやお医者さんが「てきとうに」決めます(笑)

結んでしまった臍帯は、そこから乾いてきてやがて何日かでポロリと取れます。
それが「へその緒」・・・傷から取れたかさぶたみたいなものなのです。

産婦人科では、それを名前を書いた木箱に入れてくださいました。

およそすべての人が、自分のへその緒をどこかに保管しています。
うちにも、私のも、子どもたちのもあります。

大切にしないといけないのでしょうが、
ただのミイラ化した皮膚片みたいなモノです。

後生大事にしまっていた母に渡され、
どんなすごいモノかと箱を開けてみて、汚いのと小さいのとで幻滅した中学生の私(笑)

大切なモノではあります。
本当に、人間(哺乳類)として生まれてきた証ですから。

だからどうということではありません。

今、リビングでいつものように、
「胴切り美女体勢」で眠っている息子のお腹を見て、
少しばかり、おへそについて考えてみたのでした(笑)


ところで、おへその中は相当汚いようです。
いろいろな菌の温床だそうで・・・ですよね、湿った洞窟の中みたいなものですから。

綿棒かコットンベビーオイルでも染み込ませておへそに当て、
少し経ったら、そっとふき取ればきれいになります。

あまり触ると、他の部分よりも薄い皮膚なので、
炎症を起こしてもっと汚くなり、痛んだりしたら怖いのでご注意を!

セカンドオピニオン [健康]

膝は、実はまだ歩くと痛いのです。

行けばヒアルロン酸注射しようと言われるので、
整形外科には行きませんでした。

別に、お断りすることはできるでしょうが、
気の弱い私のことですから(誰?笑ったのは!(笑))行きたくないのです。

20年近く、何かあるたびに行っていた整形外科ですが、
ちょっと今回は浮気して、セカンドオピニオンにしました。

別な整形外科に行ってみたのです。


すると、半月板が一部損傷していて筋も痛めているので、
こんなに長いこと痛かったようです。
いや、いつまでも歩くと痛みが走るので、半月板ではないかと思っていたのです。
弟が若い頃、半月板損傷で手術したのを思い出したからです。


電気をかけるところは同じでしたが、リハビリが違いました。
担当は女性でしたが、膝を左右比べながら、
丹念に施術してくれました。

先生も「最初は週に2回から3回来ると効果が倍増しますとおっしゃるので、
暇を見ては行こうと思いました。

カーブスと整形外科と、一日おきにしようかな。
 ↑ 謎のローテーション(笑)

グラビア [家族]

親類の子がグラビアに出ると、ヤングジャンプやヤングマガジンなど、
こんなおばさんが本屋さんに買いに行きます(笑)

ジャンプやマガジンは昔からあるので知っていますが、
BLTや・・・んーなんだったかな?
という程度の知識しかない雑誌もあって、
スマホにメモして行っては「この雑誌ください」と頼みます。

おかげさまで、テレビもぼちぼち出てきます。
ドラマにもバラエティにも出てきて、大きな瞳で魅了してくれます。

そうしたらなんと、買い集めた雑誌が寝室の隅に山積みになって、
すごい量になってしまいました。(嬉しい悲鳴ってやつ?(笑))

昔だったら切り抜きでしょうが、そこはほら文明の利器を使い、
スマホで写真を撮っては、縛ってリサイクルに出していましたが、
ふと思いついてフリマサイトに出品してみました。

これが売れるのです。

もちろん、元の値段よりも下げていますし、
フリマサイトは原則、出品者が送料負担ですので、
たかだか200円ぐらいの儲けになりますが、
捨てるよりは、買った誰かがまた読んでくれる方が浮かばれますよね♪


従姉妹は、その子が20歳になったら、
もっときわどい写真を載せることになるのではと心配していますが、
多分事務所が1人1人を見分けて、
「この子はこの路線」と売り出し方法を見極めているらしく、
深夜のちょっとHなドラマに出ても、そういうシーンは無かったし、
だいじょうぶかなと、私は見ています。

女を売り物にする人は嫌いですが、綺麗な子は好きです。

ドラマに出ていたりすると、つい応援したくなるのは、
やはり東遠にせよ、親類だからでしょうかね(笑)

浮き沈みの激しい世界ですから、
本人の気が済むまでやっていけたらいいなと思っています。

長生きしてね [家族]

近くにある特別養護老人ホームに、母方の伯母が居ます。

近くですが、なかなか一人だと顔を出しにくく、
従姉妹が行くときに、合流するようにしています。

このところ、なんとなく気ぜわしく、
自治会や交通安全協会の用もあったので、土日は出かけたり、
家でごそごそやっていたりしましたので、
しばらく伯母に会っていませんでした。

それで、思い切って従姉妹に連絡を取って、訪問しました。

伯母は少し黄昏てしまっているのですが、
ニコニコと平和な人で、顔を見るとホッとします。

冗談を言うと笑ってくれるので、いろいろと話しかけて笑わせます。


娘である従姉妹は、週に何度も足を運んでいて、頭が下がります。

でも、そうでなくても、施設は清潔で、
スタッフは親切に面倒を見てくれていて、良いところだと思います。
私も、あんなところで面倒を見てもらいながら暮らしたいです。

生前の義母が「男の人は定年退職したら、家でぐうたらしてるけど、
女は一生家事をしていくのよねぇ。。。」とボヤいていたのを思い出します。

だから、お掃除も食事の支度もしてくれて、
もしも体が不自由になったら、介護もしてもらえるのは楽です。

私も、食事に気を使って、体も鍛えておきますが、
頭の方はどうにも鍛えようがなく、もともとボケている上に、
本気で(?)ボケたら、きっと手におえません(+_+)

そうならないように、ゲームで頭を鍛えて・・・ダメ?(笑)


とにかく、今年94歳になる伯母には、もっともっと長生きして欲しいです。

読後感 [読書]

「趣味読書」の典型のようだった若い頃、
一時期、小説を読まずに、エッセイとか古典落語ばかり読んでいました。

もともと堅い難しい本ではなく、ミステリーが好きでした。
ただ、ミステリーの中でも、
読んだあと、勧善懲悪ですっきりすれば爽快感に包まれますが、
どうにも暗~い、どんよりとした気持ちになるものが多かった時期でした。

それなら「何でもあり」と勝手なことのできる、
ハリポタのようなファンタジーの方がマシです。

魔法や未来の機械が出て来たら、作者の思いつくまま何でもありですよね(笑)

童話の中にも、読後感の悪いモノはあり、
教科書に出てきた新美南吉さんの「ごんぎつね」など、
感動よりも前に、悲しくて悲しくて、この年になっても想像するだけで涙が出ます。

彼は児童文学の代表的存在ですが、その作品は悲しいのが多いです。
「百姓の足、坊さんの足」「牛をつないだ椿の木」も、なんだかなぁ。。。

「花のき村と盗人たち」「手袋を買いに」は救われる作品です。
気持ちがほんわかします。

途中がどんなに悪くても、ハッピーエンドなら良いのです。
「みなしごハッチ」とか「母を訪ねて三千里」「小公子」「小公女」みたいに。

そう言えば、前にどこかで書いた気がしますが、
「フランダースの犬」という作品、イギリスの作家が書いたものですが、
ベルギーのフランダース地方が舞台です。
日本のメディアがベルギーに行って、
「日本人は、ここを舞台にしたこの童話がとても感動的で好きです」
というと、現地の人が、
「日本の人は、あーんな暗い話が好きなのか。私たちは嫌いだ」
と言われたということです。

ルーベンスを愛し絵を描くことが趣味で、祖父を助けて健気に働いていた少年が、
何故、あんな目に遭わなければいけないのか、
これも、思い出すだけで。。。

特に、児童文学で、何故あんな悲しい結末を綴るのか分かりません。
それは・・・悪いことをすると罰があたるとか、
人にはどうしようもないことがあるんだよとか、
そんな教訓は含んでいるのでしょうが、悲しすぎます。


それで、私が小説を書くときは、悪い人を登場させず、
明るい楽しい結末にして・・・と心がけすぎて、
面白くもなんともないモノしか書けなかった。
ですよね~! "(-""-)"

文学少女だった私が、小説家になろうとして断念した理由はそれです(笑)

健康診断の結果やいかに! [健康]

3月22日に健康診断をしまして、結果が今日来ました。

まぁまぁですね。
1492184186383.jpg

貧血気味なのと、視力が落ちているのでB判定でしたが、
これならまぁまぁでしょ?


相変わらず「鉄欠乏性貧血」ではないのです。
でも、白血球が多いワケでもないので、
美人がなると相場が決まっている「再生不良性貧血」などではないようです。
あ、やっぱり?(笑)

いつものことですが、
「今まで通りの規則正しい生活を続けましょう!」ですって。

うーん、ちゃんと寝てないけど、
おそーく寝ておそーく起きるパターンの、ある意味規則正しい生活しています。

このまままた来年の健康診断まで、この生活を続けることになります (^^♪(笑)

深夜枠

ここ数年、私だけではなく(笑)世の中全体が夜更かしになったらしく、
テレビは、昔のようにテストパターンとともに「ピー」と鳴ることがなくなりました。
そのあと、砂嵐でしたね!

今もNHKはそんな時間があるようですが、
民放はほとんど一日中、休まず放映していますね。

そのせいか否か、深夜枠はドラマバラエティをやっていますが、
観る人に若い限られた世代が多いせいか、実験的な要素が強い気がします。

今まで見たことのないような構成のバラエティや、マニアックなトークショー、
聞いたことのないストーリーのコミックスが原作のドラマ。

その中から、ウケが良くてゴールデンタイムに昇格した番組もいくつかありました。

時として、すごく面白いですが、
何と言えばいいのか・・・偏り過ぎてよく分からないドラマもありました。

深夜枠の刑事ドラマで、表現がキツすぎると話題になったのもあります。


今夜見たのは、今日から始まった「100万円の女たち」
第一回ですので、導入だけで精いっぱいな感じでしたが、
謎めいた雰囲気が出ていて、今後に期待する気持ちになります。

けっこう謎がたくさんのミステリーみたいです。
 → HPはこちら
主人公の父親のことが最後にちょっと出てきて、この先怖い感じもします。
2回目も楽しみ♪

ありがとう、そしておつかれさま

今日は、一日中そのことばが飛び交っていました。

フィギュアスケートの浅田真央さんが引退を発表したからです。

どんなすごい選手でも、必ず終わりがあるものです。

野球サッカーの選手も同じで、必ず年を経て引退するときがきます。

当たり前・・・なのですが、まだ続けてもらえると思っていました。
何度も感動を味わわせてもらって、
だんだん美しく、うまくなっていく彼女を見てきて、
誰もが感動をもらいました。

「もう、いいんじゃないかなと思いました」という抽象的な言葉に、
彼女の混沌としていた心の内が見えました。

まだ選手生命は終わりじゃないという気持ちと、
周りがどんどん成長していって、自分は年を重ねていく、
出来ると思っていたことが出来ない。。。

でも、やるべきことは全部やって、努力を重ねた人だからこそ、
「もういいんじゃないかな」と言えたのだと思います。

今までよく頑張ってきてくれました。
ありがとう、そしておつかれさま。

春の全国交通安全キャンペーン中 [地域活動]

4月15日まで、春の全国交通安全キャンペーン中です。

ポッポくん.jpg
埼玉県警のマスコットキャラ「ポッポくん」


全国の街角にテントを設置して、
交通安全協会の面々が、安全な走行、通行を見守っています。

今日は、会社の休みを利用して、そのテントのお当番でした。
いやその前に、朝7時30分から警察署長と交通安全協会会長が、
各テントを巡ってはっぱをかける「督励」の日でした。

ところが、朝から雨が降って中止になってしまいました。

私って今まで大切なイベントの時には必ず晴れていました。
自分でも究極の晴れ女だと思っています。

あ、でもそういう言い方をしてしまうと、
交通安全のキャンペーンは私にとって、
大切なイベントではないということになって、マズいです(笑)

日本全国で、すごい数の人たちがキャンペーンで頑張っているワケで、
その中の誰かが、激しく雨男、雨女なのでしょうね。
まぁ、不可抗力ということにしておきます♪

popomi.jpg
埼玉県警のマスコットキャラ「ポポ美ちゃん」

七夕以下でも友は友 [お友だち]

先日、軽井沢の友人が、こちらに来たついでにランチしました。

久しぶりに会って話して食べて・・・数時間があっという間でした。

そんなに会わなくても、会えば時間がさっと逆行してしまうのが友人です。

もちろん、他にも友人は居て、会えば楽しく時を過ごします。
特に、近くに気の合う友人が居て会って話せるのは良いことです。

ただ、この友人と親知らずさんは、
子どもを介してではありますが30過ぎてからできた親友で、
どんな話をしても楽しいです。

思えば、若い頃の私は友人などいなくても良いと思っていました。
こう見えても「取っつきにくい」と言われていた私が、
子どもを産んでから変わったように思います。

公園で、知らない人に声をかけるなんて、昔は出来なかったと思います。
それが、息子や娘と同じ年頃の子を見つけたら「何か月ですか?」
と、自然に声が出ていました。

それでできた友人が、今では宝物です。
そして親知らずさんと、この友人が親友になってくれました。
こんな社交スキルを手に入れることが出来たのは、子どものおかげです(笑)

そして、ブログでも、楽しくコメントを交換し合って、
mutuminさんやHCさんやpnさんルシファーさんみたいに、
オフでも会える友人が出来ました。
みんな、たまにしか会えないけど、会えば楽しいです。
最近コメ入れられなくてごめんなさい。 m(__)m

子育てって、良いモノですね~♪