So-net無料ブログ作成

便利なモノは不便

最近、銀行は、通帳の電子化を進めていて、ネットバンキングが盛んです。

そうすると、パソコンで簡単にお金の出し入れができる代わりに、
誰かに簡単にパスワードを盗まれ、お金を勝手に移動される可能性もあります。

そのために、トークンという家庭用のパスワード製造機を使わせる形になっています。

これは、お客さんが自分のパソコンからアクセスして、
口座のお金を移動するときに、トークンで表示される数字を入れるのです。

トークンの表示する数字は、だいたい1分間程度表示されて消えるか、
別の数字が表示され、それが銀行と連動していて、
・・・詳しいシステムは分かりませんが、つまりは流動的なパスワードでしょうか?

例えば、私のパソコンにアクセスして、銀行のパスワードを盗もうとしても、
その都度違うので、真似できません♪

安心安全のためですね。

私はゆうちょ銀行や、他の銀行もあって、4つのトークンを使っています。
便利で安全ならばっちりです。


ところが、先日そのトークンが壊れてしまいました。
押しても数字が表示されません。

家でのんびり深夜に振り込み等を片付ける習慣になっていた私は、
トークンが使えないとたいへんです。

とりあえず、次の日にATMから振り込みましたが、不便なことこの上なし。。。

その後、何度もそういうことがあったのですが、
お休みの日に他の予定が入っていたりして、
なかなか銀行の空いている時間に行けませんでした。

その間、振り込み関係は、昔のようにATMを使ってやっていました。

先日やっとその銀行に行って「このトークン壊れたみたいで・・・」
すると、窓口のお嬢さんがちょいとボタンを押したら表示されたではありませんか!

「あ、あれ???何度も押したんですが、ずっと使えなくて。。。」
「だいじょうぶみたいですね」
えーーー、なんでぇ?

結局、交換してもらえず・・・まぁ、壊れていないなら当然ですよね(笑)
そのまま帰ってきましたが、今も押してみたら数字が出ます。

へんなの~!(笑)

いちおう、またダメになったときのために、
提出する書類をあらかじめ貰ってきておきました。

結局、交換願いみたいなのを書いて、本人確認をして、
さらに数日かかってからでないと、新しいトークンはもらえないみたいですから、
壊れていなかったのなら、万歳ですが、
なんか判然としない私です。

あの、使えないと思っていた数か月は、いったいなんだったのでしょう?