So-net無料ブログ作成
検索選択

湯シャン! [健康]

湯シャンって、知っていますか?

最近、流行っている、シャンプーを使わずお湯で洗う方式です。
実践した結果、フケが減り、髪の艶が戻り、髪が太くなったという話もあります。

シャンプーを使わず、髪の毛や頭皮の汚れが落ちるのかと思いますが、
実は、シャンプーの前にお湯で洗い流すだけで、大部分の皮脂は落ちるそうです。
40度以下のぬるめのお湯で、
頭皮をマッサージするようにゆっくり洗い流すと良いんです。

元々、シャンプーを付けて洗う前に、お湯でよく洗い流すことはしていました。
実は、それだけでも、ほとんどの汚れは落ちます。
頭皮や皮脂のバランスが、シャンプーで洗うと実は壊れていたんですって。

そう言えば、亡くなった義母が夜寝ている時に背中を搔き壊して、
ボディソープや石鹸を使わないようにとお医者さんに言われていました。

風呂に入って体を洗って、その後寝ると、
余分な皮脂が落とされたことで、背中がかゆくなって、
日中は気にしていないのに、寝ながら背中を掻いていたらしいです。

頭皮も体の皮膚も、良いと思ってやっていたことで、
バランスが狂っていたのですね。

あーでもでも、そのままシャンプーで洗わずに終わらせるのは、なんだか不安です。

余計なモノまで落ちてしまうと言われたらそうでしょうが、
それじゃ、そうやっていて暑い日に汗をかいたらどうなるのでしょうか?

男性美容師さんが、試しに湯シャンを実行してみたら、
自分の獣臭さに、1週間で断念したという記事もありました。

確かに、人間本来の臭い・・・獣臭い感じになりそうです。
それは嫌ですよね。

うーん、やってみようかなぁ、どうしようかなぁ???

今、悩んでおります。

螺鈿紫檀の五弦琵琶

伊勢丹を通りかかったら、一階特設会場に今、MIKIMOTOが入っていました。

私は6月生まれなので誕生石は真珠です。
真珠の柔らかな輝きが好きなのは、そのせいかもしれません。

そこに、これが展示してありました。

MIKOMOTOが創業100周年を記念して作りました。

正倉院の宝物「螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」をモチーフにした、
「真珠宝飾五弦琵琶」   → こちらをごらんください

すごかったですよ。
まばゆいばかりの真珠が6284個、ダイヤモンドが4408個(220カラット)、
他に金やプラチナ、螺鈿も施してあってもりだくさんです。

あまりにも見事なので、私も写真を撮らせてもらいました。
でも、お店の人に聞くとブログはNGだということなので、
私のブログなど、10人ぐらいしか見に来ないのにと思いつつ、
NGは侵しません。

それで、MIKIMOTOさんの公式HPにリンクを貼ったというワケです。
是非ごらんください。

値段は公表しないそうです。
多分、一般人には想像もつかないすごい金額なのでしょう。
ルパン三世に狙われるといけませんからね!(笑)

そして、お近くの方はぜひ伊勢丹浦和店で実物を拝んでください。

そう、拝みたくなりますよ(笑)

カーブス再デビュー [健康]

カーブスに行けば、足の運動は抜かすにしても、
他の部分のマシンは出来るので、行きたかったのです。

でも、私は仕事の帰りに行っているので、
会社からカーブス、カーブスから家へと、通算50分ぐらい歩く計算です。

一歩一歩、踏み出すたびに足に痛みが走り、
会社に行くのでさえ足を引きずってやっとでしたので、
カーブスに行くこと自体が出来ませんでした。

ここ数日、やっと歩いても激痛が走らなくなり、
そろそろと歩いてみたら、どうにかなりそうだったので、
今日は思い切ってカーブスに行ってみました。

もちろん、足のマシンは控えめに、スクワットも浅めに♪
それでも、マシンが重い重い~((+_+))

でも、気持ちよかったです。

カーブス.gif

全身疲れましたが、体を動かすことが楽しいなんて、
数年前の私には考えられないことでした。

2ヶ月近く休んでしまったので、再デビューの気分でした。

久しぶりに会ったコーチやメンバーさんたちと、
久しぶりに運動してお話をして、リフレッシュできました。

太るとか痩せるとかではなく、寝たきりにならないように、
カーブスは頑張って続けます。

いつもありがとう♡ [お友だち]

女性が集まっておしゃべりするのは、カタルシスのためと言っても過言ではない!

で、つまりは愚痴を吐き出して、すっきりするということなのですが、
その話題が・・・ねぇ。

結婚前はもっぱら「コイバナ」だったのでしょうが(実はあまり覚えていない(笑))、
結婚したら夫のこと、出産したら子どものこと、
子どもの手が離れたと思ったら、その子の進学就職結婚!?

それと並行して、自分の不調、両親のこと。

話題も移り変わってきます。


夫も、同窓会から帰ってくると、
「最近は、病気のことと介護のことばっかりだな」
と言っていたので、年を取ると男女関係がない双頭の大問題なのでしょう。


うちは私の父親と、夫の両親を見送りましたし、
残る実母は、殺しても死なないような・・・(以下自粛)
それはともかく、実家の方の施設で楽しく暮らしているので、
4人全部見送ったようなモノです(笑)が、
先日ランチをした友人たちは、4人のうち2人が親のことで苦労しています。

先日は、その話に私の足の苦労話もあり、盛りだくさんでした(;^_^A


何度も言いますが、こーなのよ、あぁだからねと、
愚痴を言い合って発散するのが、ストレスが溜まらない秘訣なので、
みんなで苦労自慢のように、愚痴を放出。

話をすることって、それで気持ちの整理をつける役割もありますね。
それを共感してくれる友だちの存在は大きいです。


リアルで会える親知らずさんや、
mutuminさんはじめ、ここをのぞきに来てくれる人たちが、
共感してくれるから嬉しいし、安心して吐き出せます。

みなさん、いつもありがとう♡

ありがとう♡ [お友だち]

HOOTCOOLさんから、バレンタインチョコのお返しが来たと、
親知らずさんから連絡がありました。

でも、足がまだ不調だし、今度お目にかかるときにとお願いしてました。

そうしているうちに、娘たちが4レンジャー集結とあいなり、
その時に、親知らずさん次女からうちの娘を介して受け取ることになりました。

で、今夜、めでたくいただくことが出来ました。
2.jpg

中身はこれ!
美味しそうでしょ?
1.jpg
っていうか、すでに一個食べてしまっています。
えへへ、美味しそうで、写真を撮るのを待てなかったのです(笑)

HOOTCOOLさん、愛をありがとう♡(笑)

久々の月例会 [お友だち]

今日は、久しぶりに公園友だちとの月例会が出来ました。

休みを、用のある日にぶつけているので、
なかなか空いているウィークデーのお休みがなく、
週末はみんな家族のために使っているので、
なかなか会えませんでした。

年末忘年会はしましたが、その後ランチが出来なかったので、
ほぼ3か月以上、みんなと会えなかったのです。


久しぶりで積もる話が弾む弾む。

それがね・・・概ねみんな愚痴なのですが、
女性同士のおしゃべりは愚痴の放出でもストレスが溜まらないのです。
というか、むしろすっきりします。

夫もそうですが、男性につい愚痴を言ってしまうとさぁたいへん。
こうしたらいいじゃないか!あーすべきだと、アドバイスしたがります。

確かにそうなのでしょうが、女性は解決を求めて愚痴を言わない。
聞いて、共感してもらうだけでいいのです。

でも、このメンバーはもう20年以上のつきあいですから、
ただただ、子どものこと、夫のこと、親のことと、
身の回りの出来事を言いっぱなし。

そして、笑って泣いて怒ってまた笑い、あっというまに時間が過ぎます。

あー楽しかった♪

で、楽しすぎてせっかくの美味しいランチを撮影し忘れましたとさっ!( `ー´)ノ(笑)

またこの話で恐縮ですが [健康]

足の痛みのおかげで、今まで考えなかったことを考えるようになりました。

さいたま市の、浦和周辺は坂が多いです。
もちろん、それは前から知っていたつもりですが、
大きな坂はもちろん、いわゆる「だらだら坂」みたいなのは、
ほとんど気にしていなかったようです。

それが、痛い足を引きずって歩いていると、
「あら、ここはなぜか楽♪」と思うと、上り坂で、
「痛みが増したみたい」と思うと、下り坂です。
道の高低が、如実に感じられてしまうのです。

足が痛くないときは、何とも思わなかった緩やかな坂でした。
これって、なってみないと分からないことですね。


うちの自治会で、地区長をしていた時に、
掲示板ポスターを貼る仕事がありました。

普段何気なく前を通り、興味があるポスターを見るかどうかというところで、
あまり興味を持っていなかったのですが、
自分が貼るとなると、自治会の人や通りがかりの人が見てくれているか気になります。

毎月一回の仕事ですが、掲示期間が終わったモノをはがし、
新しいモノを貼るのに、意外に時間がかかります。

今まで見ていなかった自分を反省しました。
今は、その地域の地区長が貼ることになっていますが、
地区内3ヶ所の掲示板に、以前は会長が1人で貼っていたのです。

1ヶ所でもこれだけたいへんだったのに、
会長はご老体で何ヶ所も貼っていくのはどれだけのご苦労だったことでしょう。

これも、やってみないと分からなかったことです。


やっぱり、経験してみないと分からないことってあるんですねぇ。。。 

企業説明会

夫が最近ハマっているのが、証券会社が主催する企業説明会(セミナー)です。

ウィークデーの半日ぐらいで、企業の人が講師になり、
自社の宣伝をしつつ、企業内容の説明をしてくれます。

ちょっとしたおまけというか、宣伝材料を配られて、
パンフレットとおまけを紙袋に入れてもらい、喜んで帰ってきます。
おまけの内容も、クオカードだったり、多色ボールペンだったり、
お菓子のときもあり充実しています。

週に2回ぐらいは、出かけているようです。
多いと、1日に2回行くときもあります。

「A会社知ってるか?」「B会社って、こういうもんも作ってるんだよ」
と言うので、「知ってるよ」と言うと意外そうです(笑)

思うに、夫は自分の興味のあることしか頭に入れないので、
テレビCMや、私たちが話していることを、あまり聞いていないのです。

そんな夫ですから、説明会に行くようになって見分が広がったと思います。

私は夫に「あらかじめ断っておくけど、皮肉や悪口じゃないよ」と言ってから、
「こうして企業の説明会に行って来ると、
いろいろ今まで知らなかったことが分かって、〇ちゃん(夫)にとっても良いね」
と言うと、満足そうでした。

それに、電車の1駅2駅ぐらいは歩いて行きますので、
体のためにもいいのです。

勉強になって、おまけももらえて、体のためにもなる。

良いことずくめですよね♪

エキスパート その2 [仕事]

靴のエキスパート「シューフィッター」について書きましたが、
調べていたら、子供靴専門の「シューフィッター」もいるらしいです。
子どもの小さな、成長途中の足にフィットさせ、
足の成長を止めずに快適に通学や運動が出来る靴・・・素晴らしいっ!

世の中には、他にもエキスパートがいます。

ソムリエ」と言えばワインのエキスパートですね。
ワインの産地も製造年も、貯蔵状態もみーんな分かってしまう。
カッコいいですね。

「野菜ソムリエ」というのも居ますよ。
いろいろなお野菜の産地から、糖度、栄養素、料理法まで全部知っています。

「酢ムリエ」というのは、もはやダジャレじゃ~ん!
でも、内容は真面目な酢のソムリエです。
酢なんて、酸っぱいだけでみんな同じでは?と、お思いの貴方、
同じミツカン酢だって、その年によって味がびみょーに違いますよ!

「気象予報士」は比較的新しい国家資格で、1994年から始まりました。
合格率約5%という狭き門です。
天気図の読み方はもちろん、地理や地球科学、天文学、気象学全般と多岐にわたり、
おまけに科学的、数学的学力が要りますね。


何にしても、一つのことを何でもよく知っていて極めている人は素敵です。

その代表が「さかなクン」という、フグの帽子をかぶってバラエティに出ている人。
20年ぐらい前のテレ東「テレビチャンピオン」という番組で優勝しました。

いつも明るくて、変なテンション(!)ですが、
本当にお魚に関しては、誰よりも深く広い知識をもっています。
好きが高じて、お魚のイラストも緻密で素人とは思えません。

テレビチャンピオンで5連覇してから、その番組で出題したり、
クイズのイラストを描いたり、解説したりしているうちに、
今は海洋大学の客員教授です。

すごいですね♪


そう、何でもいいのです。
何か打ち込めるモノがあって、誰にも負けないぐらい研究したら、
「〇〇評論家」とか「〇〇研究家」と名乗ってもかまいません。

何か、まだ誰もやっていないことを見つけたら、
早いモノ勝ちで「〇〇研究家」だ!(笑)

エキスパート [仕事]

娘の足は小さめで21cmぐらい。
就職のためにヒールを探していて、苦労しました。

スーツ用にヒールを履きたいのですが、
あまりにもサイズが小さいと子供靴になってしまいます。
当たり前ですが、子供靴だとヒールはありません。

量販店というか、ホームセンターのようなお店に行ったので、
まったく期待していなかったのですが、
靴売り場のお姉さんに聞いてみました。

こんな小さな足に合うヒールって、ありますか?


そのお姉さんが「シューフィッター」さんだったのです。
「シューコンシェルジュ」と呼んでいるデパートもありますが、
つまりは靴のエキスパート。
靴のことなら、なんでもご存じの方です。


「ちょっとお待ちください」
と、足のサイズを計ってくれて、
「あ、本当に小さめですね。このサイズですと、
ぴったりのサイズのヒールは無いのですが、こうして・・・」
と、ギリギリでサイズの少し大きいヒールを持ってきてくれました。

それからがすごかった。
かかとのところや、足の指の形、厚みや骨の具合までよく見て、
それなりの詰め物をあちこちに収めて、履き方も指導してくれました。

もう、オーダーしかないかと悲観気味だった私たちは、
そのシューフィッターさんに救われたのです。

靴の値段は、何しろホームセンターですから超リーズナブルで、
それに、いろいろな詰め物をしてくれたのを足しても、
確か5,000円程度だったと思います。

オーダーすれば、20,000円はくだりません。
デパートだったら、靴そのものだけでも5,000円では買えません。

おまけに、娘が履いていたスニーカーも見てくれて、
「これも大きいですが、スニーカーの場合は、
ここをしっかり絞めて、ここはきつくしないようにすると歩きやすいんですよ」
と、紐の絞め方も教えてくれました。
そこで買ったモノでもない、履き古したスニーカーをです。

もう2人で感動してしまい、次に靴を買う時には、
スニーカーやどた靴一足でもそのお店で買おうねと誓い合いました。


私はひどい外反母趾ですので、以前デパートの靴売り場で、
シューフィッターにお願いして靴を探してもらったことがあります。

私は新しい靴を履くたびに、靴擦れは必須だと思っていました。
足が疲れるとか、靴擦れが出来ることなど、新しい靴の当たり前のことだと。。。

でも、久しぶりに子ども卒業式入学式でヒールを穿かなければと思い、
この際、しっかり合ういい靴を買おうかなと思ったのです。

それなりに、そこのシューフィッターさんも頑張ってくれましたが、
あのホームセンターで、娘に応対してくれたお姉さんほどではありませんでした。

結局、その時買った高~い靴は、一度しか足を通さずしまってありますので、
押して知るべしですね(+_+)


そんな経緯がありますので、尚更あのお店のシューフィッターさんには感動しました。

本当のエキスパートでした♪