So-net無料ブログ作成

ソラマチへはもう何度も行きましたね [散策]

タイトル、分かる人いるかなぁ???

ま、それはさておき、
今日は夫とスカイツリーの足元まで行ってきました。

ソラマチへは、何度か行っているのですが、
スカイツリーには上ったことがありません。

何が悲しくて、お金を払って怖い思いをして景色も見られない、
高いところに行くのでしょうか!(笑)


ま、それもさておき、
今日は、お天気が良くて暖かくて、お散歩日和でした。
隅田川も、晴れ晴れとしています。
DSCF9148.jpg

スカイツリーもきれい。
DSCF9102.jpg

ただ、桜はまだ三分咲きぐらいでしょうか?
DSCF9146.jpg
道の右の菜の花と、左の白いユキヤナギが綺麗ですが、
桜は、ほんのちょっとでしょう?


ソラマチに行ったのは、プラネタリウムを観るためでした。
その件は、また明日~♪

便利なモノは不便

最近、銀行は、通帳の電子化を進めていて、ネットバンキングが盛んです。

そうすると、パソコンで簡単にお金の出し入れができる代わりに、
誰かに簡単にパスワードを盗まれ、お金を勝手に移動される可能性もあります。

そのために、トークンという家庭用のパスワード製造機を使わせる形になっています。

これは、お客さんが自分のパソコンからアクセスして、
口座のお金を移動するときに、トークンで表示される数字を入れるのです。

トークンの表示する数字は、だいたい1分間程度表示されて消えるか、
別の数字が表示され、それが銀行と連動していて、
・・・詳しいシステムは分かりませんが、つまりは流動的なパスワードでしょうか?

例えば、私のパソコンにアクセスして、銀行のパスワードを盗もうとしても、
その都度違うので、真似できません♪

安心安全のためですね。

私はゆうちょ銀行や、他の銀行もあって、4つのトークンを使っています。
便利で安全ならばっちりです。


ところが、先日そのトークンが壊れてしまいました。
押しても数字が表示されません。

家でのんびり深夜に振り込み等を片付ける習慣になっていた私は、
トークンが使えないとたいへんです。

とりあえず、次の日にATMから振り込みましたが、不便なことこの上なし。。。

その後、何度もそういうことがあったのですが、
お休みの日に他の予定が入っていたりして、
なかなか銀行の空いている時間に行けませんでした。

その間、振り込み関係は、昔のようにATMを使ってやっていました。

先日やっとその銀行に行って「このトークン壊れたみたいで・・・」
すると、窓口のお嬢さんがちょいとボタンを押したら表示されたではありませんか!

「あ、あれ???何度も押したんですが、ずっと使えなくて。。。」
「だいじょうぶみたいですね」
えーーー、なんでぇ?

結局、交換してもらえず・・・まぁ、壊れていないなら当然ですよね(笑)
そのまま帰ってきましたが、今も押してみたら数字が出ます。

へんなの~!(笑)

いちおう、またダメになったときのために、
提出する書類をあらかじめ貰ってきておきました。

結局、交換願いみたいなのを書いて、本人確認をして、
さらに数日かかってからでないと、新しいトークンはもらえないみたいですから、
壊れていなかったのなら、万歳ですが、
なんか判然としない私です。

あの、使えないと思っていた数か月は、いったいなんだったのでしょう?

プロレスラー知ってます

それが、プロレスって怖くて見ていられないのですが、
子どもと話していて、私、意外とプロレスラー知ってます。

あ、30年以上前の往年の名選手です。

昔は家に一つしかテレビが無い上に、父親の権限が絶大で、
チャンネル権は、圧倒的に父のモノでした。。。

その父が、プロレスやボクシングが好きだったからたまらない"(-""-)"
そしてまた、今よりもスポーツ中継は、
野球以外だとプロレスやボクシングが多かった気がします。

ほとんど毎晩、プロレスやボクシングを見ていました。

(以降、敬称略します)
私の中では、力道山からプロレスの記憶が始まっています。
彼は確か、暴漢に刺されて亡くなったのですね。
今のスパッツみたいなのをいつも履いていたので、
それが「力(りき)タイツ」って呼ばれて、一般にも流行ったのでした。

そして、言わずと知れたジャイアント馬場、少し遅れてアントニオ猪木。

ただ、私の中で印象に残っているのは、外国人レスラーです。

今でも太った二人組を見ると「マクガイヤーブラザースみたい」と言っちゃうし、
おでこに傷がある人を見ると「ブッチャー?」と(笑)

アンドレ・ザ・ジャイアントとか、ドリーファンクジュニアとか、
ミルマスカラスとか、けっこう思い出します(笑)

調べてみると、外国人ではなかったのですが、キラー・カーンとか、
初代タイガーマスクも知ってますよ。


だからどうということはありません。
何しろ、まともに見られなかったので、
どんな闘い方をしていたかも、よく分かりませんしね。。。

男性陣などは、覚えている人もいらっしゃるかも知れません。
ちょっと懐かしい名前の数々でしょう?

それだけの話です、はい。

年度末は忙しい [仕事]

みなさんそうでしょうが、年度末は忙しいです。

新年度に向けての契約や、新しいお仕事の準備と、
もちろん、年度末の仕事のまとめと言うか締めというか、
とにかく、何かと忙しいです。

私がやっているお仕事など、誰でもできることですが、
それでも、イレギュラーの仕事が挟まってくるので、
なかなか自由が利かず、けっこう疲れます。


そんな中で、会社で私が使っているラップトップパソコンの調子が悪いのです。

Excelを使っていると、フリーズする。
それも、一所懸命入力しているときに限って、急に動かなくなります。

マウスが効かず、当然ポインタは動かないので、
電源ボタン長押しの強制終了です。
恐怖の3点押しも効かないものですから。。。

で、メンテナンスをやっている会社に聞いたら、
Excelの担当者から電話が来ました。

リモートで様子を見てくれるというので、そのまま全部OKかと思ったら、
そこまでではないらしいです。

画面に真っ赤なポインタが出て、その通りにこっちからクリックすることになります。
半端やなぁ・・・。

それはともかく、途中で案の定フリーズしました。
「あ、フリーズしました。動かないです」
「それでは、さっきの画面に戻ってください」
「は?」
「このひとつ前の画面に戻るマークを押して戻って・・・」
「(かぶせ気味でキレ気味(笑))いや、ですからマウスが使えないんですって」
「そ、そうでしたね。
では、この様子ではパソコンの方の不都合だと思いますので、
パソコンの担当者に連絡いたします」

・・・最初からパソコンだと思ってたけど。
だって、特定のファイルだけがフリーズするのではなく、
古いのも新しいのも、中身が複雑でも単純でもフリーズするのですから、
Excelとパソコン内の何かが相性最悪なのでしょう(T_T)

ど素人の私だってわかります。

結局、パソコンのメンテの人が来てくれて、Windows10がやっぱりいけないらしい。
もう少し様子を見て、ダメなようならアンインストールするとのこと。

あーこの忙しい時期に、私のパソコンちゃん何をすねちゃったのでしょう?
困ったものです"(-""-)"

And Then There Were None

テレビドラマ「そして誰もいなくなった」2夜連続で観ました。
 → 公式サイトはこちら♪

ブログのタイトルは、アガサクリスティの原題です。

2月13日まで撮影したそうで、3月14日に亡くなった渡瀬恒彦さんの遺作となりました。

他にも芸達者な俳優さんたちの揃い踏みで、見応えのあるドラマになりました。

絶海の孤島に招待された8人の客と執事夫婦が、帰るすべがないまま、
次々と殺されて、そして誰もいなくなった。。。

これ、すっごく原作に忠実でした。

若い頃に読んでいた私は、途中で「この人が犯人か!」と分かってしまうほど。
設定も殺し方も、それほど原作に沿っていました。

まぁ、現代風にアレンジしてもありましたが。

原作では、ガラス瓶に入った長い手紙が流れ着いて、真相が明るみに出るのですが、
そこはほら、メモリが出てきて、パソコンで動画を見るという結末。

全体に良く出来ていたと思いますが、大長編を2日に分けてまとめてあるので、
多少無理があるかなぁと思う部分もありまして。。。

亡くなった渡瀬さんが、
そう思って見るせいか、声に張りがないと思いました。

私的には石坂浩二さんが好きなので、ナレーションを聞いたとたんに、
「あっ、へいちゃんだ!」と、ちょっと嬉しかったりして♪

面白いドラマでしたよ♡

すごい! [健康]

カーブスに行ったら、コーチが感激したと話してくれました。

年齢の違うメンバーさんの数人が、いつも仲良しで、
「仲が良いようですが、どこかでお知り合いでした?」と聞くと、
「私たち、みんな〇〇地区なのよ。うちの地区の女性はほとんど来ているわ」
とのことでした。

その自治会では、健康のためにカーブスに通おうと、みんなで決めているそうです。
もちろん強制ではないでしょうが、やっている人がはつらつとしていたら、
誰でも「私も行ってみようかしら」と思うでしょうね。

私も、親知らずさんによくカーブスの話を聞いていて、
自分は運動が嫌いで汗もかきたくないからと躊躇していましたが、
結局、体を作ることの大切さを思い、入会しました。

実際にやってみたら、マシンも難しくないのに効果があり、
運動も汗も嫌いな私が、もう6年・・・よく続いています。

仕事を始めた時には、通うのが難しいかなと思いましたが、
最初に入ったお店が心地よく、あちこちに支店があるのに、
そこにとどまり、電車に乗って通っています。

今回のように膝を痛めても、そのあと頑張って筋トレしたら、
だんだん違和感が薄れてきている気もします。


まぁ、少しずつでも続けて行けば、少しずつでも筋肉がつくでしょう。

始めた頃は「やらないよりはマシ」と思っていましたが、
今では「やっただけのことはある」という考えに変わりました。

ボケ防止 [美味しいモノ]

ボケ防止に、70%チョコレートを食べている記事は以前載せました。

それが、ちっとも効果がない。

これからボケる人には効くのかもしれませんが、
元々ボケている私には、なかなか効果が現れません(笑)
あちこちで、いろいろとボケをかましております (+_+)

あ、もしかしたら老後ボケないことと、今の天然ボケを治すことは、
もしかしたら別物なのでしょうか!?
別なんでしょうねぇ。。。(笑)


まぁ、いつも食べているチョコレートを、
カカオ含有率の高いモノにしているだけですから続けますけど。

カカオ含有率の高いチョコレートは、渋い苦いモノですが、
あちこちのメーカーのモノを食べてみて、
一番マシなのを見つけましたので、最近はもっぱらソレにしています。


アロマとチョコレートの二本立てで、ボケ防止で万全・・・の筈です。

生きている母はともかく、父も夫の両親も晩年までボケませんでした。
ボケるボケないに遺伝的要素はどのくらいあるのか分かりませんが、
少しはボケない可能性が高いと思って、頑張ります♪

結局薬局 [健康]

結局、私の足の痛みがなくなったのは、
「リョウシンJV錠」という薬のおかげみたいです。

リョウシン.png

整体をしてもらったり、ヒアルロン酸注射をしてもらったり、
いろいろやってもらっても、一歩ごとの痛みがキツかったので、
テレビでCMをやっているのを見て、藁にもすがりました。

サプリメントじゃなく、お薬だというのも良かったです。

で、飲み始めて3日目あたりから、痛みが薄らいできて、
今では下り階段も平気になりました。

富山のお薬、恐るべし。。。(笑)


でもよかったぁ♡
どこか痛いところがあると、気持ちが暗くなりますからね~!

実録・助けて詐欺

友人の家に、「助けて詐欺」がやってきた♪

♪って、喜んでいる場合ではありません。

正確に言うと、友人の実家に友人の息子
・・・つまり、実家の両親から見たら孫から電話がかかりました。

「もしもし、おばあちゃん?僕だけど・・・(泣きじゃくっている)」
「あら、けんじ(仮名)かい?どうしたの?」
「会社でたいへんなことになっちゃって」
「だからどうしたの?」
「・・・(しゃくりあげていて言葉にならない)」
「(別な声で)もしもし、わたくしは〇〇株式会社の社長をしておりますが」
「あら、けんじがいつもお世話になっております」
「けんじくんが困ったことをしてくれましてね。
会社に200万の損害を与えてしまったのです」
「そんな・・・」
「このままでは、会社はたいへんなことになりますし、
ことが明るみに出たら、けんじくんも手が後ろに回ります」

ってな感じで、何やらけんじくんが会社でやらかして、
200万円弁償しなければ、警察に捕まってしまうというような説明、
典型的な劇場型詐欺です。


おばあちゃんは、そばにいたおじいちゃんとも相談して、
けんじくんのために200万円用立てようとしました。

そこでまたけんじくんが電話に出て、
「おばあちゃん、お母さんに言うと心配してうるさいから、
絶対言わないでね」と、泣きながら念を押します。

そしてけんじくんの上司を名乗る人が電話に出て、
「もしもし、急いでそのお金が居るので、銀行に振り込んでください。
200万円というと窓口で預金を下すことになりますが、
窓口でいろいろ聞かれるので、急いでいるときは面倒ですよね。
『お墓を買います』というと、納得するそうですから、
そうおっしゃった方が良いですよ」
とアドバイスまでしてくれるのですって(笑)

おじいちゃんとおばあちゃんは、孫のためにすぐさま銀行に向かいました。

「お墓を買います」というと、2人の年恰好を見て納得したのか、
本当にノーチェックで200万円おろすことが出来ました。

急ぎATMに向かう祖父母。。。

そこでふとおばあちゃんが・・・、
「おじいさん、けんじくんは確か、ついこの間会社やめたよね。
あの声は確かにけんじくんだったけど(そこは完全に信じている(笑))、
会社で大金を扱うような部署に、昨日今日で就けるのかしら?
お母さんには内緒って言ってたけど、やっぱりちょっと聞いてみようかね」

からくもATMの前から友人のところに電話が来て、ウソだと発覚したそうです。

いやぁ、アブなかった!


「お母さんには絶対言わないで」なんて、孫が祖父母に言いそうなセリフですよね。

お墓を買うって言えとは、なんと周到な!
でも、その周到さが、よく考えるとおかしいです。

孫を助けたい一心で、耳や目が曇ってしまったのでしょうか?
いや、詐欺をはたらく人たちは、何か切迫したモノを感じさせる口調を知っているらしいです。
それで「急がなければ!」と思うと、他のことをよく考えなくなるのでしょうね。


最近は「振り込め詐欺」「オレオレ詐欺」とは呼ばないそうです。

振り込みではなく、現金をメール便で送れと言ったり、代理人が取りに来たり、
「俺、俺」ではなく「私、私」という女子版もあるからです。

それで「お母さん助けて詐欺」と呼ぶことになったのですが、
今回は「おばあちゃん助けて」だったし、何しろ呼び名が長い!

おっと呼び方などどうでもいいのです。
よほど気を付けないと、誰でもお金を取られる可能性があるということです。

目先の生活に追われて、子どものことをよく見ていないと、
本当にそんなことをやらかす息子(娘)かどうか考える前に、
みすみす詐欺にお金をあげちゃうことになります。

遠くに住んでいる孫のことでも、時々は電話でもして情報交換しておけば、
今回のように防ぐことが出来るかもしれません。


私なんかそそっかしいので騙されそうです。

ただ、だまされても払うお金がありません。
「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
どうぞ警察に突き出してやってください。
ここで親がお金を出して解決しては、本人のためになりません」
と、断ることになってしまうでしょうけど(笑)

明日は健康診断 [健康]

明日は健康診断です。

それは良いのですが、夕食以降に飲食してはいけないのがつらいです。。。

私は、深夜にパソコンに繋いで、チョコレートを食べながらブログを書くのが習慣です。
それなのに、検査が終わるまでもう飲食してはいけません。

ちょ、チョコレート食べたいっ!(笑)


そうそう、それと2月以降の足の騒動で、ずっとカーブスもお休みしていましたので、
体重も増えています((+_+))

老化には勝てませんので、足は鍛えておかないとまた同じことになります。
いろいろな意味で、カーブスは前以上に頑張るつもりです。

で、食欲に負けるといけませんので、寝るしかありません!(笑)