So-net無料ブログ作成
検索選択

暗~い話 かな?

人は見た目ではないと言いますが、
そして私もそう思いますが、見た目も大事だと少し思います。

何度も言いますが、私の両親ははろくでもない人間で、
父は物理的なDVでしたが、母は言葉のDVでした。

「あんたみたいな不細工な子は、どうせ一生結婚出来ないんだから、
1人で生きていくために手に職をつけなさい!」と言われ続けて私は育ちました。

お陰で、今で言う「中二病」を煩い(笑)、
妄想の世界で生き、小説や詩を書いていました。

彼氏が出来たこともありましたが、身に付いたすごいコンプレックスのために、
相手に対して「こんな不細工な私に言い寄るなんて、何が目当てなの?」
と疑心暗鬼に陥いる始末(笑)

でも、でもね、今思えばこの私って、
そこまで、一生結婚できないほどの不細工ではないのでは?
いや、確かに不細工ですが、そこまで重症ではなかったと思うのです。

もしかしたら母は、そう言われた私が奮起して、
何かしらの「手に職」をつけるのではと考えたのかも知れません。
でもそれは完璧な逆効果で、私はすべてのことに
「どうせ私なんか」という気持ちが働き、
何も一生懸命やらずに過ごしてしまいました。

実際に結婚したからか、子育てしたからか、
やっと最近になって自分に少しの自信が出て、
根強いコンプレックスが払拭されつつある気がします。
最近になってですから、暗かった青春時代は暗かったままです。
なんて悲惨な!(T_T)

母の言葉を言い訳にして、やる気を出さずに終わったんだろう?
という方もいらっしゃるでしょうが、
年頃の娘にこの言葉は、信じられないぐらいの切れ味を持つ凶器でした。

そう、そうですよ、人は見た目じゃないんです。

何しろ、結実しなかったものの何人かお付き合いした人の中には、
友人から酷評された人が一人や二人ではなかったので、
確かに美醜は私の男性を選ぶ基準に無かったと思っています。

でもね、例えば、どれでも好きなものをあげるよと言われたら、
薄汚れたモノよりは綺麗なものを選ぶのが人の常では無いでしょうか?

私はまず、スタートラインに並ぶのをためらいました。
「私なんか、私なんか」と、呪文のように呟きながら。

大人になって、見た目と中身は関係ないと悟る人は多いですが、
若い頃のあなたをよく思い出してください。
イケメンや美女に目を奪われ、
あんな人とお付き合いしたいと思ったことがあるでしょう?(-_-メ)


母よ、もう少し私に自信を持たせてくれたら、
もっと違う人生があったかもしれません。


あーでもね、結果オーライです。
夫のことは尊敬もしていますし、
2人の子どもたちも、まぁいろいろ問題はありますが(笑)、
私にとっては大切な宝物です。

うふふ、今が、今まで生きてきた中で一番幸せです♪

今は、他の人生でなくて良かったと思っていますから、
こんな暗い文章をお読みになって、心配してくださった皆さん、
ありがとうございました!

SOS [健康]

足の話題はもう要らないかと思っていましたが、
今日また、足にまつわるネタが出来てしまいました(-_-メ)


会社の帰りに、カーブスはさすがにまだ休んで、
その代わりに歩こうと思いました。

いつものホームタウンの駅ではなく、一つ先まで行って、
スーパーに寄ってそこから家まで歩きました。

スーパーまでは順調だったのです。

ただ・・・スーパーでお買い物をした荷物が重かった。。。

家まで、普通でしたら12分程度の道のりです。

その半分程度まで歩いた時、足が痛みだしました。

家まであと数分、なんとか頑張ろうと思いましたが、
痛みがだんだん増していきます。

しょうがない、SOSだ!

家に電話をして、夫に、
「うちの前の道まっすぐ、自転車で迎えに来てくれる?
荷物が重くて、足が痛くなってきたから」
と頼みました。

「うちの前の道」は500mぐらいでしょうか。
大した距離ではありませんが、高低差がけっこうあります。
荷物を持って、痛い足ではたいへんでした。


少し歩いたところで、自転車の灯りが見えてきました。
ほっ!
ありがたや、今日は夫が家に居てくれて良かった。
おまけに、快く迎えに来てくれました。

重い荷物を、自転車の荷台に乗せて行ってもらい、
私はのんびり歩いて帰宅しました。
私は自転車に乗れないので、2人乗りは出来ませんので。。。


まだ、無理をしてはいけないという、神の思し召しだったのですねぇ。。。

社会復帰3日目 [健康]

やっと普通に歩けると思いましたが、まだなんとなく右足をかばい気味。

何かでしゃがむときも、一瞬躊躇してしまいます。
ひざを曲げても、前みたいにはいきませんが、そんなに痛くないのですが・・・。

昨日、慌ただしい受診の中で、例の「パリン」について聞いてみました。

すると先生は「・・・んー?聞いたことないなぁそういうの」
「ありませんかぁ」
「まぁ、もう少し我慢してみて、来週また来てね」
「は、はい・・・。」

皮一枚下で、パリンと剥がれた感触と、ペタリと戻る感触は、
なんとも気持ちの悪い違和感です。

この点は先生、ご経験がなかったようです。

いや実はこの先生、医師会のスピーチコンテストで「医者が患者になった時」、
というテーマでスピーチをし、優勝したことがあるそうです。

テニスの時にアキレス腱を切ったのを、
手術せずに自分でギプスを巻いて治した経験をお話しになったそうです。

医者と患者の、両方の立場が分かったという内容です。
これぞまさに「怪我の功名」と自画自賛していらっしゃいました。

この経験から、ギプスを巻くのが上手なのですって。
淵が皮膚に当たらず痛くない、骨がギプスに当たらず痛くない、
ズレにくい、最小で有効なギプス!?

うーん、ギプスなんて一生のうちに一度あるかないかの経験ですから、
私は、先生が「ぼくは上手なんだよ」とおっしゃっても実感はありませんが(笑)


まぁ、そんなこんなで社会復帰も果たしたと思いますので、
ギプスシリーズは、これを持ちまして終了とさせていただきます。
長いことお付き合いいただき、ありがとうございました! m(__)m

ギプス生活最終日&社会復帰2日目 [健康]

今日は、整形外科に行ってギプスを返上してこようと思っていましたので、
仕事も気合を入れて定時に終わり、意気揚々と駅に向かいました。

ところが・・・電車の時間が思ったよりも遅い。
つまり、一本逃したことで、18時までのお医者さんに間に合いそうもない!

た、たいへん!
電話をして「あのぉ、今から電車でそちらに向かうつもりなのですが、
どうしても5分ほど遅れてしまいそうなのです。
診察していただけますでしょうか?」
「あら、そうぉ?(電話に出たのは、薬剤師で先生の奥様)明日は来られないのね?」
「はい、明日はちょっと・・・」
「それじゃいいわ。待ってますので、来てください」
「ありがとうございます!!!」

駅についてから、ギプスの不自由な足で、全速力で走り・・・いや歩きました。
歩いたのですが、いつもの速足ペースで歩きました。

で、お医者さんに到着すると、
「ささっ、どうぞ」
コートを脱ぐこともスリッパに履き替えることもなく、靴を脱ぎ捨てて診察室へ。

ほんの3分ぐらい、足を伸ばしたり曲げたりして、
「だいじょうぶだね。はい、これ(ギプス)は持って帰ってね」
「あ、いただいていくんですか?」
「うん、お守り代わりだね。もしも痛くなったらつけると良いよ」
お守り代わりって・・・こんな大きなもの持ち歩けませんし、
ましてや首から下げることも出来ません(笑)

終わったら、
「ささっ、どうぞ」
コートを着る暇もなく受付会計へ。
「はい370円です(安っ!)1000円のおつりも用意しておいたわ」
「(小銭を出そうと思いましたが)あ、はい、それでは1000円からお願いします」

「本当にありがとうございました。ご迷惑をおかけしました!」
最敬礼して、靴を履くのももどかしく、外へ。

ところが、ギプスで思い切り歩いたせいか、ギプスを取った足がこころもとなくて、
しばらく、ぎこちなく歩きました。

というワケで、とりあえずギプスを取ってもらいました。

明日から、階段の上り下りは気を付け、走らずに暮らします♪

ギプス生活8日目&社会復帰1日目 [健康]

ギプスは明日、完全に外せるはずなので、
明日の朝付けて行って、帰りは身軽になります。

今日は職場にギプスを付けて行ったので、かなりしんどかったです。
職場は同僚がいたわってくれたので、なんなく過ごせましたが、
行き帰りがたいへんです。

朝は駅まで普段徒歩10分ですので、今日は+10分に出ました。
無事に電車には間に会いましたが、駅の階段がキツいのです。

ギプスをしていると、なんと昇りよりも下りの階段がつらいです。
まぁでも昇りもつらいので(どっちやねんっ!(笑))、
朝のラッシュ時に駅の階段を昇り下りするときに、
後ろの人に、非常に申し訳ない気持ちになります。

長いコートを着ているので、後ろから歩いてくる人は、
多分、私のギプスに気づきません。

そうすると「なんだよぉこの忙しいのによたよた歩いてんじゃね~よ!」
と、思っているのかなと、疑心暗鬼に陥り。。。(笑)


今まで、ほとんど家でうだうだしていたのが、
急にたくさん歩いてお仕事までしちゃったので、すごく疲れました。

でも、楽しかったですよ~!
やっぱり私、お仕事好きだなぁ♪

ギプス生活7日目 [健康]

今日、ギプスを取ったときに眺めていると、
右足と左足の太さが全然違いました。

固定しているので、筋肉は落ちるばかりですからしょうがないですが、
これほどまで違ってしまうとは思いませんでした。

すねの骨をたどると、皮膚の下の厚みが全然違っています。
これでは、剥がれる感じがするワケです。

写真を撮ってお見せしようと思いましたが、
そんなモノを見ることを、誰も望んでいないのは分かっていますのでやめました(笑)


今日は一日中うだうだしていました。

お休みで何もない時は、いつもうだうだしていますが(笑)、
どこか痛くてなのと、何ともないのにのんびりしているのとは違います。

ストレスなのでしょう。
急に頭痛に襲われ、鎮痛剤を飲んだとたんに治りました。
とたんに・・・というのはオーバーですが、
いつもは頭痛がして鎮痛剤を飲んでも、効くまで30分から1時間はかかるのに、
今日は10分ほどで治まりました♪

明日からお仕事に行きます。
やることがある幸せを噛みしめてきます♪(*^^)v

ギプス生活6日目 [健康]

ギプスはつけたり外したりしなさいと言われましたが、
昨日のシャワーとお食事の時に外し、不安でまたつけました。

今日は、もう少し外しておきましたが、妙なところが妙な感じ。

ギプスを外して歩いていて、力が入ると、
ひざ下のすね部分、皮膚の下あたりでパリンと何かが剥がれて、
力が抜けると、ピタッと戻る感じなのです。

ちょうど、剥がれかけた湿布が動きによって剥がれたりくっついたりするような。。。
それが気持ちが悪くて、不安です。

ネットで調べてみても、こんな感じは出ていません。
すねが痛いとか、そういうことは出ていますが、
痛いのではなくて、何かがパリン・・・???(笑)

ギプスで抑えられていたので、少々マヒしていた部分が、
解放されて、これから回復するからこうなっているのか、
お医者さんが思っていた場所以外に切れていて、
それがこんな症状で出ているのか、分かりません。

月曜日に、ギプスをして会社に行くと、仕事でどんな感じかも想像がつきにくい。

いろいろなんだか不安です。


そう思っていたところに、親知らずさん母子が来てくれました。
お目にかかって、少しでも話せてうれしかったです。

お付き合いが長いのに、親知らずさんとはずっと会ったことが無くて、
長いこと「エアー夫?」と話題になっていたうちの夫に、
やっとご紹介がかなったことも、こうしてネタになりましたしね(笑)


明日の日曜日に一日大人しくしていたら、明後日から会社に行きます。
パートの私は日給月給ですから、働かないと・・・ね♪

ギプス生活5日目 [健康]

今朝、何気なく体重計に乗ると「あれ、増えてる!」
そうですよねぇ。
仕事にも行かない、家でもあまり動けない、でも食べるものは食べている。
そりゃ太ります。。。
と、思ってたら「あ、ギプスの分じゃない♪」(笑)


今日、めでたくギプスを外してもらうと思っていました。

ところが、電気ノコギリみたいなのでこうして切ってから、
ギプス.jpg
看護師さんと先生で、
「この真ん中のところを切ると、後で戻しやすいよ」などと言い合っています。
「・・・???」
伸ばしたままだった足を、リハビリで動くようにするのだと思っていたら、
このパカッと切ったギプスを、また戻して伸縮包帯で縛り、
「うちに帰ったら、少しだけ外しておいて、またつけて、を繰り返してください」

つまりは、そうするのがリハビリみたいなモノらしいのですが、
なんとも心もとない上に、
「来週の中ごろにもう一度来て、その時に完全に外すことにしましょう」
とのことでした。

えー、まだまだギプスぅ???(T_T)
かくして、ギプス生活シリーズは続くことになったのです(笑)

でもね、杖を返却して歩いて帰ったのですが、
ほんの10分ほどの道に、倍の時間がかかりました。
まだ少し痛む上に、ギプスで不自由なので非常に歩きにくかったからです。
はぁ、来週からの通勤が思いやられます。


それはともかく、家に帰ってさっそくギプスを外して体重計に乗りました。
「あれ・・・ギプスって意外に軽いんだぁ。。。」(笑)

ギプス生活4日目 [健康]

今朝起きると、今まで痛まなかったところが痛かったのです。

肩はもちろん、背中とか腰とかギシギシいうような痛みです。
まぁ、凝っているという感じでしょうか?
そういえば、ギプスではない方の左足も、ふくらはぎが凝っています。

多分、杖をついたり、右足をかばっているせいで、
いつもは使わない筋肉を使っているのでしょう。

もしかしたら、3日経ったので出てきた痛みなのでしょうか?


とにかく、明日また整形外科に行きます。
回復具合によってはギプスが外せるそうです。

今の感じでは、痛みは少しあるものの、
外してもらっても、だいじょうぶかと思いますが、分かりません。

それよりも、外してからもリハビリしないといけないようです。


どっちにしても、前の通りになるのはまだ先でしょうか?

あー年は取りたくないものです。。。(笑)

ギプス生活3日目 [健康]

親知らずさんに、
「(まほさんは)運動もしているし、歩いているのに、なんでそうなったんだろうね?」
と言われて、私も不思議に思いました。

骨量は充分にありますし、適度な運動もしています。
お医者さんが、最初にかかったときと月曜日と、
2度レントゲンを撮って比べてみてくれました。

最初に言われた通り、多少は老化の兆候があるものの骨はなんともないそうです。
月曜日にものすごくひどくなった時も、骨は変わっていないのです。

だから筋・・・。

膝の関節が老化してくると軟骨も変形し、膝の裏側がしわ寄せで痛むそうで。
変形性膝関節症というのです。
変形性と言うとよほど歪んでいるイメージですが、
レントゲンでやっと見える程度に骨が減っても変形だそうです。

そのわずかな骨の変形が、膝の軟骨の、そして筋の痛みに繋がっているのです。

そこに私が追い打ちをかけたと。。。
つまりは、痛みのひどい時に無理に足を使ってはいけなかったそうで、
それがつい走ろうとしてしまったのが、あんなことになった原因です。

どっちにしても、年を取らなかったらなかったことで・・・(T_T)

あーやだやだ、年は取りたくないものです(笑)


さて、今日はギプス3日めですが、なんとも不便です。
右足が重い、腰が痛い、もちろん右足もまだ痛い。。。
この状態で、金曜日にギプスが外せるものか、ちょっと不安になってきました。
ギプスを取っても、急には動けないのでリハビリも?

あーやだやだ、年は取りたくないものです(笑)
 ↑ 大事なことなので2回言いました。。。