So-net無料ブログ作成

家族旅行 [旅行]

子どもも大きくなってくると、なかなか予定が合わず、
長男が生まれてこのかた、毎年続いていた家族旅行が途切れることになりました。
仕事やイベントで忙しい子供たちを置いて、夫と二人で出かけることにしたのです。

むしろ、今まで続いていたことが驚きだよとおっしゃる方も多いですが、
家族全員で旅行に行くことが習慣だったので、ちょっと寂しいです。

でも、希望は捨てていなくて、とりあえず毎年この時期と予定していたので、
今回は二人で行って、でも必ず予定を合わせて家族で行くんだ!
と、意気込んでいるのは私だけで、「そーいうもんだよ」と夫。

まぁ、そーいうもんなんでしょうね。
もっと成長すれば、子どもたちは結婚したり任地に赴いたりして、
一緒に暮らすこともままならなくなることでしょう。

いやだからこそ、行けるだけ行きたいのですが。。。


ってことで、明日夫と旅に出ます♪
一泊だし、すんごい近場ですけどね(笑)

なんということでしょう!

ある日のことでした。

一日出かけていて忙しかったので、夜になってからふと、
「えさをあげないとね」と、ペンギン育成のアプリを開くと・・・、
「シーザーは死んでしまいました」と空っぽの画面(T_T)

慌ててうさぎ育成のアプリを開くと、同じく
「ぷりんは死んでしまいました」

ひ、ひどい!
たまごっちだって、もっと警告が出たはずなのに。

この育成ゲーム、別に放っておかなくても時々、
「ぷりんが餌を欲しがっています」などとメッセージが出るくせに、
今回は、特に警告なしでした。

それなのに、開いたらいきなり「死んでしまいました」は、あまりにもショッキング。。。

思わずスクショ(スクリーンショット)を撮るのも嫌で、
すぐに画面を消してしまいました。

こんなに大きくなっていたのに。。。
84日.png
ぷりん84日目

241日.png
シーザー241日目

急にそれが居なくなって、そこまで入れ込んでいなかったのですが、
それでも喪失感が深く・・・しばらくがっかりしていました。


でも!
立ち直りが早いのが、私のいいところ・・・なのか悪いところなのか分かりませんが、
また同じ名前をつけて、育て始めました。

ぷりん1日.png
新生ぷりん1日目

シーザー1日.png
新生シーザー1日目

いくら電車待ち等の暇つぶしにしても「死んでしまいました」はキツいです。

せめて、「逃げてしまいました」かなんかにならないモノでしょうか?(笑)

まぁ、忙しさにかまけて餌をあげなかった私が悪いんですけどね('_')

幼い体の老化!? [健康]

11月27日付の産経新聞1面に「幼い体が『老化』している」という記事がありました。

なんと、現代の子供たちが、ロコモティブシンドロームになりつつあるということです。

ロコモティブシンドロームとは、筋肉や骨、関節の機能低下により、
生活の基本的な動作が不便になり、簡単に骨折したりすることです。


昔、校庭はいつも解放されていて、誰でも入り込みドッジボールをしたり、
キャッチボールをしたり、鬼ごっこをしたりして遊べました。
公園でも、当たり前のようにボール遊びが出来ました。

今、防犯上の問題から、校庭は入れないように施錠され、
公園は「迷惑行為」としてボール遊びを禁じています。

ただでさえ忙しい子供たちが、ちょっと体を動かして遊ぼうとしても、
出来なくなっているのです。

現代っ子は今の親の世代(40歳台)よりも、足の長さの割合が低いそうです。
だいたい、子どもは親よりも足が長いと思っていましたが、そうでなくなっています。

栄養バランスが悪い、特にカルシウムを摂らないなど、食生活にも問題があるでしょうが、
運動をしないことは、体位を低下させ運動機能も奪っているのです。


①片足立ちが5秒以上できない
②しゃがみ込みが出来ない
③万歳の姿勢で、二の腕が耳につくまで挙げられない
④体前屈で指先が床につかない
・・・という子どもの割合が増えています。

和式のトイレにしゃがめず、後ろにひっくり返ったり、
滑り台で着地の時に足を折る、跳び箱で手をついたら手首を折る。。。
そう言えば息子の同級生で「○○ちゃん!」と肩を叩かれたら鎖骨が折れた子がいます。
ひどい話ですね。
昔の子なら何でもないか、せいぜい捻挫だったでしょうに。

それに、手の使い方が下手になり、加減が出来ないそうです。
筆圧が弱すぎて、HBで書いた字が読めないほどだったり、
トイレットペーパーがちゃんと切れない、紐が結べない・・・悲しくなります。

便利なモノがあふれていて、手先を器用に使う必要がないから?
これも末端の運動機能の低下です。


さすがに教育委員会も危機感をもって、実験的に公園のボール遊びを解禁したそうです。
とある幼児教室では、ボードゲームでさいころを振り駒を動かすことをさせます。
指で小さなモノをつまむ練習です。

問題はそれだけでは解決しませんが、少しはマシになることを祈ります。


なにしろ、私たちの世代がロコモティブシンドロームを避けるために、
歩く努力をしたり、カーブスに通ったりしているのに、
子どもたちがそうなったら、先が長いだけにたいへんですからね。

日本科学未来館レポート その他 [地域活動]

DSCF9027.jpg
私は、科学はもちろん、化学も物理も数学も嫌いな完全文系人間ですが、
そんな私でも、ここは楽しいです。

DSCF9034.jpg
このジオ・コスモスは、実物の約200万分の1の大きさです。
有機ELパネル10362枚に、気象衛星から1時間ごとに送られてくる地球の気象や、
CO2量、樹木被覆図、オゾン濃度など、30種類以上のデータやアートを映し出します。

これだけ眺めていてもけっこう面白く、時間を忘れますよ♪


これは「100億人でサバイバル」」と題し、地球を脅かす災害について考える展示です。
DSCF9030.jpg
私たちを囲む環境の中で、どんなメカニズムで、どんな頻度で災害が起きるか、
シミュレーション展示でそれを知って理解することで、
どう向き合ったらいいかを考えるのです。

感染症の拡大、地球温暖化による異常気象の増加、原発の事故、という災害を想定し、
赤いボールが危険な災害等の起き方で、その発生によって人型が倒れるという、
シビアな展示です・・・ちょっと暗澹たる気持ちになりました。

インタープリタ(科学コミュニケータ=専門的に説明をしてくれる人)が、
「人がたくさん倒れると、二酸化炭素量が減って温暖化が抑えられるという、
皮肉なことも起こるんですよ」なんて言うし(T_T)


ドームシアターで「9次元から来た男」という映像を観ました。
1480180045449.jpg
3D立体映像です。
リクライニングシートでほとんど横になり、暗いプラネタリウムのような空間で、
立体眼鏡をかけた状態で映像を観ていると、30分ぐらいの間に正直3度ぐらい寝ました(笑)

でもね、眠ってしまったからだけではなく、非常に難解なお話で、芯は「調弦理論」。
ミクロレベルで考えると、素粒子ってのは点だと思っていましたがヒモなんだそうで???
あーどうもよくわかりませんので、分かりたい方は
 → こちらをご覧ください
誤解の無いように言っておきますが、立体映像は迫力満点で面白かったのですよ。
面白かったのですが、理解するには頭が老化しすぎていたのでしょう(笑)


そのあと、みんなでお茶をしながら、ジュニアインタープリタの将来について、
真剣に話し合いました。
DSCF9057.jpg
特別メニューの「9次元から来た男ミニパフェ」を食べながら♪
DSCF9055.jpg
これは栗のクリーム、抹茶アイスクリーム、黒蜜がけのシリアルで出来ていて、
分かりやすくて美味しかったですよ!

話し込んでいたら、ガラス張りの外はとっぷり暮れて、
帰りがけにちょうどガンダムが動き出したところに出くわしました。
DSCF9060.jpg

顔が横を向いて、目からビームを出しています。
「アムロ、行きまーす!」と叫んでいました。


そんなこんなで、中学生不在の「日本科学未来館」の一日が終わったのでした。

日本科学未来館レポート UNI・CUB [地域活動]

DSCF9028 - コピー.jpg
これは、UNI・CUB(ユニカブ)という乗り物です。
以前ここで見学した、ヒューマノイドロボットの「ASIMO」君と同じ
HONDAが開発した、セグウェイの椅子版のような乗り物です。
DSCF9344.JPG

ユニとは一つという意味で、実はユニカブには車輪が1つだけ内臓してあります。
そして、ASIMO君と同じくバランスを取る機能が使われています。

それを、乗った人の感覚で前に進んだり曲がったり自在に操る!
というところまでは到達できませんでした(笑)

これに乗って、館内を巡るコースがあったのです。
みんなでやってみました♪
DSCF9033.JPG

最初はガチガチ
1479906841858 - コピー.jpg
自分の運動神経の無さをよく知っていますからね。

やっと館内を動くことが出来るようになりましたが、
緊張して体がこわばっています。
1479906822765 - コピー.jpg

で、うまく操れるようになってきて、面白さが分かったころにおしまいです(笑)

30分間があっという間でした。
DSCF9036 - コピー.jpg

これは楽しいです。
館内のお客さんの注目を集めつつ、移動しているのが面白かったです。

今はダメですが、いずれは公道も走れるようになるかもしれません。
ガソリンも使わないし、ハンドルもアクセルもブレーキも無いので、
省エネ軽量、場所も取らない理想の乗り物です。

ほら、乗ってみたいでしょう?(笑)

mutuminさんが丹精した野菜 [お友だち]

mutuminさんの友情便、届いてすぐに食べちゃいました。

家族が4人なので、すぐに消費します。

今、お野菜が高騰しているので、産直無農薬の美味しい野菜はありがたいです。

DSCF1691.jpg

DSCF1693.jpg

DSCF1692.jpg

ヤーコンのシャキシャキ感や、香り髙いニンジン、青々とした葉っぱ。
サツマイモの甘み・・・みんな自然だから良いのです。

大根とカブは、細長く切って浅漬けみたいにしました。
ごま油と塩だけで、すっごく美味しい。

お地蔵さまたちも、誇らしげでしょう?
DSCF1694.jpg

いつも、mutuminさんには感謝しています。
また実物にお目にかかって、遊びに行ったりお食事をしたりしたいです。

ね~mutuminさん、またこっちに来てくださいよ~~~♡

お台場 [地域活動]

今年も行きました「日本科学未来館」

お台場と言えば、ガンダム(なのか?(笑))
DSCF9025.JPG


中学2年生のジュニア・インタープリタを育てるために、
私たちのNPO法人がお手伝いする事業です。
 → 去年の記事

ところが!
ところがです!
なんと、今年は応募が1人もありませんでした。

去年は4人の男子生徒が応募してくれて、何度か科学未来館に行って構想を練ってもらい、
最終的には小学生(その親も可)のバスツアーを組み、
小学生の前で、中学2年生のインタープリタが説明しました。

私は初めてその事業に参加し、成功に終わったのでそのつもりでいました。

ところが・・・応募者ゼロだなんて!(T_T)


で、結局今回は、子ども抜きで大人のメンバーだけが行って、
模様替えと展示替えがされてからの科学未来館を、改めて見学しました。
1479904427758.jpg

科学未来館楽しいです。
大人でもわくわくしました。

また行きたいです♪

で、詳細はまた今度(笑)

と、年のせい? [健康]

今日になったら、眠くて眠くてしょうがありません。

普段の寝不足もあるでしょうが、この疲れはなに?と思うほどでした。

よくよく考えてみると、20日㈰のマラソンが影響している?

いつになく全力疾走したので、たかだか1km弱とは言え、
あちこちに無理がかかったのでしょう。

年を取ると筋肉痛も、3日ぐらいしてから出ると言いますが、
私の場合、筋肉痛はその日のうちに解決しました。
それで忘れていたのですが、やっぱり走った影響が今日になって・・・?(T_T)

わーん、年のせい?
どこが痛いということはなく、全身の疲れで眠いのです。

そういうワケで、おやすみなさ~い!

チャレンジ2020 

無事に終わった「チャレンジ2020」

前日、ふと気づいたら「あ、スニーカー持ってない!」
通勤に履いて行くどた靴しかありません。。。
ジャージや、スポーツウエアもありません。
しょうがないので、普段着ているTシャツと、普段履いている靴で走ることにしました。


朝もやの中、公園に集合して、説明を聞いて走り出す前、実行委員の奥様が、
「ここに『○○一丁目有志』って書いて」と出されたのは細紐。
参加32人でタスキをつないだ方が楽しいだろうと考えたものの、
タスキが無かったので、娘の七五三に使った細紐を出したそうで・・・(笑)

でも、楽しかったです。

全員走り終わるまで居るのはもっと退屈なのではないかと、実は思っていたのですが、
実際は、退屈せずにずっと観戦(?)していました。

昨日書いた3時間50分24秒というタイムは、けっこう良かったようで、
計算してみたら1人1周に5分平均ぐらいでした。

私は6分7秒かかったけど(T_T)


自分の番で走ったとき、タスキを受け取ってダダダっと走り出して、
「そろそろ苦しくなってきた」と思ったのが、まだ200m地点だったのが悲しかった(笑)
そこで10mぐらい歩きましたが、後はずっと走りました。
あとコースの5分の1ぐらいのところで「まほさん、がんばれ~!」という声がしました。

まだだいぶ遠いのに、でかい声!
と思いましたが、それで力づけられました。

最後は速く走らなきゃ・・・と見栄を張って、タッタカ走りました(笑)

それが良かったのか、私の年なら6分はまぁまぁでしょう?

速い速い.jpg
最後はアンカーのお子さんを、他のお子さんが出迎えてみんなでゴール。

想像以上に楽しく、他の皆さんとの親睦も深まりました。
終わってから、都合のいい人たちでランチをしましたから♪

充実した一日でした。
また来年も参加しますっ!

3時間50分24秒

今記事を書いたのですが、疲れていて眠かったので消してしまいました(T_T)

また明日書きます(T_T)
イチョウ.JPG

とりあえず、タイトルのタイムで全員無事にゴールインしました。
けが人一人出さず、天気も良く、本当に良かったです。