So-net無料ブログ作成
検索選択

法事 [行事]

足立の叔母の法事に行ってきました。

去年の11月5日に、デイケアの人が来てもいつものように出て行かなかったので、
合鍵で入ってもらったら、お風呂で亡くなっていました。

「事実、交通事故よりもお風呂で亡くなる人の方が多い」とかなんとか言ってるCMがあります。
つい最近、俳優の平幹二郎さんがやはりお風呂で亡くなっていましたね。

そう言えば、私は会ったことがないのですが、夫の祖父もお風呂で亡くなりました。
本当に多いのですね。

お部屋と脱衣室とお風呂場の温度が違うと、体が悲鳴をあげ、
血圧が乱高下して、ヒートショックを起こします。

それを防ぐためには、お風呂場をあらかじめ温めてから入るとか、
普段から代謝をよくして、血管を丈夫にしておくとか・・・の方法ですね。


とにかく、去年亡くなった叔母の1周忌でした。

去年も感じたのですが、参列者の大部分が唱えるお題目の大合唱は、
ある種の迫力と感動を覚えます。

完全にアウエーの私たち数人の親類は、小さくなってただ数珠を構えていました(笑)


ところで、最近スカートをいっさい穿かない私が、
仏事だけはブラックフォーマルを着てヒールを履きます。
それがなかなかつらいモノなのです。

ましてや、先日の自治会の人と違い、東京まで電車で行ったので、
歩いた距離が長かったです。
脚が痛いこと痛いこと!(T_T)


まぁでも、穏やかで優しかった叔母の法事ですから、
参列者も少ないながら、皆で故人を偲び、良い会になりました。

夫と二人で出席してよかったです。



ん? [パソコン]

また調子が悪いぞ。。。

Wi-Fiのせいなのか、パソコンのせいなのか分かりませんが、
こんなこともネタにできるので良いかなと思ったりして・・・(笑)

いいえ、笑いごとではありません。
本当に困ります。

今のところ、ネットにつなぐときに面倒なことを言ってくるので、
(「ネットにつなぐことが出来ません。このままだったら、
こちらに問い合わせてください」とかなんとか言ってます)
ネット環境がなぜかいけないのでしょうね。

あーもぉ、明日は足立の叔母の法事・・・もう寝るっ!!!( `ー´)ノ~○

黒白ハッキリ!? [仕事]

ブラック企業」という言葉が使われ始めたのはいつごろからでしょう?

勤務体系や、上司との関係性、給料の額等で判断して、
悪い企業を「ブラック」と呼ぶのです。

が、子どもたちは「ブラック企業」と言い過ぎます。


どこの職場でも一長一短ありますよね。
考え方、自分の目指す方向によっても違うと思います。

うちの子どもたちに限らず、周りでよく耳にするこの「ブラック」という言葉には、
子どもたちの世代の、忍耐力の無さや、
自分に都合の悪いモノへの、極端な評価の低さが表れていると思うのです。
(悪いことではないのかも知れませんが、
忍耐力が無いというよりも、忍耐しようとしないというか。。。)

例えば、お給料が多少安くてもやりがいのある仕事はありますし、
残業が続いても、達成感の得られる仕事もあります。

どこぞの広告会社のように、自殺するほど追いつめられるのは論外ですが、
みな少しは我慢して、仕事をするものだと思うのです。

もちろん、好きなことを仕事にして、ストレスが無くて充実していて、
なんの不満もなく、楽しくてしょうがない・・・というのは理想ですが、
なかなかそうもいきません。


不満な部分と、暮らしに必要なお金、どこかで人のためになっているかどうかと、
充実感と、心身の健康を保てるかどうか、
これらをすり合わせて、なんとかうまくやれる隙間を自分でみつけなければいけません。

これからの人たちは、たいへんです。

うちの子たちも25歳と23歳、なんとか独り立ちしてくれないと、
死んでも死に切れません。
いや、まだまだ死にませんが!(笑)




懸賞の検証 [懸賞]

私は、およそ応募券がついていたりしようものなら、必ず応募しようと思います。

メーカー側が懸賞をするのは、応募券欲しさに、いつもなら分散する買い物を、
その応募券の商品に集中させようという陰謀なのですが、
わたくし、まんまとそれにハマります(笑)

そして、せっせとちまちま応募します。
で、大物は当たりません。
小さなモノからコツコツと・・・当たります。

でも、だからやめられません。
「こういうモノが当たったりするんだから、いつか大物も♪」と思います。

これって、私の毛嫌いしている宝くじと、本質は変わりませんよね"(-""-)"
「いつかは、1億円♪」と思い描くからでしょう。


片や、ヤマザキパンの「春のパンまつり」とか「秋のパンまつり」は、
ポイントを集めれば必ずお皿がもらえますので、集めます。
そしてもらいます。
真っ白い丈夫なお皿なので、けっこう日常的に使いますから。

(たぶん、ヤマザキさんは、ものすごい数の「白いお皿」を発注するのでしょう。
相手はフランスのコレール地方です。
かの地では、「日本の奇祭のおかげで村が潤う」と言われているそうです。
奇祭って・・・確かにパン「まつり」ですけどね(笑))


でも、先日親知らずさんの名代でトレジャーファクトリに行きましたら、
何かのおまけや、懸賞商品のカップとかお皿とかがたくさん並んでいました。
ただでもらったのに、売っちゃう人がいるのです。

まぁ、自分が使わないモノを使ってくださる人がいるなら、
物も生きるというものですけどね。

懸賞が当たる確率って、すごく計算が難しいのです。
小さな雑誌の懸賞など、担当者の好みで決められてしまうみたいですし、
以前、それもインチキで、実は誰にもあげていないことが分かりました。

大きな懸賞だと、応募はがきを何十枚から何百枚単位で箱に入れて、
機械で抽選してしまうので、担当者の主観は入れそうにありません。

だから、たくさん応募したからといって、当選に期待するのもどうかと思います。
でも実は期待します。
みじんも当たる確率が無いと思ったら、さすがに応募しないでしょう。
だから、応募するということは、心のどこかで当選を夢見ているからです。

あーだから何を言いたいかと申しますと、
これからも私はちまちまと応募することでしょう(笑)

7地区合同防災訓練詳細2 [地域活動]

防災訓練の続きは、「バケツリレー消火訓練」からです。
たくさんの人が出てきてくれて、2班に分けるほどの盛況ぶりでした。
DSCF1551.jpg

バケツリレーだなんて原始的と思われるかも知れませんが、
1人でせっせと運ぶよりも、リレーする方が効率的ですし、
ボヤ程度なら、水でも消せますから有効なのです。
DSCF1552.jpg
お子さんも頑張っています。

次は「水消火器消火訓練」
DSCF1569.jpg
以前は、消火器の有効期限が切れたモノを放出して訓練していましたが、
会場が学校の校庭で、真っ白い薬剤が一面に散るのは困るということで、
水を詰めた消火器を、消防署に用意していただいてやっています。
DSCF1572.jpg
左側の、ボヤが起きていると想定したミニチュアハウスでは、
中で発炎筒を焚いていますが、発炎筒も数種類の色の煙が出ます。

上のが黄色で、下のがピンク・・・うーん、真っ赤じゃないと臨場感が。。。(笑)


地元の消防団の方々による、「放水訓練見学」
DSCF1584.jpg
災害派遣の自衛官もそうですが、こうして市民の安全を守ってくれると思うと、
制服姿の凛々しさが手伝って、なんか皆さんカッコいいですよね~♪(笑)
DSCF1586.jpg

他には、
「要支援者救出訓練」→災害の現場で助けを必要とする人を、
避難所や病院まで運ぶため、リヤカーや担架、車いすで移動する訓練です。
会場をぐるりと一周して披露します。

非常用トイレ組立訓練」
文字通りですが、これは各地区の自主防災会のメンバーの練習ですね。
一度でもやっておけば、本番の時にもたつかなくて済みます。
実際、初めてやると、簡単な組み立て方法なのに順番を間違えたり、
ネジを閉め忘れたりしますので、有効です。

「炊き出し訓練」
同一同量の材料を配布して、各地区で炊き出しを行います。
豚汁を作り、アルファー米を戻してパック詰めします。
お湯を入れると10分ほどで戻るアルファー米は、
初期の頃はボソボソして食べられない代物でしたが、
最近は美味しく出来上がります。

来賓の消防署長さんにご好評をいだだいて、終了しました。
DSCF1591.jpg
ご参加の皆さん、お疲れさまでした。

「お楽しみ会」に「防災訓練」と、二週間続きのイベントは、やはり疲れます。
特に準備に奔走した役員たちは、私も含めてさすがに疲れました。
公園児さんも、本当にお疲れさまでした~!

7地区合同防災訓練詳細 [地域活動]

青空の下、続々と近隣の自治会の方々が集まって、総勢約600名。
DSCF1512 - コピー.jpg

消防署の方は、あまり乗り気ではないと伺っていた「濡れシーツ消火訓練」
DSCF1514 - コピー.jpg
訓練中の火傷が時々あり、事故防止のためにやりたくないとのことでした。
でも、この訓練、一度やっておけばいざというときに慌てないで済みます。
シーツを持つ手を内側にして、上がっている炎から守りつつ、
落ち着いて、手前からゆっくりあちら側に、濡らしたシーツをかぶせます。
DSCF1517 - コピー.jpg
すると、酸素が欠乏して火が消えます。
すぐにシーツを取ってはいけません。
訓練の時には時間がありませんのでやりませんが、
鍋の周りにシーツを巻くようにして放置します。
これで見事に消火できるのですよ♪

「煙中脱出訓練」
白い箱の中に人がいるでしょう?
DSCF1520 - コピー.jpg
煙に巻かれないように、口をタオル等で抑えて、
体を低くして通り抜けます。

お子さんが喜ぶ、消防署員によります「高所脱出訓練」
火事の時、炎に追い詰められて、
4階の屋上に出た人たち(手を振って助けを求めている)を、
はしご車で救出します。
DSCF1525 - コピー.jpg
はしご車のバケットに乗って助けられる人たちも、各自治会からの希望者です。

DSCF1526 - コピー.jpgDSCF1530 - コピー.jpgDSCF1531 - コピー.jpg
DSCF1532 - コピー.jpgDSCF1533 - コピー.jpgDSCF1534 - コピー.jpg

無事に救出されました♪
DSCF1535 - コピー.jpg
この訓練、一番気を遣うのが屋上からバケットに乗る(乗せる)時だそうです。
実際の救出の時にも、落ちてしまう人がいるそうで、
隊員さんたちの充分な訓練と、救出される人たちの落ち着きが必要です。

私だったら・・・高所恐怖症なので、このはしご車に乗って助けられるのはイヤだなぁ。。。
でも、その場で焼け死ぬのも痛いだろうなぁ。
いざとなったら「火事場の馬鹿力」が出るのでしょうか?(笑)

・・・まだ少し続きます。

キャンペーンは自然消滅 [健康]

3日間ぐらい、「早く寝ようキャンペーン」をしていたのですが、
いつの間にかまた夜更かしの癖が戻っています。

キャンペーンは自然消滅したようです。
それというのも、眠くないのがいけません。

昼食後と夕食後は少し眠くなりますが、それを通り越すと、
深夜は元気になってしまいます(笑)

いくら起きていても、よほど疲れていない限りは「眠い」という感覚はないです。

どっか壊れてる???

これが「夜型人間」というモノなのでしょうね。

睡眠は記憶の整理と、分かってはいますが眠くない。

眠れないワケではないです。
ずっと起きていて「明日の仕事に差し支えるから寝よう」と思い、
(眠くなったのではなく)ベッドに入れば、すぐに眠りにつきます。

眠ってしまえば、起きるのはつらいし、眠っているのは気持ちがいい。
なのに何故、眠らないのかとお思いになるでしょう?

分かりません。。。

まぁとにかく、「早く寝ようキャンペーン」は、何度かやって何度も潰えました。
つまり、何度も禁煙する喫煙者と同じレベルです。
(いや、私は空気汚していませんよ!(笑))
体のために寝なくちゃね。

と、こんな時間にボヤいているまほでした・・・('_')

7地区合同防災訓練 [地域活動]

「7地区合同防災訓練」が無事終了しました。

600人前後の人たちが、真面目に取り組みました。

暑くもないし、寒くもないと、お天気もバッチリでした。
DSCF1560.JPG

詳細はまた明日♪

わーい、mutumin野菜 [お友だち]

来ましたよ、友情便♪

届いた箱をさっそく開梱・・・出てきた出てきた!

箱の一番上にあったのは、菊の花。
今回、増量をお願いしました。
DSCF1500.jpg
「ふかふかで、お布団みたいですね~!」
「そうですねぇ♪」
「眠くなってしまいましたぁ」
お地蔵さまたちの会話が聞こえてきそうです(笑)

大きな赤かぶが見事です。
DSCF1502.jpg

DSCF1501.jpg
故郷の香りがするのでしょう。
青森からのお野菜をバックにすると、お地蔵さまたちが嬉しそうです。
DSCF1503.jpg

立派な白菜も入っていました。
DSCF1505.jpg
お鍋も良いですね~♪

「肉パ」ってなに?

さいたま新都心駅近いけやきひろばで、また楽しそうな催しが♪
DSCF9003 - コピー.JPG

「肉パ」ですって!
楽しそう・・・でも肉パってなに???(笑)

「肉フェス」っていうのもあったから、「肉パ」はお肉のパーティかな!

どうやら正解だったらしく、進んでいくと、たくさんの屋台が並び、
お肉のいい匂いがして、にぎわっていました。
DSCF9002 - コピー.JPG

ステージでは、男の子のユニットが歌って踊っていました。
DSCF8999 - コピー.JPG
(ブレブレで誰なのか分かりません(笑))

とにかく、楽しそうでしたよ。
お近くの方はどうぞ・・・23日までですよ♪