So-net無料ブログ作成
検索選択

ハロウィン [行事]

今日、会社の帰りに、近くの保育園の園児たちがママと歩いていました。
いつもよりも、周辺がざわめいているなと思ったら、
子どもたちがハロウィンのコスプレをして盛り上がっていました。

まぁ、お母さんの趣味でしょうが、チビ悪魔や、兎の着ぐるみ、
ナース(それがメンソレータムの缶にそっくり!)、
お姫様と、いろいろ居て、すっごく可愛かったです。

子どもが可愛く仮装しているのは、良いですね。


今年もまた渋谷の交差点周辺では、
仮装した若者が盛り上がっているそうで、
楽しむのは良いけど、大人として他の人に迷惑をかけたり、
法律法規を無視してはいけませんね♪


さて、カーブスに行くと、コーチ達が仮装していて楽しい。

メンバーも、何かハロウィンに引っかけた仮装とか、持ち物で、
2カーブスドルが貰えます。

私も頑張って・・・というほどでもありませんが、
ちょうど紫色のTシャツがあるので、オレンジ色の折り紙を切って、
ジャック・オ・ランタンを作って貼りました♪

つまり、右側が私で、パンダさんはAコーチ。
DSCF8180.jpg

メンバーのKさんとパンダコーチ。
DSCF8179.jpg

店長のTコーチは女王様。
DSCF8183.jpg

Uコーチは海賊
顔をお見せできないのが残念なほど、美人です。
DSCF8185.jpg

私が行く時間は仕事帰りの人が多いので、あまり扮装している人は居ません。
ちょっと悪魔の耳を付けていたり、オレンジ色の小さな帽子を付けていたり、
でも皆さん工夫して、カーブスの中だけで楽しみ、
また着替えて帰って行くのが、節度があって良いでしょう?(笑)


クリスマスもハロウィンもバレンタインデーも、
元々の欧米のコンセプトとは離れ、日本で独自の発展をしているみたいですが、
それも別に悪いことではありません。

外国の人が日本に来て、甲冑を身につけたり、
「ザゼン」を楽しんだりするのと、さほど変わらないと思います。

文化の違いもなんのその、楽しめば良いのです♪(笑)

えどはく続き(江戸東京博物館) [博物館]

当然と言えば当然ですが、
歴代将軍のご正室は京都出身、生母は江戸出身が多いという事実。
DSCF8106.jpg
何故かと申しますと、ご正室は政略結婚ですから、
しかるべき所(だいたいは天皇家等からなので京都)からお嫁に迎えました。

でも、大奥で見初めた女性に生ませますので、
歴代将軍の生母は江戸から働きに来た人という。。。
ね、当たり前でしょ?(笑)


江戸時代の、庶民のくらし。場内が暗めなので、ボケちゃってます←言い訳
以前は、棟割り長屋の一部に、
指物師(かんざしなどを作る人)の家と、
DSCF8123.jpg
出産風景だけでした。
DSCF8118.jpg

そこに、今回のリニューアルで少し増えました。
長屋が標準の大きさの5軒になり、
そこに寺子屋(学校)と、
DSCF8109.jpg

洗い張り屋(着物をほどいて洗い板に張って乾かす)が出来ました♪
DSCF8117.jpg

長屋にはつきものだった、お稲荷さんと井戸と厠(共同トイレ)
DSCF8120.jpg

風呂桶ではありませんよ、井戸です♪
DSCF8112.jpg

消防の人が使った纏(まとい)
DSCF8122.jpg
この纏、前からあったのですが、臨場感を出すために背景をつけてあります。


この江戸東京博物館は、他の美術館博物館と違い、
特別展よりも常設展が面白いです。

常設展示場が、すごく大きいですしね。

まぁ、そういうわけで、まだあるのです(笑)

江戸東京博物館に戻ります [博物館]

江戸城のジオラマは,何度見ても面白いです。
DSCF8097.jpg
今回のこれは、謁見の間。

床の高さが違うのに、気づかれましたか?

上の写真の右端から順に、お身内、
DSCF8098.jpg
すごく近しい重臣、
DSCF8099.jpg
普通の大名と、
DSCF8100.jpg
座敷に差が付けてあります。

その座敷の高さから、ふすまの絵柄、天井の柄が格の高さを表したそうです。

天井の雰囲気が違うのを表したくて、せいぜいローアングルで撮ったつもりですが、
見えません。。。(T-T)


面白かったのは「松の廊下を歩いてみよう」
DSCF8103.jpg

ご存知、忠臣蔵で有名な赤穂浪士の討ち入りの発端となった、
吉良上野介と浅野内匠頭の刃傷沙汰があった廊下です。
全長50m幅4mの立派な廊下で、松並木の絵が描かれていたため、
「松の廊下」と呼ばれていました。

こんな絵柄だったのですね。
これが、江戸城と同じに50m続いています。
歩いてみましたよ、吉良上野介になった気分で♪


これは女籠(女性用の人力タクシー(笑))
DSCF8107.jpg
・・・内装が立派で、担ぎ棒にも贅沢な細工がしてあります。
でも、乗り心地はさほど良いモノでは無さそうで、
車酔いならぬ籠酔いもあったそうです。

これには乗れませんが、前からの展示で町人籠には確か乗ってみられたような・・・?


こんな風に、まーぼうさんが以前とは変わった展示を教えてくれましたので、
効率よく、新しいモノを観ることができました。

なにしろこの常設展、私は今回で5回目ぐらいです。
面白い展示ですが、目新しいモノも欲しい頃でした♪

まーぼうさんに案内して貰って、良かった。
お休みの日まで、ありがとうございました。


もう少しありますので、明日ね。

株主総会 [仕事]

今日は、うちの会社の株主総会でした。

・・・と書くと、非常にたいへんだった感じがしますが、
小さな会社ですので、小規模です。

でもまぁ、その前後の仕事がたくさんあるので、
なかなか忙しいです。

詳しいことは、去年の記事に集約されていますので、
そちらをご覧いただいた方が早いかも知れません(爆)
手抜き


一大イベントの株主総会が終わったので、後は議事録を作ったり、
行政書士先生に登記の依頼をしたり、もう一息ですっ!

大規模な防災訓練 [地域活動]

会場となった学校のエライ人、消防署のエライ人、
消防団の人たち、区役所の人たち、水道局の人たち、
看護師さんに、体育指導員さんと、
実にいろいろな方々のご協力があって、こんなに立派な防災訓練が出来ました。

もちろん、7地区の自治会長さんや、
自主防災会の会長さん(兼任が多い)や、会員もたくさん協力します。

でも、どんなにエライ人が集まっても、訓練は結局住民1人1人のモノですからね。


そうそう、こちらに時々顔を出してくれる
公園児さんの防災服姿、キマってました♪(笑)
彼は、バケツリレー担当でした。
DSCF9262.jpg
140人もの人たちが参加してくれました。
DSCF9267.jpg
1人で頑張るよりも、たくさんの人が少しずつ協力し合ってお水が運ばれ、
それでボヤが消えたら、消火よりも大きな収穫がありますよね♪

開会式前には、こうして準備運動もご指導いただきました。
DSCF9250.jpg

煙中脱出訓練
DSCF9253.jpg
無害ですが煙が充満したこの建物模型の中に入り、
煙の中でどうやって逃げるのが一番安全か、教えてもらいます。


雑然と置いてあるように見えますが、災害時に使う工具バッテリー等の展示です。
DSCF9255.jpg
それらで組み立てた「簡易トイレ
こちらの学校に設置されたマンホールに合わせて組み立てられます。
DSCF9260.jpg

水消火器による消火訓練。
DSCF9277.jpg
消火器の、どこをどう持って、どんな風に噴射するか?
何メートル離れて、何秒噴射出来るか?
実際にやってみると、意外に出来なかったりするものです。
薬剤を噴射すると後始末がたいへんですから、
消防署の方が水を詰めた消火器を持ってきてくれます。

消防団・・・市井(しせい【普通の市民】)の方々が、
自分の仕事を持ちながら訓練を重ね、いざ火災が発生したら出動してくれる。
その消防団の方々が、放水訓練を披露してくれました。
DSCF9285.jpg
キビキビとして、素敵でしたよ♪

他に、要支援者搬送訓練(写真ありません)
支援が必要な方を、避難場所まで連れて行く訓練です。
各自治会によって、車いす、担架、リヤカーを使い、
住民がけが人やお年寄りのモデルとなり、搬送されていきました。

リヤカーや担架を組み立てる訓練も含めます。


そして炊き出し訓練。
避難所に配給された材料で作るつもりになって、
限られた材料で豚汁を作ります。

つまりは「いつもはもっと油を使うのに」とか「ジャガイモよりも里芋だよね」とか
「ショウガをたくさん入れると美味しいのよ」とかは、この際忘れて、
与えられた豚汁の材料で、各地区100人前作ります。
7地区ありますので、700食も出来上がります!

他には、これも非常用保存食料の「アルファ米の炊き込みご飯」
お湯を入れて30分待つと、ふっくら炊き込みご飯が出来上がります。
数年前までは、薪とお釜でご飯を炊いていましたが、
配給されたお米を、水に浸す時間が無いのでちょっと芯があったりしました。

このアルファ米、昔はマズかったのですが、
だいぶ改良されて、食べていても惨めな気持ちにならない程度には
美味しくなりましたので、お米からご飯を炊くよりずっと良いのです♪

備蓄したモノを、ローリングストックする意味もあります。


そんなこんなで、終わってから使った鍋釜を洗う(これは女性の役員だけ)までで
5時間強・・・すべての訓練は終了しました。


参加された方々も、何か印象に残して下さることを祈って頑張りました。
みなさん、お疲れさまでした~!!!

7地区合同防災訓練 [地域活動]

たいへんな強風の中、行われました「7地区合同防災訓練」
DSCF9242.jpg
準備風景。

書類が飛ぶのはともかく、テントまで飛ぶのではと危惧しつつ、
タイムキーパーの私は、寒くて手がかじかみメモが取れないし、
アナウンス担当の友人は、寒さで舌がもつれました(笑)


それで、強風により危険が予測される訓練は中止になりました。

それは、ハシゴ車による「高所脱出訓練」。
会場となった学校の4階から、取り残された人を救出する、
見ていてもカッコイイ訓練(笑)だったのですが、残念です。

油鍋に火がついたのを濡れシーツで消し止める「濡れシーツ消火訓練」も、
炎が風であおられると危ないので、点火せずに形だけの指導になりました。

他のいろいろな訓練は行われましたが、
「昨日は穏やかな日だったのに、何故今日は『木枯らし1号』!?」
とつくづく思いました。
何しろ、お天気がこうでは、しょうがなかったですけどね。。。

それでも、参加者は632名。
みんな、一所懸命やりました。

寒くてこわばっていたのか、肩こりがすごく、
充実感はありますが疲れたので、もう寝ます。
DSCF9247.jpg

常設展がリニューアルオープン(江戸東京博物館) [博物館]

江戸東京博物館の常設展は、他とは一線を画し、
ジオラマ等を使い、何度か行っても飽きない展示をしています。

そして、今回リニューアルしてさらに面白くなりました。

まーぼうさんは、ココのボランティアガイドをしていまして、
よぉくご存知ですので、案内してもらいました。

今回は特に、変わった部分について開設してくれました♪
DSCF8085.jpg
いつものように日本橋を渡ります。

江戸城のジオラマも有りましたが、
DSCF8086.jpg
今回はこうした液晶画面が5ヶ所(6ヶ所だったかなかぁ???(笑))に設置され、
そこから見える先のポイントの解説をしてくれています。
DSCF8087.jpg


「江戸の変遷」と題されたパネルは、地味な感じですが分かりやすかったです。
DSCF8090.JPGDSCF8091.JPGDSCF8092.JPG
DSCF8093.JPGDSCF8094.JPGDSCF8095.JPG

屏風のようにしてあり、時代順に並べて解説してありました。
DSCF8096.JPG



途中ですが・・・、
明日は600人以上集まる「7地区合同防災訓練」です。
朝早く集合ですので、今日はもう寝ます。
続きはまた~♪

浮世絵から写真へー視覚の文明開化ー(江戸東京博物館) [博物館]

お友だちのまーぼうさんが、チケットを入手してくださいましたので、
久しぶりの展覧会です。
両国の江戸東京博物館にて「浮世絵から写真へー視覚の文明開化ー」
公式サイトはこちら

昔は、綺麗な景色や人は絵に描いて記録として残したモノです。
江戸時代、浮世絵で東海道五十三次や、その中でも富士山などの名所、
花魁や役者も、たくさん描かれました。
浮世絵は版画でしたから、一筆一筆写し取っていた時と比べると、
格段に大量生産出来るようになり、庶民の手にも入りました。

その後、写真が伝来して、そっくりそのまま記録に残るようになりました。

浮世絵と写真を、同じようなアングルから比較してみたり、
時代、時代の有名人の浮世絵や写真の展示、
日本の写真家によって考案された「写真油絵」等、
面白い展示でした。

最後にあったのがこれ!
これだけは写真OKだったので、撮りました♪

おなじみの大相撲優勝者の絵
10.23.jpg
これは写真だと思っていましたが、白黒写真に油絵の具で彩色してあります。
縦3・17メートル、横2・28メートル、重さ約80キロ。
実物の力士の約1・5倍程度の大きさですって。

迫力ありますね。

実写版うなこちゃん

浦和駅は、駅ビルの「アトレ」が完成し、11月25日オープンです。

と同時に、アトレ北口が出来て非常に便利になると思います。
貧弱だった浦和駅に、やっと駅ビルがくっついたのです(笑)


浦和駅の改札前に現れた、実写版(笑)の「浦和うなこちゃん」
うなこちゃん実写版 (2).jpg

普段は、浦和駅西口で乗降客を迎える石像ですから・・・、
DSCF0895.JPG

カラーで、その上動くうなこちゃんは驚異でした(笑)
うなこちゃん実写版 (1).jpg
本物より、ずいぶんスリムです。


24日(土)は「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」が開催されます。
さいたま新都心駅を中心にレースが行われるそうですので、
お近くの方は、応援にいらっしゃってみてはいかがでしょうか?

うなこちゃんも、さいたま市の発展のために協力してくれているのでしょう♪

上山から米沢へ、そして帰路

いとこや伯母と別れて、次は米沢へと向かいました。
DSCF9198.jpg
DSCF9199.jpg

米沢と言えば、米沢牛の産地
DSCF9208.jpg
大きな牛さんのお出迎えでした♪

米沢と言えば上杉謙信
DSCF9200.jpg
米沢市上杉博物館
DSCF9203.jpg
新しい立派な建物でした。
年に一度のイベントが催されていて、
外では、地元の中学生や高校生のブラスバンド演奏など、
いろいろなことをしていて賑やかでした。

お天気も良くて、気持ちが良い日でした。
いや、少々寒かったですが。。。(笑)

DSCF9207.jpg
2泊3日の旅は、終わりを告げようとしていました。
新幹線に乗り込み、一路我が家へ♪
DSCF9210.JPG


心配事もありましたが、親類と会えたし話せたし、
・・・楽しい旅でした。

夫に感謝です♪♪♪