So-net無料ブログ作成
検索選択

シュレーディンガーの鍋

そもそも量子力学の世界で「シュレーディンガーの猫」という言葉があります。

理系の人なら、名前ぐらい聞いたことがあるかも知れません。

・・・でね、説明しようと思ったのですが、本質は難しくて分かりません(笑)


つまりね、猫好きな人には申し訳ありませんが、量子力学の思考実験なのです。
wikiによりますと・・・、
蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れておく。もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。一定時間経過後、果たして猫は生きているか死んでいるか

蓋を開けてみた時、猫が生きているか死んでいるかの可能性が、
完全に五分五分なんだそうです。

開けてみるまで、ぜんぜんわからないの。


さて、そこからが問題なのですが、これを心理学、哲学的にも考察されて・・・、

あー長くなったし、表題が猫ではなく鍋なのはなぜか!?
続きはまた明日書きますね(笑)
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 3

HOTCOOL

聞いたことありますこの話。
オチは忘れたけど・・・
by HOTCOOL (2017-07-26 04:17) 

mutumin

全然わかんない!
by mutumin (2017-07-26 05:56) 

まほ

☆ HOOTCOOLさん
パラドックスを指摘する人や、
ある程度解明した人はいるんですが。。。

☆ mutuminさん
ホント、わかんない!(笑)
そんな実験に猫を使うな!ってだけです。
半々の確率で・・・(T_T)
by まほ (2017-07-27 02:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0