So-net無料ブログ作成

エキスパート [仕事]

娘の足は小さめで21cmぐらい。
就職のためにヒールを探していて、苦労しました。

スーツ用にヒールを履きたいのですが、
あまりにもサイズが小さいと子供靴になってしまいます。
当たり前ですが、子供靴だとヒールはありません。

量販店というか、ホームセンターのようなお店に行ったので、
まったく期待していなかったのですが、
靴売り場のお姉さんに聞いてみました。

こんな小さな足に合うヒールって、ありますか?


そのお姉さんが「シューフィッター」さんだったのです。
「シューコンシェルジュ」と呼んでいるデパートもありますが、
つまりは靴のエキスパート。
靴のことなら、なんでもご存じの方です。


「ちょっとお待ちください」
と、足のサイズを計ってくれて、
「あ、本当に小さめですね。このサイズですと、
ぴったりのサイズのヒールは無いのですが、こうして・・・」
と、ギリギリでサイズの少し大きいヒールを持ってきてくれました。

それからがすごかった。
かかとのところや、足の指の形、厚みや骨の具合までよく見て、
それなりの詰め物をあちこちに収めて、履き方も指導してくれました。

もう、オーダーしかないかと悲観気味だった私たちは、
そのシューフィッターさんに救われたのです。

靴の値段は、何しろホームセンターですから超リーズナブルで、
それに、いろいろな詰め物をしてくれたのを足しても、
確か5,000円程度だったと思います。

オーダーすれば、20,000円はくだりません。
デパートだったら、靴そのものだけでも5,000円では買えません。

おまけに、娘が履いていたスニーカーも見てくれて、
「これも大きいですが、スニーカーの場合は、
ここをしっかり絞めて、ここはきつくしないようにすると歩きやすいんですよ」
と、紐の絞め方も教えてくれました。
そこで買ったモノでもない、履き古したスニーカーをです。

もう2人で感動してしまい、次に靴を買う時には、
スニーカーやどた靴一足でもそのお店で買おうねと誓い合いました。


私はひどい外反母趾ですので、以前デパートの靴売り場で、
シューフィッターにお願いして靴を探してもらったことがあります。

私は新しい靴を履くたびに、靴擦れは必須だと思っていました。
足が疲れるとか、靴擦れが出来ることなど、新しい靴の当たり前のことだと。。。

でも、久しぶりに子どもの卒業式か入学式でヒールを穿かなければと思い、
この際、しっかり合ういい靴を買おうかなと思ったのです。

それなりに、そこのシューフィッターさんも頑張ってくれましたが、
あのホームセンターで、娘に応対してくれたお姉さんほどではありませんでした。

結局、その時買った高~い靴は、一度しか足を通さずしまってありますので、
押して知るべしですね(+_+)


そんな経緯がありますので、尚更あのお店のシューフィッターさんには感動しました。

本当のエキスパートでした♪
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

HOTCOOL

シューフィッターという専門職は池井戸潤の小説で知りました。
アスリート専門だと思っていましたが一般の方もみてくれるんですね。
by HOTCOOL (2017-03-10 04:02) 

mutumin

私も外反母趾なので、合う靴がなかなかありません。
ここで買いたくなりましたよ!
by mutumin (2017-03-10 07:02) 

まほ

☆ HOOTCOOLさん
もちろん、一般の方向けの人もいます。
まだ少ないようですけどね。
アスリートの方は、1秒以下の世界で争うので、
なおさら選び方や合わせ方がたいへんなのでしょうね。

☆ mutuminさん
本当に、観ていても清々しいお仕事ぶりでした。
感謝でした♪

by まほ (2017-03-11 02:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0