So-net無料ブログ作成

しあわせってなんだろう?

私は充分幸せです。

お金はそんなに有りませんから、ブランド物など買えませんし、
贅沢なモノは食べられませんし、旅行もそんなに出来ませんし、
でも、親知らずさんがおっしゃるように、楽しく笑って暮らせます。

うちの中が明るいから(照明のことではありませんよ)、
出かけるのは楽しいですが、家に帰るのも楽しいです。

小市民の暮らしとしては、これがベストなのではないでしょうか?


昨日結婚した友人は、様々な苦労をしてやっと離婚し、
そして昨日、結婚披露パーティをしたのです。

これまでのことを思い出して、幸せそうな彼女の顔を見ているうちに、
私の方がうるうるしていました。

離婚してからの10年間、彼女が育て上げた3人のお子さまたち。
昨日はパーティに出ていませんでしたので、
24歳長男、21歳長女、19歳次女、それぞれがお母さんに手紙を書いて、
それを、私たちPTA以来の知り合い3人が代読するという企画を担当しました。
(普通、新婦の友人たちって「テントウムシのサンバ」なんか歌っちゃうのですが、
それをやるには、我々は年を取り過ぎていましたから(爆))

長男は、短いながらも母の苦労を労い、感謝の気持ちをよく表現し、
もう少し面倒をみてくださいと甘えていました。
長女は、母が結婚を決めたときに、とても幸せそうだったから嬉しかった。
夫になる人も、長女のジョークにつきあって笑う茶目っ気があって良かった。
この企画の後も、披露宴を楽しんでくださいと結んでいて面白いです。
次女は、最初、母の恋人に複雑な感情があったけど、戸惑っていただけでした。
ずっと面倒をみてくれて、ありがとう。
子ども達にしか与えられない(母の)幸せがあるのと同じように、
彼にしか与えられない幸せもあるから、これからは自分たちの幸せを求めて。

それぞれの性格が表れ、そしてどれも心温まるお手紙でした。
読んでいて、涙が出ました。
母である友人も泣いていました。


あんなに苦労して離婚したのに、何故また結婚する気になったのかと思い、
聞いてみたことがありました。
すると彼女は「私は自分がしてあげたことで、人が幸せになるのが自分の幸せ。
何かしてあげたい。自分が人の役に立っていると思うのが充実」と言いました。
私は、そこまで人に尽くしたくはないし、出来たら楽をしたいです(爆)
自分の楽しみを追求する方が楽しいです♪

ふぅん、そこが違うのか。
人の幸せって、本当にその人だけのモノなんだなと思います。
20年つきあっていて、ずいぶんいろいろと話し合っていますが、
その点はどうも、私には分かりません。。。
あ、もう一つありました。
私はスライスオニオンが嫌いですが、彼女はトマトが嫌いです。
ランチサラダには、この二つがかなりの高確率で出てきます。
二人で食事をすると、黙って彼女は私のお皿にトマトを移動、
私は彼女のお皿にスライスオニオンを移動します。
・・・あんなモノが何故好きなのかも、私には分かりません(爆)


DSCF2029 - コピー.JPG
とにかく、お二人でずっと幸せでいてくれたら良いのです~[黒ハート]
nice!(19)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 19

コメント 5

HOTCOOL

幸せかぁ~
なんでしょうね?
こうやってブログ書いて、コメント入れてることかな(笑)
by HOTCOOL (2013-04-22 04:18) 

mutumin

幸せって、自分が感じることなので、みんな違う。。。
自分的には、今の所、主人がめまいしないで、具合悪くなく、私が畑出来て、野菜の成長見ることかな?
子供たちが健康でちゃんと自分の夢に向かっていれば、それで十分幸せです。
by mutumin (2013-04-22 05:31) 

pn

幸せの形は一人ひとり違う物、分かる必要はないよ。

by pn (2013-04-22 06:42) 

親知らず

この新婦さんが、どういうきっかけでまほさんのお友達になったのかも分かり
そうなるとその方の元ダンのイメージも想像が付き、他人事とは思えません。
人が幸せになるのが自分の幸せと思える女性と元ダンは、何故破局に
至ったのか、あー、色々考えちゃいます。
by 親知らず (2013-04-22 08:27) 

まほ

☆ HOTCOOLさん
あー、私もっ!(笑)
今や、生きがいとなっています♪

☆ mutuminさん
そう、それぞれの幸せなんですよね。
誰でも、いろんな悩みや苦しみがありますが、
少しでも幸せを感じられるなら、それで良いのでしょう♪

☆ pnさん
そうですよね・・・本当にそれぞれです♪

☆ 親知らずさん
元ダンが自分勝手だったのですよ。
自分の気持ち次第で、妻や子の気持ちを傷つけ当たり散らして、
お酒を飲めば怒鳴るし・・・本当に、どこかで聞いたような話ですね。。。
何年か一緒に暮らすうちに、妻が、
それから小さな子どもが、気持ちを蝕まれていったのです。
by まほ (2013-04-23 02:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1