So-net無料ブログ作成
検索選択

北のカナリアたち [映画]

夫は熱烈な小百合ストです。
世代的にも、個人的にも、吉永小百合さんのファンです。

そんな夫が是非観たいというので、「北のカナリアたち」を観ました。
DSCF5430.JPG
キャスト、ストーリー等はこちら → ♡♡♡

浦和PARCOの「ユナイテッドシネマ」
DSCF5487.JPG
50歳過ぎた夫婦で行くと、いつでも1人1000円で観られます♪
(夫婦50割)


映画は、図書館司書をしている川島はるさん(吉永小百合)のところに、
二人の刑事がやってくるところから始まります。
分校の先生時代に受け持った生徒の一人が、殺人事件の容疑者になったのす。

場面は20年前に遡って、
とある島に赴任したはる先生が、6人の生徒を受け持つことになります。
彼女は、子どもたちの歌の才能を見いだし、合唱を教えます。
子どもの澄んだ歌声は、自分たちばかりではなく、島の人々の心も和ませます。
DSCF5493.JPG
でも、ある事件が元で、はる先生は島を去ることになってしまいます・・・。


この作品は、吉永小百合さんの新境地だと思います。
考えてみたら、今までの彼女の役は、すべてが清く正しく美しかった。
ネタバレになりますので、詳しくは言えませんが、
「北のカナリアたち」では、様々な事情から、彼女が品行方正ではないのです。

万年寝不足の私は、静かなお話なので眠ってしまうかと思っていましたが、
物語は、20年の昔と今を行ったり来たりしますので、
眠っていると物語が分からなくなります。
というよりも、眠るヒマが無いストーリー展開で、最後まで飽きずに観ました。
飽きるどころか、号泣です。。。

かつての生徒の一人が、殺人事件の容疑者になったことで、
はる先生は、20年ぶりに島を訪れます。
20年経って再会した元生徒たちもまた、心の中に闇をかかえています。
はる先生は、教え子たちと再会し、それぞれの心にわだかまっているモノを溶かして回ります。
そしてやがて、自分の心の奥底にあるモノも溶けていきます。
DSCF5492.JPG

謎が氷解し、登場人物の心が解放されていくプロセスが美しく、
感動し、素直に涙が溢れました。


買ったばかりのパンフレットの表紙に、
夫がコーヒーのシミでも付けたかと思いましたら、カナリアが・・・!(笑)
DSCF5491.JPG DSCF5489.JPG


吉永小百合さんの演技力には驚きました。
20年の年月を往復するストーリー展開の中で、
彼女が出たとたんに、「あ、20年前か」「今の場面ね」と分かるのです。
ヘアスタイルメイクの効果ももちろんあるでしょうが、
表情、動作、台詞回しで、彼女がしっかり演じ分けているからです。

生徒役の6人も、
子ども時代の美しい歌声、子どもらしいやり取りの様子が良かったです。
また、大人になってからの6人のそれぞれの表情・・・、
友情の素晴らしさを、嫌味が無い程度に演じています。

だから、ただの「お涙ちょうだい」ではなく、深い感動を呼ぶ作品になっているのでしょう。
私も号泣しましたし、周りの人たちもハンカチを使っているのが分かりましたが、
横目で見ると、夫も密かに涙を拭いていました(笑)

良い作品でした。
nice!(21)  コメント(11)  トラックバック(1) 

nice! 21

コメント 11

miyoko

図書館司書という設定なのですね..知りませんでした・・
by miyoko (2012-11-06 03:16) 

HOTCOOL

感動ものなんですね。
けど、多分観ない・・・
by HOTCOOL (2012-11-06 03:58) 

パウロ

日本に滞在中に何度も予告編を見ました
サユリさまのオデコから血が出ているのが印象的でした
サユリストとしては彼女が汚れ役をやるとは!
彼女が変なダンナを選んだ時以来のショックです
by パウロ (2012-11-06 05:05) 

mutumin

私もみたいな!と思ってる作品です。
何歳になっても、綺麗で・・・
こんな女性になりたいわ!
by mutumin (2012-11-06 05:10) 

pn

そう言えばいくつになったんだ?吉永小百合さん、変わんないよねー。
by pn (2012-11-06 07:41) 

親知らず

そうですか。観たくなりました。
50歳過ぎの元ダンとは行きたくないので、水曜日にでも行きます。
by 親知らず (2012-11-06 08:24) 

ルシファー

↑私と行きます?
by ルシファー (2012-11-06 20:29) 

まお

小百合さん、撮影中は全く座らないそうですね
声がかかった時にすぐに役になって動けるように
立っているというような話をしてました
ちょっと気になる映画で一つです
by まお (2012-11-06 21:48) 

まほ

☆ miyokoさん
島を追われて先生をやめた後、図書館司書になったという設定です。
そうそう、その図書館の場面に、
さいたま市の「県立浦和図書館」が使われていました。

☆ HOTCOOLさん
好みの問題ですが、小百合ストでは無いのですね?(笑)

☆ パウロさん
生徒の一人に石をぶつけられたのです@おでこ
変なダンナって・・・岡田太郎さん、
よく全国の小百合ストにのろい殺されませんでしたね(笑)
もっとショックなことをお教えしましょう。
小百合さんのキスシーンがありましたよ!

☆ mutuminさん
ええ、美しくて品があって、素敵な女性ですよね。

☆ pnさん
67歳です。
どう見ても、67歳になんか見えません。
劇中、泳ぐシーンがあったのですが、見事なクロールでした。
ずっと水泳を続けていらっしゃるそうですよ。

☆ 親知らずさん
私もご一緒しましょうか?

☆ ルシファーさん
それなら、夫婦役で1000円で観られますね♪

☆ まおさん
素晴らしい女性ですね。
極寒の撮影は、たいへんだったそうですが、
黙ってこなしたのがすごいと、共演者たちも言ってましたね。
是非、ご覧になってください!
by まほ (2012-11-07 01:12) 

ようこせんせい

まほさんの解説・・・で観たくなりました。
機会があったら・・・ではなくて
自分から行動を起こさないといけませんね(^O^)
50歳以上の夫婦ペア割引利用したいけど・・・
旦那様行くかしら?
by ようこせんせい (2012-11-07 16:08) 

まほ

☆ ようこせんせいさん
夫氏は、小百合ストではないのですか?
小百合ストなら「キスシーンあったわよ」と煽ってみたらいかがでしょ?(笑)
夫氏が動かなかったら、水曜日のレディースデーか、
毎月20日の映画の日なら、1000円です♪
是非、行きましょうよ!
by まほ (2012-11-08 01:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: