So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

フック [映画]

映画「フック」は、ピーター・パンのその後のお話です。

それで、その元となるピーター・パンのお話を知らない人のために、
紙芝居(と言っても、大画面に絵を映し出して紙芝居の会の方に読んでもらいました)
をしました。

そして、「フック」が始まりました。


映画会の運営で、周りに目を配りつつでしたので、
一部見逃していますが、とにかく面白い映画でした。
1503418772768.jpg
監督は、あのスティーブン・スピルバーグです。
俳優陣も豪華でしたよ。

ネバーランドで永遠の少年だったはずのピーター・パンは、
人間界の女性に恋をして、ネバーランドから去っていました。

齢(よわい)40歳のお腹の出た中年になったピーターは、ネバーランドのことを忘れています。
子どもたちに小言ばかり言い、
仕事に夢中で、家族との約束も破る人になり果てていました。


永遠の少年だったころ一緒にネバーランドで遊んだウェンディは、
人間だったので普通に年を取り、もうおばあちゃんいなっていました。

まぁ、細かいことは端折りますが、敬遠され気味だった子どもたちでも、
いちおう大切だったらしく、子どもを誘拐されてうろたえます。

誘拐したのがフック(ダスティンホフマン)・・・そう、チクタクワニに腕を取られて、
フックを腕につけた海賊の船長です。

フック船長はまだ、ネバーランドで海賊をやっていました。
この映画の主人公がフックなのは、永遠を永遠でいようとしていたのがフックだからかな?

でもね、20年以上前の映画なのでネタバレしてしまうと、
フック船長も普通に年を取り、海賊の帽子の中は・・・(笑)

とにかく、そのフックは宿敵ピーター・パンを待ち望んでいたみたいなのです。
でも、子どもを誘拐して、
まんまと目の前に引っ張り出したピーター・パンの変わりように驚きます。
お腹の出た中年男・・・飛べない、戦わない、ただの人間です。


さてピーターですが、ウェンディおばあちゃんに、
あんたは、あの有名な物語の中のピーターパンなんだよと言われてもピンと来ません。
「フックと名乗る男に子どもたちを誘拐された!」というだけ。。。

そこにティンカーベル(ジュリア・ロバーツ)が現われて、
強引にネバーランドに連れていかれても、まだ思い出せません。


ネバーランドは、フック率いる海賊たちが占領していて、
時計は一か所に集められ壊されているし、
子どもたちは、島のごく一部でひっそりと暮らしています。

ティンカーベルに連れられ、そこに放り込まれたピーターは、
いろいろなことがあって、だんだんに昔の自分を思い出していきます。

主演のピーター役はロビン・ウィリアムズさんで、名演技でした。
ネバーランドの暮らしを思い出していくにつけ、表情が変わっていくのです。
飛ぶことを思い出したら、なんだか若く見えましたよ♪


最後には、フックと一騎打ちして勝利し、2人の子どもたちを連れて人間界に戻りますが、
ネバーランドでの暮らしから、子どもの(家族の)大切さを思い出して、
少しはまともなお父さんに、夫になるということでめでたしめでたし。


ん?ちょっと矛盾を感じませんか?

永遠の子どもに戻ることが出来たのに、
家族が大切だから、人間界に戻る・・・?

ネバーランドの子どもたちとも、ティンカーベルとも切ない別れを迎えます。

大人になりたくない気持ちと、人を愛して大人になった気持ちと。

いろいろと考えさせられる、心の深いところを突かれる映画でした。
nice!(4)  コメント(1) 

納涼映画会&花火 [地域活動]

開始時間が近づくと、その前哨戦としてPTAの方々の模擬店開始です。
1503222764462.jpg
美味しいモノや、面白いモノがいろいろと売られていました。

鑑賞者が集まってきました。
1503222698091.jpg

今回は、両脇にこんなキャンドルを30個ばかり並べました。
これって、「蚊よけオイル」なんです。
おかげで蚊に刺されなかったですよ♪
1503222710324.jpg
1503222676244.jpg

映画が終わると、花火大会
1503232068487.jpg
小さな花火ではなく、中型・・・かな?
危険なので、鑑賞の皆さんは遠巻きにしてもらいました。

1503222853310.jpg
みんなでこんなのを10個セッティングして、
火花で火が付かないように紙コップをかぶせ、
指令を受けた番号(どの板でも同じ種類)の花火を一斉に点火しました。

1503232040075.jpg
1503232029264.jpg
1503231999446.jpg

これは、男性たちにやってもらいました。
私も鑑賞に専念しました(笑)


ぜーんぶ終わって、みんな楽しそうにお帰りになりました。
私も楽しかったです~♪
っていうか、私も楽しみたくて参加していますから[黒ハート]
nice!(3)  コメント(4) 

納涼映画会 [地域活動]

今日は、地区内の小学校校庭で、納涼映画祭を催しました。

「フック」ピーターパンのその後・・・という設定のお話です。
140分、けっこうおもしろかったです。


それはともかく、映画会の準備は15時頃から始まりました。
8.20.jpg

イベント会社の人たちが、せっせと準備してくれましたが、
私たちは私たちで、サイドの準備もありました。


でも、明日お仕事なので今日はもう寝ます。
nice!(3)  コメント(3) 

土砂降りの雨の中で私は泣きそうでした [天気]

本当に雨が多いですね。

首都圏で18日連続降雨」のニュースを観ましたが、
18日間も毎日雨が降るなんて、本当にたいへんです。

熱中症の原因の一つに、湿度が高いことが挙げられていました。
気温がさほどではなくても、湿度が高いと熱中症になりやすいそうです。

それに、おそうじで使用するモップが重いのです。
湿気のせいで、床をちゃんと滑ってくれないぐらい重いです。



さて今日私は、昼過ぎから出かけていての帰り道、
遠雷を聞きながら歩いていました。

その時は遠いけれど、雷はいつ急に近づくか分かりません。

不安な気持ちを抱きながら歩いていると、ポツポツポツと雨が!

それがあっという間に土砂降りになり、足元から30㎝ほどが白く煙るほどの大雨でした。
風も強く、傘をさしていても雨がまともに顔まで当たります。

履いていたデニムと靴はあっという間にビショビショ。

泣きそうになるほど、雷雨は厳しかったです。。。


堪らず、通り道にあったドラッグストアに飛び込みました。
大きな店舗ですから雨宿りには最適ですが、
冷房の効いた店内で、だんだん足が冷えてきて震えがくるほどでした。

そのまま店内をグルグルと歩き続け、時々外を眺めますがすごい雨は続きました。

30分ほどドラッグストアにお世話になって(笑)外を見ると、
あれほどの激しい雨は過ぎていました。
雷も遠ざかっていました。

やっと家に向かうことが出来ましたが、その時点でびしょ濡れでしたから、
もう、多少の雨なんか平気です(T_T)

思えば2週間ほど前、やはり外出していて土砂降りに遭いました。

18日間降雨が続いているのですから、2週間前もそうだったのですが、
こういう急な土砂降りに外で遭遇してしまうのですから、私って不運(T_T)


明日はちょっとしたイベントがあるので、こんな雨は止めてください!
って、誰に言っているんだか。。。(笑)
nice!(2)  コメント(3) 

夏と言えば思い出す~

今日も好天に恵まれ、盆踊りは盛況のうちに終了しました。

光るうちわを配りきり、神社の境内はあちこちでキラキラ光っていました♪

可愛い兄弟がうちわで楽しんでいるところを、
写真に撮らせてもらいました。

・・・が、暗闇の中で撮影したせいか、
うちわの光が強すぎたせいか、こんな写真に"(-""-)"  ←言い訳(笑)
光るうちわ.JPG

もう8月も中旬を過ぎ、夏休みが終わり近くなってきました。

夏休みと言えば盆踊りと「夏休みの友」です。

「夏休みの友」のやっていない部分を必死に埋めていた自分を思い出します(笑)
夏友(なつとも)ご存じない方もいらっしゃるのでしょうか?

小学校時代、夏休みに配られた、
各教科の問題がいっしょくたに入っている問題集みたいなものです。

中には数枚、絵日記のページもあり、
それで夏休みの宿題がいっぺんに終わるのでした。

数ページやっていなくてもとがめられない、ゆる~い宿題でした。

夏休みと言えば浮かんでくる、懐かしい思い出です。
nice!(4)  コメント(0) 
前の5件 | -